コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(高啓の青邱子の歌)

     「高啓の筆禍事件」

                        明代

      高啓の字は季迪(きてき)という。二十三歳の時から、蘇州郊外で

     青邱子(せいきゅうし)を号す。明初第一の詩人と称せられた。

      生没年は、紀元1336年~1374年。

      青邱子は、洪武二年の元史編纂事業で、太祖(洪武帝・朱元璋)

     のお召を受け編纂事業に携わった。

      その後 その才を認められて戸部右侍郎に抜擢されたが、自らの

     思う所もあって固辞して帰郷した。

      それから後 洪武七年太祖の好色を風刺したため、直ちに獄に

     投ぜられ、国都・南京で腰斬の刑に処せられた。

      
        高啓 「青邱子の歌」

        第一節

          青邱子 臞(や。=痩)せて清し

          本と是れ五雲閣下の仙卿なり

          (=青邱子はすらっと痩せていた。

           本は天上の五彩の雲のたなびく仙宮の役人であった。) 

          何れの年か降謫(こうたく)されて 世間に在り

          人に向かって姓と名を道(い)わず

          (=何時の事だか罪を犯して放逐され、俗世間に身を置いて

           いたが、人には己の姓名を明かさなかった。)

             ☞ 降謫とは、責め降すの意。

          履を躡(ふ。=踏)むも遠游を厭い

          鋤を荷(に。=担)うも躬耕に懶(ものう)し

          (=靴を履いても遠くに旅することを好まず、

           鋤を手にしても、身を屈めての畑仕事はもの憂い。)

             ☞  懶し、とは怠る・もの憂いの意。

           剣あるも鏽渋(しゅうじゅう)するに任せ

           書あるも縦横たるに任す

           (=剣はあっても錆びるに任せ、書物はあっても

            思いのままに散らかっていた。)

           腰を折って五斗米の為にするを肯(がえ)んぜず

           舌を掉(ふる)って七十城を下すを肯んぜず。

           (=わずかな食い扶持の為に上司に諂うようなことは事は

            出来るものではなく、

             舌先三寸で以って敵の城を降すような真似事など出来

            るものではない。)


        ※ 舌先三寸 云々とは、秦朝の滅亡後 漢の劉邦と西楚の

          項羽の覇権争いの最中に、漢に属した韓信の斉攻略軍と

          は別に、劉邦の直命を受けた説客酈食其(れきいき)による

          口先だけの説得による斉の帰順工作をいう。



             

      
          

      

      

    テーマ : 詩経・漢詩・詩賦等
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(正気の歌)

     時 窮まれば節 乃ち見(あら)われ、

        一つ一つ丹青に垂る

                        南宋

      非常の事態ともなれば、精気というエネルギーは人間の「節義」

     という形で現れ、それらは一つ一つが史書に記録されて伝えられる

     ものなのだ。

      
       文天祥 「正気(せいき)の歌」の一節

         天地に正気あり、雑然として流るる形を賦す。

         (=正気とは浩然の気であり、それは尽きることのない精力

          でもある。
     
           それは元々 決まった形を持つものではなく、天地の下に

          雑然と而も流動的に存在し、またいかなる形にも変幻する

          ものである。)

         (しも)は則ち河嶽となり、

         上(かみ)は則ち日星(じつせい)となる。

         (=下へ行けば山川となり、上に昇れば太陽や星となる。)

         人に於いては浩然となり、沛呼として蒼冥に塞(み)つ。

         (=それは人の精神の中では浩然の気となり、

          滔々として人間世界に広がるものである。)

          ☞ 蒼冥とは、世界の意。

         皇路 清く夷(たいら)かなるに当たれば、

         和を含みて明庭に吐く。

         (=人の履み行うべき大道が、清浄で且つ泰平であれば、

          その気は和やかな形となり、明るい朝廷に吐き出される

          ものである。)

         ☞ 皇路とは、大きな道、即ち人の履み行うべき大道をいう。

         時 窮まれば節 乃ち見われ、一つ一つ丹青に垂る。 

         (=ところが非常の事態ともなれば、正気という精力は

          人の節義という形で現れ、それらの一つ一つが史書に

          記録され伝承されることとなる。)

    続きを読む

    テーマ : 詩経・漢詩・詩賦等
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(稲雲 雨降らず)

        
        稲雲 雨降らず多くは黄ならず   

        宋代の楊万里 「憫農」より

         稲雲  雨降らず多くは黄ならず

         (=見渡す限りの田の稲穂は、雨が降らないので、ほとんど

          黄金色に色付かない。)

           ※ 稲雲とは、見渡す限りの稲穂を雲に喩えたもの。

         蕎麦(きょうばく) 空しく花咲きて早(つと)に霜を着く

         (=ソバもようやく花を付けたというのに、もう霜に犯されて

          しまった。)

         已に分(ぶん)とす 飢えを忍んで残歳を度(はか)るを 

         (=飢えを堪え忍んで今年の残りの冬を凌ぐのは、致し方も

          無いことだけれども、)

         更に堪えんや 歳裏 閏(うるう)の長さを添うるに

         (=今年は閏年なので例年より一ケ月多く、耐える辛さに

          更なるものがあると言える。)

         ※ 楊万里は、字は廷秀。号は誠斎。

            高等官僚にして詩人であり学者でもあった。

            詩は江西派に学び、後に一派を成し、「誠斎体」と称せ

           られる。

            南宋の第二代皇帝孝宗の時、侍講に推挙されたが、

           その時の宰相 王淮に 【淳熙薦士録】と云う書で以って、

           朱熹など六十人を登用すべく提言した。






     

    テーマ : 詩経・漢詩・詩賦等
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(思旧の賦)

      向秀 「文選・思旧の賦」

                       三国時代

         嵆康広く技芸を綜(す)べ、糸竹に於いて特に妙なり。

           ※ 綜べるは、通じるの意。

              糸竹は、音楽。

         当に命(めい)に就くべき時に臨み、

              命に就くとは、刑の執行を受けること。

         顧みて日影を視、琴を索(もと)めてこれを弾ず。 

         逝きて将に西に邁(ゆ)かんとし、

         其の旧蘆(きゅうろ)を経たり。

         時に日は虞泉に薄(せま)りて、寒氷凄然(せいぜん)たり。

             凄然は、寒々としている様。

         隣人 笛を吹く者あり、声を発して寥亮(りょうりょう)たり、

             寥亮は、非常に寂しい様。 

         曩昔(のうせき) 遊宴の好みを追想し、音に感じて歎ず。

             曩昔は、かつて との意。

         故に賦を作る。 

    続きを読む

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(君が客游を念えば、)

     「君が客游を念(おも)えば、思い腸(はらわた)を絶つ」

                             三国時代

      それにつけても、旅に出たきり帰らない貴方のことを想えば、

     わたしの心は千々に乱れてしまいます。

    続きを読む

    テーマ : 詩経・漢詩・詩賦等
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru

    Author:tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>