コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(韓原の戦い)

       「韓原の戦い」   

      「汎舟の役」

       魯・僖公十三年(前647) 晋では未曾有の大飢饉が発生した。

       晋の恵公(二十代。姫夷吾)は隣国の秦に食料の緊急救援を要請

      した。

       秦では先に晋の領土割譲を反故にされた経緯もあり、この機会に

      晋を討つべしという意見もあった。

       だが穆公(十代)は葵丘の会盟での盟約、即ち「飢饉が生じた際の

      諸国の食糧の融通」という条目もあって、それを順守しようとして、

      “ 其の君はこれ悪あれど、其の民に何の罪あらん ”と言って、

      食料を大量に送った。 

      秦の国都・雍を出発してから,晋の国都・絳まで川面に大船団が延々

     と続いた。

      「粟(ぞく)を晋に輸(いた)す。雍より絳に及ぶまで相 継げり」 

      これを命(な)づけて、汎舟の役という」。  

        ※ 汎:はん。

             水に浮かぶさま。

                       「春秋左氏伝 僖公十三年」

      「韓原の戦い」

      それから二年後(前646年)、今度は秦が大飢饉に見舞われたので、

     秦は晋に緊急の食糧救援を要請した。

      ところが翌年、晋の恵公は秦の弱みに付け込んで、なんと師旅

     を繰り出した。所謂 「韓原の戦い」の勃発である。

      秦の穆公は丕豹(ひひょう)を将に任じて兵を動員し、自らも出陣した。

      魯・僖公十五年(前645年)、韓原の地で合戦の火ぶたが切って落と

     された。

      しかし晋軍は三度敗北を重ねて、自領の韓まで軍を退いた。

      晋の恵公は慶鄭に向かって言う、

      「敵は我が領内に深く侵入した。どうすべきや」と。

      慶鄭は対えて、

      「君自身が招き入れたことです。どうすることが出来ましょうぞ」と。

      恵公は不遜なりとし怒り、改めて車右を務める者を卜させたところ、

     なんと慶鄭吉なりと出たのである。

      だが恵公は慶鄭の言を無視して、歩揚を車御に家僕徒を車右にして、

     小駟という駒を馬車とした。この小駟は鄭が晋に献上したものであった。

      慶鄭が再び言う、

      「昔は戦争という大事には、自国産の馬を用いたものです。

      それはその土地に生まれているので、国の人の気心を読み、普段の

     調教にも慣れ親しみ道を覚えているからです。

      然るに今や他国産の馬で戦場に出られようとしています。

      外見は強そうに見えても、いざという時には、きっと進退ままならない

     でしょう。君 必ずこれを悔いん」と。

      九月 恵公は彼の意見を聞くことなく、短期決戦で挑み、捨て身の

     勝負に出た。

      ところが戦場を駆け巡っているうちに、恵公の車を牽く駟馬が泥濘に

     脚を取られ、身動きが取れなくなった。

      恵公は慶鄭を大声で呼び付けたが、慶鄭は、

      「人の諫言を聞かず、卜の占いにも従わなかった。

      是 もとより敗戦を求めしもの。どうして逃れることが出来ましょうや」

     と言って立ち去った。

      そこで恵公は意を改めて、韓簡に命を伝えさせて、

      慶鄭の為に梁由靡(ゆうび)を御に、車右には虢射(かくせき)を

     付けて、肉薄してくる秦の穆公の手勢に立ち向かわせた。

      秦の穆公は、どうしても恵公を仕留めることが出来ず、手こずって

     いる内に、逆に晋の軍勢に包囲されてしまった。

      だが穆公のこの危機一髪の時に、慶鄭がなんと、

      「恵公を援けよ」と絶叫したので、優勢に包囲していた晋軍の咄嗟

     の対応に齟齬を生じさせることとなり、秦の穆公を取り逃がして

     しまった。

      そして立場再び逆転し、晋の恵公は秦軍に捕らわれて秦に連れ

     去られた。

                        「春秋左氏伝 僖公十五年」

          

      

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(管蔡の乱)

      「管蔡の乱」

                        周王朝

      「管蔡の乱」は、「禄父の乱」 或いは「三監の乱」ともいう。

      武王が崩じた時 後継者たる誦(しょう)はまだ嬰児であった。

      そこで叔父に当たる周公旦が、誦即ち成王を摂政するようになった。

      だがその内 周公旦の兄弟達の中から、三男の管叔と五男の蔡叔

     が流言を天下にまき散らした。

      曰く、「周公、将に成王に利あらざらんとす」と。

        (=周公旦は、成王を廃して自ら王になろうとしている。)

      そして頃は良しとばかりに、自分たちが世話することになっていた

     前王朝の紂王の子・禄父(ろくほ)を担ぎ出して、自らは東方の蛮夷

     の淮夷(わいい)を率いて反乱を起こした。

      周公旦は、王朝の創建に身命を賭して奔走していたので、その事を

     よく知る太公望や召公奭(せき)は、周公が自分が率先してやるしかない

     という決意を認め且つ納得もしていた。

      だが管叔らとは本格的な戦いとなり、当に内乱状態にな陥り、その

     収束までに三年の長きを要した。

      戦後 禄父と管叔を誅殺し、蔡叔は馬車七輛と従者七十人のみを与え

     て、郭鄰に移して幽閉し、霍叔は庶人の身分に落し、三年は王族の待遇

     を受けさせなかった。

      そして殷の祭祀は、殷の王族たる亡命者・微子啓を宋に封じて建国させ

     執り行わせた。

      また降った殷の多くの遺民対策として、新たに封せられた微子啓の宋と

     武王の末弟・康叔の封ぜられた「衛」に、分割移住させて支配させるよう

     にした。

      ところが猶も周の支配に服することを潔しとしない勢力は、定住する

     ことを欲せず各地を経巡り 交易(行商)を行うことを生業(なりわい)と

     するようになった。

                           「史記」魯周公世家

      ※  幽閉された蔡叔の子・蔡仲は、よく徳を積みその言動は慎み

        深かった。そこで周公は、蔡仲を卿士に取り立て、蔡叔が死んだ

        後は 成王に進言して「蔡」に封じて建国させた。

          また、周の支配に服することを潔しとせず、定住しなかった殷の

         遺民の行商は、「商人」という語の起源となる。

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(西伯昌、羑里に幽閉)

      「西伯昌、羑里に幽閉される」

                        殷王朝

       后稷(こうしょく)を祖とする周は、西伯昌の代になって政治の範

      を后稷・公劉(后稷の曽孫)・古公亶父(ここうたんぽ。西伯昌の

      祖父)・季公(西伯昌の父で王季とも)等の先君に求めて、仁政に

      これ努め、老を敬い少を慈しみ、賢者には礼下し日中まで食するに

      暇非ず。以って士を待つという国風を醸し出していた。

       そのような訳もあって、多くの士がその下に帰した。またその名声

      はとみに高まっていた。

       そんな彼の下には、太顛(たいてん)・閎夭(こうよう)・散宜生

      (さんぎせい)・鬻子(いくし)・辛甲大夫らが集まってきた。

       三公でただ一人生き残った西伯昌が、先に処罰された三公で

      あった九侯と鄂侯(がくこう)のことを悲しんで嘆息すると、早速 

      紂王に密告する者がいた。

       西伯昌の人望を嫉む諸侯の一人の崇侯虎(すうこうこ)である。

       「西伯昌は盛んに善を積み徳を重ねており、諸侯が皆之に従おう

      としております。

       これは当に帝にとりて、利とはなりませんぞ」と謗ったのである。

       この中傷があって、西伯昌は直ちに羑里(ゆうり)に幽閉された。

         ※ 羑里は地名であるが、殷代においては「獄舎」の名でも

           あった。

            西伯昌の羑里の幽閉は、史記説では紀元前1068年。

        だが西伯昌の臣下である閎夭、散宜生らが有莘国の美人や、

        驪戎、国の文馬や有熊地方の駿馬三十六頭、その外多くの珍品

        を調達して、朝廷の寵臣・費中を通じて献上した。

           ※ 文馬とは、たて髪は赤く、馬体に縞模様があり、黄金の

             眼をした稀有の馬といわれる。

         紂王は相好を崩して、喜んで言ったものである。

         「この一物(有莘国の美女のこと)にしても、以って西伯昌を

        釈(ゆる)すに足る。況やその多きをや」と。

         即ち西伯昌を赦し、これに弓矢斧鉞などの下賜品に加えて

        夷荻征伐の権まで与えたのである。そしてあろう事に、西伯昌を

        謗ったのは崇侯虎だとも口を滑らした。

         だが西伯昌はそれを聞いても怒るどころか、この機会に洛西

        の地を紂王に献上することを申し出て、其れと引き換えに「炮烙の

        刑」の廃止を請願して、承知させた。

                       「史記」殷本紀



       

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(因声求義)

     「因声求義」

                        清代

      清の初期、古代言語研究を極めるために「小学」という学問が

     生れた。

      古代の経書は難解な文語体で書かれているため、これを読み解く

     ために古代言語研究の手法として「小学」が発達した。

      この小学によれば、漢字は字形が概念を表わすのではなく、音が

     概念を表わすという考え方を取り、同音のものが同義を表わすとなす。

      即ち、「声に因りて義を求む」という原則を唱えた。

      その代表的人物が段玉裁や王念孫であり、小学は考証学の重要な

     拠り所となった。

      この小学を駆使して、経書やそれに関係のある古典籍をこと細かく

     解釈できるようになった。

      ※ 段玉裁は言語学と音韻学に通じ、後漢の許慎の

       「説文解字」の注釈書を著す。

        王念孫は古書や伝書の誤りを正し、管子・墨子・淮南子

       などを読めるように復元した。

     

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(恥かき井戸)

     「恥かき井戸」

                        隋代

      隋に滅ぼされた陳の後主・陳叔宝の、土壇場における君に

     あるまじき見苦しい振る舞いの故事。

      「辱井」ともいう。

      陳の君主・陳叔宝は常に自国が長江という天然の要塞に守られて

     いるとして、何の心配もすることなく遊興淫楽に現を抜かしていた。

      ※ 君主である陳叔宝は陳最後の国主であるので、

        後世の史家は彼を後主と記す。

      その為やがて政治は宦官などの手に委ねられ、賄賂は横行、

     綱紀は紊乱し、最早 収拾のつかない状況に立ち至っていた。

      丁度そのような状況下に、隋は全国統一を目指して陳に大軍を

     発向した。

      隋軍は二手に分けて長江を渡河したが、韓擒虎(きんこ) 率いる

     一隊は夜陰に乗じて国都・建康の外れにある新林から一挙に朱雀門

     に殺到した。

      その戦況の報告に接して、陳叔宝はもはや如何ともし難く、急遽

     景陽にある井戸の中に身を隠した。

      ところが城内捜索中の一隊の兵が、井戸の中の様子を窺うために

     当に岩石を投下しようとした、その時 井戸の中から援けを求める声

     がした。

      そこで隋兵が縄を下ろして引き揚げてみると、何と国主の陳叔宝と

     二人の愛妾とが引き揚げられてきたのである。

      早速 彼らの身は長安へ送られたが、当時の慣習に反して珍しく

     も陳王朝は滅亡したにもかかわらず、隋王朝から比較的良く厚遇

     されることとなった。

      その為 陳叔宝もその余生を全うしたという。

      後世に至り、陳叔宝らの隠れた井戸は「恥かき井戸」と呼ばれる

     ようになった。

                    「十八史略 隋」 
     
      

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru

    Author:tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>