コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(斉の後継者争い)

      「臣 謹んで誅を行う」     

      紀元前686年 斉(姜斉)の大夫擁廩(=林)は、15代の公孫無知

     を弑してから大夫連中に告げて曰く、

      「無知は、襄公(14代の姜諸兒)」を弑して自立す。

      臣 謹んで誅を行う。

      ただ大夫ら、さらに公子の当に立つべき者を立てよ。

      ただ命をこれ聴かん」と。

      自らは、懼れ多くも野望の無いことを闡明したのである。

      『小白と糾の後継者争い』  

      大夫擁廩(林)の表明を受けて、斉の重臣は誰を新たに君に

     立てるべきかで紛糾した。

      小白の母は衛の出であって、先代釐公の寵愛を受けていた。

       ※ 釐公は「史記」の記名、春秋左氏伝では「僖公」と記す。

      そして小白は、卿大夫の高傒(こうけい)とは少年の頃から親しかった

     ので、結局 もう一人の卿大夫の国氏もこれに同調し、密かに小白を

     莒(きょ)から呼び戻そうとしていた。

      一方では公子糾の擁護者たる管仲は、魯にいて斉の動向を密使の

     報告で察知していたので、直ちに糾を伴い且つの魯の援軍を帯同して

     魯を出国した。

      また鮑叔牙も同じく斉の動向を察知して、擁護する小白を斉に連れ

     戻そうとしたが、丁度その時 斉の留守を守っていた正卿の高傒から

     密かに連絡があり莒を後にした。

      管仲は糾と小白の後継争いは避けられないと考えていたので、自ら

     は一軍を率いて小白の一行を待ち伏せしていた。

      やがて小白の一行が目に入るや、管仲は小白めがけて矢を射込

     んだ。

      矢は小白の帯鈎(バンドの金具)に当たったが、小白は鮑叔牙の

     指図通りに死んだふりをして見事に管仲を欺いた。

      この管仲の誤まった判断が、後になり糾の命取りとなる。

      死を免れた小白は、鮑叔牙に急かされて、遂に斉の都に先着する

     ことが出来た。

      秋七月 国君となった小白 即ち桓公は、襄公の葬儀を執行した。

      『乾時(かんじ)の戦い』

      八月になると、魯軍は斉に攻め込み、斉の乾時で戦闘を交えた。

      だが魯軍は惨敗を喫し、荘公は自らの兵車を乗り棄て、馬車を

     乗り継ぎ、這う這うの体で国に逃げ帰った。

      荘公の御者と車右は、兵車に王の旗を立てて、斉軍を脇道に誘い

     込んで荘公を逃したのである。

                       「史記 斉太公世家」



      

      

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(周礼の制定)

     「周礼の制定」

                        周王朝

      周公旦は幼い天子の成王を摂政する任に就いたが、王朝維持の

     為の制度として、「周礼(しゅうらい)」を制定したとされる。

      制度の根本は、封建制と井田(せいでん)制である。

      『封建制』

      武王は一族功臣を各地に封じたが、周公旦はそれを拡充し制度化

     した。

      封建制は王朝の地方統治の制度であり、天子が一族の功臣及び

     殷討伐に敢えて敵対しなかった諸侯らを、新たに九州(全国)を治める

     こととなった領域を分割して封じ(柵封)て建(立)て、それぞれの国を

     治めさせる制度である。

      「封建」なる言葉の由来である。

      周公旦は、彼らをその身分・功績に応じて、公・侯・伯・子・男の

     「五等の爵」を定めて下賜し、朝覲(ちょうきん)制度や貢納、さらに出兵

     義務などを定めた。

        ※ 朝覲とは、諸侯や属国の君が、天子に伺候して拝謁する

          制度。

      『井田制』

       井田制は、土地の均分所有を建前とし、可能な限り正方形の地形

      を九等分して、周辺の八等分を私田とし、中央の一等分を公田とした。

       そして公田分は、私田の八家に協同して耕作・収穫せしめた。

       なお農家の宅地として、公田の二割分の田地面積を八等分して

      各戸に与えた。

       一井(田)は、一里四方の面積で、一私田の面積は百畝であった。

       周の税制では、六十四井を「甸(でん)」といい、この甸から税の一つ

      である「兵賦」として、兵車一台・兵士七十五人を供出させた。

       収穫期には、公田・私田のすべての収穫を均等に分け、概ね民は

      九を得て、国は税として一の割合を徴収した。

       この税は「徹法(てつほう)」といわれ、即ち「十分の一税」が基本で

      あった。

       また耕作地を類別し、連作可能地を不易とし、一年休耕する地を

      一易となし、二年休耕地を再易とした。

       そして不易地は百畝、一易地は二百畝、再易地は三百畝を支給

      する規定を設けた。

       なお古代の五穀とは、黍(もちきび)・稷(うるちきび)・麻・麦・豆

      をいう。

       なお周礼について、一般的には周公旦の制定とされるが、後代の作

      とも言われる。

       ☷ 拾遺・弥縫

          「儀礼」と「礼記」

          周公旦は、周代の冠婚葬祭などの儀式作法などについても

         詳しく定めたが、これを「儀礼(ぎらい)」という。

          周代から遥か後 漢の時代の初期に、儒者は周代より伝わった

         一般的な礼に関する諸々の説を集大成した。

           これを「礼記(らいき)」という。

          この「周礼」・「儀礼」・「礼記」を併せて「三礼

         (さんらい)」といい、それぞれ儒教の「十三経典

         (ぎょうてん)」の一部に数えられる。

         ※ 従来 儒家の経典には「六経」あったが、楽経は早い

           時期に亡び漢代には「五経」となった。

            後漢の時代に論語と孝経が加わり「七経」

           となる。

            なお漢の「五経」のうち、「礼」には三礼、春秋には三伝

           あるので、経に分けると「九経」となり、論語と孝経を併せて

           「十一経」となる。

            更に唐代に「爾雅」が、宋代には「孟子」が加わり

           「十三経」となる。




     

      

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(北京の五十五日)

     「北京の五十五日」

                        清朝

      1898年、二人のドイツ人神父が殺害されたのを契機として、ドイツ

     軍は膠州や青島を占領し、清朝に膠州湾の租借を強要して認め

     させた。

      以後、ロシアは旅順大連を、イギリスは威海衛九龍を、フランスは

     広州湾の租借の権益を認めさせた。

      清末 山東などの民衆は飢饉と重税に喘いでいたが、度重なる列強

     の内政干渉に不満を懐き、遂に大きな反乱を惹き起こした。

      「扶清滅洋」

      彼らの矛先は鉄道や通信などの近代施設の破壊に向けられ、さらに

     清国人のキリスト教徒に憎悪の眼が向けられた。

      そして最後に行き着いたのが、北京の列国大公使館への攻撃である。

      これが義和団の蜂起(乱)である。

      その旗振り役を演じたのが、極端な反洋務運動派の山東鎮撫・毓賢

    (いくけん)であり、烏合之衆の義和団を体よく利用し、「扶清滅洋」を

     唱えてキリスト教徒の殺害を鼓舞した。

      清朝を扶けて西洋列強を滅ぼす、との合言葉である。

      これにはさすがの清朝も放任することも出来ず、毓賢を直ちに解任

     した。

      そして毓賢の後任となった袁世凱は、義和団を厳しく弾圧する策を

     採り、ドイツ軍と共同して自ら率いる新建軍を指揮して鎮圧に当たった。

      光緒二十六年(1900年)六月、山東を追われた義和団 凡そ二十万

     は、河北から北京に怒涛の如く押し寄せた。

      西太后は当初、この事態に甘粛の軍閥を市外に配して、その力を

     併せて利用しようと図り、光緒二十六年(1900年) 西太后はこの

     叛乱を支持して、六月二十一日 欧米列国に宣戦布告。

      目論見は外れ、義和団の独走するところとなった。

      義和団はドイツや日本の駐留外交官を殺害してしまった。

      義和団の蜂起により、駐留外交官の殺害被害を受けた日本を含む

     米英仏独露の諸国は、自国民保護を標榜して連合軍を編制して

     共同出兵した。

      地の利の在った日本は、連合軍諸国に望まれて大軍を急派した。

      宣戦布告後 二か月と経たないうちに暴徒は完全に鎮圧され、

     連合軍は北京及び紫禁城を占領し、珍品財宝などの強奪の限りを

     尽くした。

      その上 清朝は莫大な賠償金を支払わされることになった。

      これが所謂、「北京の五十五日」と謂われる戦いである。

      ※ 清朝の光緒二十七年 当時の清国の人口は推計で

       4億2645万人。

         江戸時代後期の人口は、調査対象に例外が多く、実数は

        詳らかでないが、推定で3000万人前後とされる。

         明治43年(1910年)の人口調査では、

         50、984,840人。

         日本の人口で、初めて1億人を突破したのは昭和45年

        (1970年)の万博開催の年であった。








       

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(戊戌政変)

     「戊戌政変」

                            清朝

      西太后に擁立されて幼くして即位した11代光緒帝(愛新覚羅

     載湉≪さいてん≫)は順調に成長し、光緒十五年(1789年)には、

     西太后の実弟の娘を后とした。

      そして光緒帝の結婚後は、西太后も頤和園(いわえん)移り、

     表向きは光緒帝による親政が始まったと謂われはしたが、その

     政治的実権は依然として頤和園の西太后に在った。

      だが光緒帝は、何時しか性格も明るくて賢明な側室の珍妃を溺愛

     するようになり、彼女もまた清国の近代化を夢見る皇帝を暖かく励ま

     していた。

      光緒帝は日清戦争の敗北により、いよいよ清朝の体制的なものの

     改革なくして清の近代国家への変革は果たせないと、思うまでになって

     いた。

      そのような光緒帝に対して、中国伝統の儒学に通じ且つ西欧の近代

     政治学などの学術を研究していた康有為(ゆうい)は、立憲君主制を

     講ずるうちに、何時しか光緒帝の信任を得るようになり、光緒二十四年

     (1897年)から立案の始まった百日維新といわれる「戊戌(ぼじゅつ)

     の変法」作成の推進者となった。

      だがその余りにも急激な改革方法は反発を招くこととなり、近代化を

     夢見る光緒帝に対して、西太后も何時しか危機感を覚え、保守官僚と

     ともに光緒帝を幽閉してしまった。これを戊戌政変という。

      ※ 失脚した康有為は日本に亡命し、その後 辛亥革命が生じると

       帰国して宗教活動に類することに従事したが、目的を果たすことは

       出来なかった。

        

     

    テーマ : 歴史雑学
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(洋務運動)

     「洋務運動と艦隊の創設」

                            清朝

      遅ればせながら、朝廷内外では有識者が富国強兵を進めるため

     その手段として列強各国と積極的に外交交渉を展開し、西欧先進

     諸国の工業技術やまた事業経営の手法を導入し、また政治的改革

     の断行を図ろうとする運動がおこなわれた。

      このような運動を「洋務運動」という。

      最大の事業は欧米の技術、特に頑強な軍艦と性能の高い武器・弾薬

     の技術導入であり、やがては自力による軍需工場と近代的な軍隊の

     創設を達成しようとする近代化運動でもあった。

      その先駆けは曽国藩であり、左宗棠(そうとう)であった。

      曽国藩が第一線を退いた後は、積極的にその実践をになったのは

     李鴻章などの洋務運動を推進しようとする官僚達であった。

      彼らは、その資金源として王朝の国庫財政ではなく、釐金(りきん)

     と関税に頼った。

        ※ 釐金とは、清朝末期から行われた貨物通過税。

          1853年、太平天国の乱の鎮圧の軍事費に当てるため制定。

          商品価格の「100分の1(1釐)」を課税した。

      「艦隊の創設」

        同治十三年(1874年)の日本による台湾出兵を契機として、清朝

       は改めて海軍を設置することを決定した。

        そのため既存の軍閥水師を強化して福建艦隊と南洋艦隊が創設

       された。

        だがそれらの海軍は、各々の軍閥の人脈で編成・運用されたので、

       指揮運用はバラバラであり、統一的な指揮系統に置かれることは

       無かった。

        北洋軍閥(前身は淮軍)の総帥・李鴻章は、光緒六年(1880年)

       に「北洋艦隊」を創設した。

         李鴻章はドイツ・イギリスから最新鋭の戦艦や大型巡洋艦を

       相次いで購入して配備。当時において東洋最大と謂われる大艦隊

       に育て上げた。

        艦隊の編成は、排水量7000トン級の大型戦艦が2隻に巡洋艦

       10隻を配するという堂々たるものであった。

        ちなみのこの大型戦艦は、旗艦の定遠と鎮遠である。 

        ところが後のインドシナ半島の権益をめぐる清仏戦争(1884年~

      1885年)の際、北洋艦隊は出撃することなく、身勝手に自軍の勢力

      の温存を図るという体たらくであった。

       

        「清末の三傑」

          曽国藩・左宗棠・李鴻章は清末の三傑と称せられる。



          

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru

    Author:tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>