コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(長勺の戦い)

     「それ戦いは勇気なり、

      彼竭(つ)き 我盈(み)つれば克つ」


                         春秋時代

      魯・荘公九年(前685年)秋、斉は小国の魯を乾時(かんじ)に破り、

     盟を交わして軍を退いた。

      ところがその翌年春、斉の桓公は管仲らの反対に拘らず、盟約に

     背いて高傒を将として再び魯に軍を進めた。

      魯の荘公が応戦の準備で大童の時、郷人の曹劌(そうけい)という者が

     王に拝謁を願い出てきた。

      彼の同郷の人は、引き留めて言う、

      「肉食者が対策を立てられるのだから、余計なことはするな」と。

      曹劌は、

      「肉食者は身近のことばかりで、遠大な計画は立てられないものだ」

     と言って出向いた。

        ※ 肉食者とは、高位高官連中のこと。

          当時 肉は高価なもので庶民の食せるものではなかった。

      曹劌は願い叶って、目通りした王に問うた。

      「何を恃みに戦いをなさるのですか。」

      荘公は言う、

      「飽食暖衣を独り占めせず、人民と分け合ってきたぞ。」

      曹劌は、

      「そのような恩恵では、とてもすべての者には行き渡りません。

      民は従いかねます。」

      荘公、

      「神には犠牲や玉帛を十分に供え、且つ誠心誠意 信を以ってお祈り

      して来たぞ。」

      曹劌、

      「そのような信は未だ小さいもので、神は福をもたらせません。」

      荘公、
     
      「これまで争いごとの訴えは、その大と謂わず小と謂わず、たとえ

     真相は究明出来なくても、公平を旨として情理を尽くして裁いてきた

     つもりだがな。」

      曹劌、

      「それなれば、当に真心を尽くしたものと言えます。

      一戦交えて然るべきでしょう。わたしもお伴致しましょう。」

     かくして荘公は、彼を兵車に同乗させ、長勺(魯の支配地内)で

     斉の軍と対峙した。

      頃合いを見て、荘公は進撃の太鼓を打とうとした。

      だが曹劌は、

      「まだ早すぎます」と言って、その打つ手を抑えた。

      そして斉軍が三度太鼓を打った時、

      「今です」、と荘公を促した。

      勢いの尽きかけた太鼓に合わせて魯軍に進撃された斉軍は、総崩れ

     となった。

      荘公は敵軍の乱れに乗じて追撃しようとしたが、曹劌は、

      「ちょっとお待ちください」と言った。

      そして兵車から降りると、敵の兵車の跡を調べてから再び荘公に

     言った。

      「もう、よろしいでしょう」と。

      そこで魯軍は、斉軍を追撃して勝利を確定した。

      戦いの後、荘公は曹劌に戦闘中の采配如何の故を尋ねた。

      曹劌曰く、

      「それ戦いは勇気なり。

      一鼓して気(勇気)を作(な)し、再びして衰え、三度して竭(つ)く。

      彼(敵の勇気)竭き我(味方の勇気)盈つ。故にこれに克つ。

      それ大国は測り難し、伏(兵の)あらんことを懼る。

      我その轍の乱れたるを視、その旗の靡(なび)けるを望み、故に(それら

     の乱れ具合から判断して)これを逐(お)えり」と。

      ※ 鼓鉦:こしょう。

         太鼓と銅鑼のこと。

         軍隊用語で、攻めは太鼓で、退却は銅鑼が合図。

                      「春秋左氏伝 荘公十年」

      ※ 春秋時代、一介の地方の郷士が何の手ずるも無しに君主に

        見えることなど出来るものではないが、春秋左氏伝には付言

        も無いが、何らかの事情があったものと解したい。





      

      

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(管仲、斉の宰相となる)

     「管仲、斉の宰相となる」

                        春秋時代

      魯に抑留されていた管仲は、「管鮑の交わり」の故事で有名な鮑叔牙

     の配慮で斉の桓公を焚き付けて、斉に帰国することが出来た。

      鮑叔牙は管仲との再会を喜び、早速 城中に管仲を帯同し桓公に

     面謁させた。

      拝謁してから管仲がこれまでの君に対する非礼を詫びると、桓公曰く、

      「斉はいま国を富まし、兵を強くせねばならぬ時である。

      この度 お前の大才を用いることが出来て喜ばしく思う」と。

      自分の命を狙ったこともある管仲に恨みの一つも言わず、直ちに

     大夫に任じ、施政の大権を委ねた。

      桓公は幕下に鮑叔牙・高傒(こうけい)たちも交えて、共に政治の

     改革に取り組んだ。

      管仲は桓公と相談の上、各部署の長たる人材を推挙して任じた。

      大行(たいこう。主席外交官)には、礼に明るく賓客の応対に長けた

     隰朋(しゅうほう)を、大理(司法官)には頭脳明晰で財物に潔白な、

     また人情の機微に長けた在野の処士の弦商を、太田(農務官)には、

     荒れ地を開墾して食糧増産に優れた手腕を発揮する在野の処士の

     寧武(ねいぶ)を、大司馬(軍旅の総司令官)には、戦場に赴くこと

     我が家に帰るが如き勇猛果敢な公子・成父を、君主に逆らってでも、

     敢えて強く諌めることの出来る東郭牙を諫官に任用した。

                       「国語・斉語」

      ※ 大行(たいこう)は、本来は「大行人(だいこうじん)」といい、

        周から戦国時代にかけての官名で、外国の賓客の接待を司った。

         漢代 以後は、「大鴻臚(だいこうろ)」という。

        当時の斉には上卿の国氏と高氏がおり、

        管仲が執政になってからも、彼ら両人の地位は不動であり、

        管仲が上位に座るものではなかった。



        

      

      

      

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(斉の後継者争い)

      「臣 謹んで誅を行う」     

      紀元前686年 斉(姜斉)の大夫擁廩(=林)は、15代の公孫無知

     を弑してから大夫連中に告げて曰く、

      「無知は、襄公(14代の姜諸兒)」を弑して自立す。

      臣 謹んで誅を行う。

      ただ大夫ら、さらに公子の当に立つべき者を立てよ。

      ただ命をこれ聴かん」と。

      自らは、懼れ多くも野望の無いことを闡明したのである。

      『小白と糾の後継者争い』  

      大夫擁廩(林)の表明を受けて、斉の重臣は誰を新たに君に

     立てるべきかで紛糾した。

      小白の母は衛の出であって、先代釐公の寵愛を受けていた。

       ※ 釐公は「史記」の記名、春秋左氏伝では「僖公」と記す。

      そして小白は、卿大夫の高傒(こうけい)とは少年の頃から親しかった

     ので、結局 もう一人の卿大夫の国氏もこれに同調し、密かに小白を

     莒(きょ)から呼び戻そうとしていた。

      一方では公子糾の擁護者たる管仲は、魯にいて斉の動向を密使の

     報告で察知していたので、直ちに糾を伴い且つの魯の援軍を帯同して

     魯を出国した。

      また鮑叔牙も同じく斉の動向を察知して、擁護する小白を斉に連れ

     戻そうとしたが、丁度その時 斉の留守を守っていた正卿の高傒から

     密かに連絡があり莒を後にした。

      管仲は糾と小白の後継争いは避けられないと考えていたので、自ら

     は一軍を率いて小白の一行を待ち伏せしていた。

      やがて小白の一行が目に入るや、管仲は小白めがけて矢を射込

     んだ。

      矢は小白の帯鈎(バンドの金具)に当たったが、小白は鮑叔牙の

     指図通りに死んだふりをして見事に管仲を欺いた。

      この管仲の誤まった判断が、後になり糾の命取りとなる。

      死を免れた小白は、鮑叔牙に急かされて、遂に斉の都に先着する

     ことが出来た。

      秋七月 国君となった小白 即ち桓公は、襄公の葬儀を執行した。

      『乾時(かんじ)の戦い』

      八月になると、魯軍は斉に攻め込み、斉の乾時で戦闘を交えた。

      だが魯軍は惨敗を喫し、荘公は自らの兵車を乗り棄て、馬車を

     乗り継ぎ、這う這うの体で国に逃げ帰った。

      荘公の御者と車右は、兵車に王の旗を立てて、斉軍を脇道に誘い

     込んで荘公を逃したのである。

                       「史記 斉太公世家」



      

      

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(楚武王の天禄盡く)

     「盈ちて蕩(うご)くは天の道なり」

                         春秋時代

      》 楚の武王の天禄盡く 《   

       中原諸国では、軍装備としての「戟」は必需の主戦武器であったが、

      荊蛮と言われ半ば蔑視されていた楚では、武王の末年に至りよう

      やく戟を装備するようになった。

       魯・荘公四年(前690年)の春、武王は随を攻伐しようとして、

      初めて師(編成した軍団)に新兵器としての「孑(げつ)」を装備し、

      改めて楚国独自の陣立てをしようとした。

       この孑が、いわゆる「戟」と言われる武器である。

       武王は出陣に際して、今 将に祖廟で潔斎しようとしたところ、

      急ぎ奥の室に入って行き、夫人鄧曼(とうまん)に告げて言った。

       「余が心蕩(うご)(=胸騒ぎする)」と。

       鄧曼嘆じて曰く、

       「王の録 盡きたり。盈(み)ちて蕩(うご)くは天の道なり。

         ※ 禄は天禄の命、すなわち天から授かった命運。

       物事は満ち足りると、次はすっかり無くなるのが天の道というもの

      です。 

       先君其れ之を知れり。故に武事に臨み、当に大命を発せんとして、

      王の心を蕩(うご)かせり。

       (=お亡くなりになられた君などは、この事理をよくご存じだった

        のでしょう。だから戦時に際して、出陣の大命を降そうとなさる時

        に、王様のお心に動揺を来したのです。)

       若し師徒 虧(か)くることなく、王行(こう)に薨(こう)ぜば、

      国の福なり。

       (=仮のこの度の御出陣で将兵を損ずることなく、王様が征戦

        の行途にお亡くなりになるならば、其れは国の幸いというもの

        です。)

       楚王は直ちに出撃したが、樠木(まんぼく。アキニレの木)の下

      で亡くなった。

       令尹(楚の宰相)の闘祁(とうき)と莫敖(ばくごう)の屈重は、

      楚王の死をひた隠しにして、軍用道を切り拓き、溠水に橋を架け、

      陣を構えて堂々と随に向かったので、随は恐れをなして和睦を願い

      出た。

       屈重は楚王の命であると言って随国に入り、随侯と和睦の命を

      交わし、さらに両国の君が漢水の西で会合することを申し合わせて、

      軍を退き揚げた。

       そして漢水を渡ってから、改めて楚王の喪を発した。

                       「春秋左氏伝 荘公九年」

     

       
       
       

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(不疑何卜)

     「不疑何卜」


                        春秋(とうしゅう)時代

      漢語読みで、「ふぎかぼく」。

    「疑わずんば何ぞ卜(ぼく)せん」と訓読。

      不安や疑問がなければ、占う必要はない。

      魯・桓公十一年(前701年)、楚の屈瑕(武王の公子)は貮(じ)・

     軫(しん)の二国と会盟しようとしたが、この時 鄖(うん)は蒲騒に陣を

     構えて敵対し、なおかつ随・絞・州・蓼(りょう)の四国と連合して楚軍を

     攻撃しようとした。

      屈瑕は自軍の保有兵力を心配して、援軍の必要性の有無を大夫の

     闘廉に問うた。

      闘廉は、

      「鄖の軍は、自国の郊外に陣を構えているので油断が生じるは必定、

     また毎日 四国連合の応援軍を待ち望んでいるので、戦意は高くは

     ありません」と言って、援軍の必要性は無しという意見であった。

      さらに屈瑕に己の腹中の戦略を説いて云う、

      「君は郊外に陣して、以って四邑(四国連合軍)を防禦なされよ。

      我は鋭師(精鋭軍)を率いて、宵に鄖軍に攻撃をかけましょう。

      もし鄖師を敗らば、四邑必ず離れん」と。

      だが屈瑕はなおも心配して、

      「之(戦の勝敗)を卜せん」と。

      闘廉 対(こた)えて曰く、

      「卜は以って疑いを決す。

      疑わずんば何ぞ卜せん」と。

      (=占いというものは、心に迷いがある時に決するものです。

       必要とあればこそ、占いは出陣に先立って行うものであり、不安や

       疑いがなければこそ、態勢を整えて出陣しているのだから、どうして

       占いを立てる必要がありましょうか。)

      遂に鄖の軍を蒲騒に破り、予定通りに貮・軫と盟をなして帰還した。

                     「春秋左氏伝 桓公十一年」

       
      

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru

    Author:tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>