コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(周公 摂政を辞す)

     「周公 楚に逃れる」

                        周王朝

      幼かった成王も、幼少の身で即位してから7年が経った。

      成王も成長したので、自ら政治を執り行なうことが出来るようになった

     ので、周公は政治の大権を返上した。

      そして臣下の席に着き、臣下の礼を以って王に仕えるようになった。

      成王は周公の手を離れて大権を掌握したが、臣下に対しては常々、

     叱咤激励した。

      「功の高きは惟れ志、業の広きは惟れ勤」と。

      (=志を確と立てれば、その功は自ずと高くなる、

        また努力して勤勉であれば、その業は自ずから広くなる

       ものである。) 

      ところが成王が政治を行うようになると、周公について在らぬ事を

     吹き込む者が現れた。

      いつしか成王も、いささか猜疑心を募らせるようになったので、周公は

     楚に逃れる羽目になった。

      周公が去った後の事になるが、或る日 成王は王室の府庫を開扉し

     した。

      府庫の役人を従えて各種の記録などを見聞したが、図らずも周公の

     祭文を見つけた。

      それは成王が未だ幼かった頃、重病に罹ったことがあったが、周公は

     自分の爪を切って之を黄河に沈め、成王の病の回復を河神に祈ったもの

     であった。

      祭文の曰く、

      「王は少(わか)く未だ識る非ず、

      神の命を奸(おか)す者は及ち旦なり」 
    と。

       (=王はまだ幼少の身で分別を備えて居りません。

         神の命に背いたとすれば、すべてはこの旦の責任であります。)

       そしてこの祭文は、武王の時と同じように府庫に納めて、人目に触れ

      ないようにしていたのである。

       果たして成王は、自らの不明を悔い、周公を楚から呼び戻した。

                     「史記」 魯周公世家

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(周公の三笞)

      「周公の三笞」

                        周王朝

      よく子弟を教育することの戒め。

      周公旦の子である伯禽は父の襲封地である「魯国」に、また周公の

     弟である康叔が「衛国」にと、それぞれが着任した後のことである。

      彼らは上京して成王に謁見したが、その席で周公にも会った。

      だが周公旦は、その二人を訳も言わずに鞭打った。

      その後も同じように三度 成王に謁見したが、そのたびに周公は

     二人を鞭打った。

      康叔は、驚いた顔色をして伯禽に言った。

      「商氏という者あり、賢人なり。

      そなたとこれから会いに行こうではないか」、と誘った。

      二人は商君に会って言った。
      
      「我々は先日、成王に謁見して、その席で周公に出会いました。

      その後も 同じようにして三度会って、三度 我々は鞭打たれました。

      その訳は、一体 何でしょうか」と。

      商君は二人に言った。

      「二人で与に南山(泰山)の陽(みなみ。=南)に行ってみなさい。

      【橋】という名の木がありますよ。」

      二人は南山の陽に行って、橋という木を見た。

      それは真に実に仰ぐべき程の高であった。

      二人は帰ってから、商君に其の見たことを報告した。

      商君は言った、「橋は父道なり」と。

      商君はさらに、

      「二人で与に南山の陰(きた。=北)に行ってみなさい。

      【梓(あずさ)】という名の木がありますよ」と。

      二人は南山の北に行って、梓を見た。

      それは真に畏敬の念を生ずること、俯するが如しであった。 

      それは、低く低く下を向いていたのである。

      二人は帰って、商君に報告した。

      商君は言った、「梓は子道なり」と。

      そして二人はその翌日、周公に会おうとするに、門に入っては趨行し、

     堂に昇っては膝まづいた。 

         ※ 趨行とは、貴人の前では小走りに歩む当時の仕来たり。

      周公は二人の頭の塵を払い、労って食事を与えてから尋ねた。

      「何処で君子に会ったのか」と。

      二人は応えて、「商君に会いました」と。

      周公は言った、「君子だな商子は。」

                        「説苑」建本

      ※  周公旦が幼帝・成王の摂政となった際、その子の伯禽は

        父に代わって襲封した魯国に赴いて政事を執り行なっている

        ので、現実にはこの訓話はあり得ないことになる。



    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(社右宗左)

      「社右宗左」

                        殷王朝

       国の神位を建つに、社稷を右にし宗廟を左にす。

        (=国家の神殿を建てるに際して、社稷は右に建て、宗廟は

          左に建てるものである。)

          ※ 社稷とは、土地の神(社)と五穀の神(稷)。

             天子や諸侯は建国の時、国家の守り神として社稷を

            祀った。

       また喪国の社は、これに屋して天陽を受けざるなり。

        (=また滅び去った国の社は、上に屋根をかけて太陽が当たら

          ないようにしなければならなかった。)

                         「礼記」王制 

       ※  「春秋義例」

           凡そ邑(ゆう)は、宗廟・先君の主有るを「都」と曰い、

          無きを「邑」と曰う。

            (=およそ町は、国の宗廟や先君の位牌が安置されている

             所は都といい、其れが無い所は邑という。)

           邑には「築く」と曰い、都には「城く」と曰う。

            (=城壁を築くのに、邑であれば築くといい、都であれば

             城くという。)

                        「春秋左氏伝」荘公二十八年 伝

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(虞芮の争い)

      「虞芮の争い」

                         殷王朝末期

      他を見て我を改めることを云う。

      殷王朝の末期、諸侯国たる「周」の君主である西伯昌は、諸国の人民

     から篤い人望を集めていた。

      時に虞(ぐ)と芮(ぜい)という国が、その田地の所有権を争い、何年

     経っても解決しなかった。

      そこで虞と芮の君は、お互いに解決策を持ちかけた。

      「周の西伯という御仁は、仁人であると聞く。我らその地へ赴き、

     孰れが正しいか質してもらおうではないか」と。

      事は速やかに相決まった。

      そして二人の君が周の国境に入ると、耕す者はお互いに畦道を譲り

     合い、さらにその都に入ると、男女は道を別にし、また白髪交じりの者が

     荷物を提げるということはなかった。

      朝廷の様子は如何にというと、士は大夫の為に譲り、大夫は卿の為に

     譲っているという有り様であった。

      虞と芮の二人の君は言った、

      「ああ、我々は小人だ。これでは君子の朝廷を履むことは出来ない」

      と言って、相携えて朝廷を退き、共々帰国の途に就いた。

      その後、懸案の相争う所の田地をことごとく「閑田」となして、争いを

     自主的に解決した。

                   「孔子家語」・二好生

       所で殷王朝の紂王の暴政は止むことが無く、諸侯は皆争いごとを

      「周」の西伯昌の下に訴え出るようになったが、虞芮の争いの事は

      何時しか諸侯の耳にも達し、

       “西伯昌こそ「受命の君」だ”、と囁き合った。

       西伯昌の死後の諡は「文王」という。

                       「史記」周本紀

       ※ 天の命を受けて、天下に王たるべき者を「受命の君」という。

         天が有徳の人に命を下して、天下を治めさせるという思想であり、

         周の時代に始まる。

          周より以前は、宇宙の支配者である「天帝」の直系の子孫を

         称する者が、天下を治めるという事に正統性が認められた。

       ★  「虞芮の争い」の逸話は、儒家の聖祖と尊崇する西伯昌の徳

         を賛美して、周王朝を正当化する必要から生まれた後代の捏造・

         粉飾されたものだと謂われる。


    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(覆水は定めて収め難し)

      「覆水は定めて収め難し」

                         殷王朝末期

       「覆水盆に還らず」とも。

       水盆から大地にこぼれ落ちた水は、再び元の盆に戻すことは

      出来ない。

       本義は、一度離婚してしまった夫婦は、再び元の鞘に復し難い

      ことの喩え。

       現代では、一度やってしまったことは取り返しがつかないことの喩え。

       殷王朝の末期のことである。

       太公 初め馬氏を娶る。書を読みて産(家産)を事とせず。

       馬氏去るを求む。 

       太公即ち太公望呂尚は、その生涯の長い期間を読書に励み、家業は

      全く顧みなかった。

       そして時には全国の各地を経巡り、時世を待っていた。

       だが妻の馬氏は、遂にそのような夫に愛想をつかして、その下を

      去った。 

       それから幾星霜が経ったが、呂尚は周王朝の顕官となり斉の国に封ぜ

      られた。

       その事を聞きつけた元の妻は、呂尚に復縁を懇願した。

       太公 水一盆をとり地に傾け、婦をして水を収めしむ。唯 其の泥を

      得たり。

       (=呂尚は元の妻の前で水鉢を手にして地に傾け、馬氏に地中に

        こぼれ落ちた水を戻させたが、ただ水を含んだ泥を得ただけで

        あった。)

       太公曰く、

       「若(もし) 能く離れて更に会う、覆水 定めて収め難し」と。

       (=お前はよくも一度離れて行きながら、再び一緒になろうなどと

        言うが、覆水は元に戻せないのだ。)

                 前秦の時代  王嘉の撰「拾遺記」鶡冠子注




       前秦より後の世 前漢の朱買臣は、若い頃は家が貧しくとも

      日夜 学問に励んでいた。

       山に行っては薪を背負いて読書するほどであったが、妻は貧しさの

      故に夫の下を去る決心をした。

       朱買臣は妻を慰留しようとした。

       「私は五十歳になったら、必ず富貴となろう」と。

       それに対して妻は、

       「あなたに従っていたら、遂には餓死してしまうでしょう」と言って、

      去ってしまった。

       それから幾星霜の後、朱買臣は大器晩成型の出世をして、朝廷の

      顕官となり生地である会稽郡の太守にまで出世した。

       ここに於いて彼は元の妻と再会したが、彼女は貧しい生活をしており、

      そこで朱買臣に復縁を求めた。

       朱買臣は何くれとなく彼女の面倒を見ていたが、元の妻の願いには、

       「覆水は再び良く収めず」と言って応じなかった。

       悲観した元の妻は、それから1カ月後 自ら首を括って死んで

      しまった。

                      「故事成語考・注」

       ※  如上の二つの伝説をもとにして、「覆水、盆に還らず」

         の格言が出来たとも言われる。

        

       

       

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru

    Author:tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>