FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(晋・郤克の私怨)

     「郤克、斉に使いする」

                        春秋j時代

      紀元前592年春、晋侯(28代景公)は離反した国々

     (宋・鄭・陳・蔡)を咎めるべく、断道で諸侯会盟を持つために

     郤克を使者として斉に派遣し,斉侯に会盟参加を呼びかけようとした。

      ところが斉の頃公は、朝堂に婦人(母堂の蕭同叔子)を呼んで几帳

     (仕切りの帳)で隠し、引見する際に脚の悪い郤克を見世物にしようと

     した。

      それとは知らない郤克が朝堂の階段を昇る様子に、几帳の内の婦人

     が笑いたてたので、それと察した郤克は激怒し、すぐさまその場を立ち

     去り、自ら誓った。

      “ この辱めに報ゆるを得ずんば、再び河(黄河)を渡らず ”、と。

      即ち今度 来る時を待っておれ、と復讐の念を燃やしたのである。

        ※ 後年 鞍の戦いで、中軍の将となった郤克は、斉と死闘を

         繰り広げることとなる。

      そして自らは一足先に帰ることにし、副使の欒京盧(らんけいろ)に、

      「斉が承知するまでは帰って来るな」と言って斉に留めた。

      そして帰国後、郤克は晋侯に斉の討伐を請うたが赦されなかった。

      ところで斉侯は自分の代理として高固・晏弱・蔡朝・南郭偃を諸侯会盟

     に派遣したが、斂盂(れんう)まで来たとき高固だけは、郤克の復讐を

     恐れて逃げ帰ってしまった。

      即ち、あの人が一度怒れば、事の理非曲直を忘れて事態の収拾が

     つかなくなるだろう、と判断したのである。

      その後 六月の六日、晋・魯・衛・曹・邾(ちゅう)は断道に会して、

     二心ある者を討つ盟約を交わした。

      だが晋は斉の参加を拒絶し、待機していた斉の使者の三名を、晏弱

     は野王に、蔡朝は原に、南郭は温にそれぞれ足止めさせた。

      使いを終えた晋の苗賁皇(びょうふんこう)が野王に立ち寄り晏弱に

     出会ったが、帰国してから晋侯に進言し、晏弱らの見張りを緩めさせた

     ので、彼らは急ぎ逃げ帰った。

      秋七月 晋軍は会盟の地から引き揚げた。

      八月 晋では范武子(士会)が隠居し、子の范文子(士燮)が跡を継ぐ

     ことになった。

      武子は文子に告げて曰く、

      「士燮よ、

      『喜怒に其の所を得たるは少なく、所を得ざる者多し』と吾は聞く。

      詩(詩経 小雅・巧言)にも、

      【君子もし怒れば、事の乱れは速やかに止みなん。

      君子もし祉(よろこ)べば、事の乱れは速やかに止みなん】とあり、

       ※ 祉:字義は神の止まる所、即ち神から授かる喜びの意。

      君子たる者の正しい喜怒は、世の乱れを止めることが出来るが、

     君子たらざる者の下手な怒り方では乱れも止まず、止まなければ

     怒りは一層 酷くなるというものだ。

      さて郤克は、しきりに斉を懲らしてやろうと怒っているのだが、上手く

     いかぬと晋の国内で八つ当たりし、内政の乱れが増しやせぬかと

     心配なのだ。

      この際 儂は隠居するが、お前は郤子(克)に思う存分やらせて、その

     怒りが消えてしまうように持って行くがよい。

      つまり、汝はあの方々に謹んで従っておればよいのだ」と。

      その後 いよいよ郤克(郤献子ともいう)が執政となった。

                      「春秋左氏伝 宣公十七年」


      

      

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(黒牛、白犢を生ず)

     「黒牛、白犢を生ず」

                        戦国時代

      毛色の黒い牛が、白い子牛を産むの意。

      吉が必ずしも吉でなく、凶が必ずしも凶でないことを謂う。

      宋人でよく仁義を行う者がいて、三世も惰らずに来たが家で飼って

     いた黒牛が故無くして白犢(はくとく。白い子牛)を産んだ。

      因って之を孔子に問うと、之は吉祥であるという。

      そこで上帝に献じた。

      ところがその一年後、その宋人は故無くして目が見えなくなった。

      そして黒牛がまた白犢を産んだ。

      その父 再びその子をして、孔子に問わせようとした。

      その子は言った、

      「前に之を問うて明を失う。また何ぞ問わんや」と。

      父が言うには、

      「聖人の言は先に逆らえども後に合う。

      その事未だ究まらず。しばらくまた之を問え」と。

      (=聖人のおっしゃることは前に違っていても、後になると当たる

       ものだ。

        どうなるかは、まだ決まったものではない。もう一度聞いてみよ。)

      その子また孔子に問うに、孔子は、

      「吉祥なり」と教えて、また祀(まつ)らしむ。

      孔子の言を行うこと一年にして、今度はその子が故無くして目が

     見えなくなった。

      この時である、大国の楚が宋を攻めて城を包囲してしまった。

      民 子を易(か)えて而してこれを食い、骸(=骨)を析(さ)きて

     而してこれを炊いた。

      壮丁の者は皆 城壁に上り、戦い続けた。そして戦闘に従った者は

     その大半が死んでしまった。

      だが黒牛を飼っていた親子は、疾あるを以って兵役を免除されていた

     ので死ぬことは無かった。

      さらに楚の包囲が解かれた後、親子の眼疾は共に復したのである。


                       戦国時代の「列子・説符」  

      ☷ 拾遺・弥縫

         前漢の劉安撰「淮南子」にも、

         「塞翁失馬」の喩えで、禍福は一ならずの寓話がある。





                        

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(春秋の五大会戦 そのⅢ)

      邲の戦い そのⅡ


                        春秋時代

      「開戦」

      晋軍の陣営にあっては、和睦の使者として派遣した魏錡らが一晩

     経っても帰陣して来なかったので、もしかして楚軍を刺激して怒らせた

     のではないかと心配して、防護用の兵車を差し向けた。

      ところが魏錡を追っていた楚の将軍・潘党は、晋の兵車の挙げる

     砂塵を見て本陣に急使を派遣し、敵の襲撃有りと通報した。

      「むしろ人に迫るとも、

     人をして迫らしむることなからん」

      (=こちらから攻めても、攻めさせてなならない。)

      楚軍においては令尹の孫叔敖が、荘王が深入りして晋軍に包囲

     されては一大事とばかりに出撃命令を出した。

      むしろ人に迫るとも、人をして迫らしむることなからんと、攻勢を執る

     べく兵を繰り出した楚軍は晋軍に襲い掛かった。

      晋の総帥・荀林父は為す術もなく、慌てて撤退の鉦(かね)と叩き、

     軍中に告げさせた。

      「先に河(黄河を北に)を渡った者には、恩賞を取らせる」と。

      舟中の指、掬すべし

      (=舟の中に切り落とされた人の指が、手で掬(すく)い取れるほども

       あった。)

      撤収と恩賞のお触れに、兵士たちは命がけとなった。

      人より早く河を渡ろうとして、中軍、下軍 舟を争い、

      「舟中の指 掬すべし」、という惨状を呈し、最早 収拾がつかなく

     なってしまった。

      即ち 先に乗船した兵たちが、定員過剰となり舟の転覆を免れる

     ために、後から乗り込んで来ようとする兵の船べりを掴んだ手を、剣で

     斬り落としてしまうという舟中の生き残りの争いが、あちこちの船で

     一斉に起ったのである。

      かくして舟の中には、切断された手の指が両手で掬い取ることが

     出来る程もあったという。

      晋の中軍と下軍は、当に総崩れとなり右に移動した。

      激戦中に、楚の大夫・熊負羈(ゆうふき)は、晋の大夫・荀首の子

     である知罃(ちおう。知武子とも)を生け捕りにした。

      荀首はその一族郎党を率いて、知罃奪還に立ち向かったが、

     ようやく楚の連尹(武器類の管理官)・襄老(夏姫の夫)を射止めて

     その遺骸を兵車に乗せ、さらに楚の公子・穀臣(荘王の子)を射て、

     これも生け捕りにして晋に連れ帰った。

      屈辱の敗戦を蒙った晋ではあったが、和平派であった知将の随会

     (士会)の指揮する上軍のみは無傷で、戦場に踏み止まっていた。

      楚の荘王は属国の「唐」の恵侯を説得して従軍させ、潘党に兵車

     四十乗を授けて唐軍に配属させて左翼軍となした。

      そしてこの左翼軍をして、晋の上軍を追撃させた。

      晋の上軍の副将・郤錡は、徹底抗戦を唱えたが、随会は、

      「楚の師 当に壮(勇壮)なり。

      若し吾に集まらば、わが師必ず尽きん。

      如かず、収めてこれを去らんには。

      (=撤収するに越したことは無い。)

      謗りを分かち民を活かさんこと、また可ならずや」、と決断して」、

      (=非難を受けても、兵士を活かして帰すことの方が大切だ。)

     自らの上軍を殿軍として撤退し、晋軍の全滅を防いだ。

      日が暮れて、楚軍は邲に陣を設営したが、晋の敗残部隊は陣営を

     設営できず、夜中に黄河を渡った。

                       
                       「春秋左氏伝 宣公十二年」


      ☷ 拾遺・弥縫

        邲の戦いの勝利により、楚の荘王は会盟を主催し、斉の桓公、

       晋の文公に続いて春秋の第三代覇者と認められた。

        鄭救援軍の総指揮官である荀林父は、敗戦の責任を取って

       景公に死を賜るよう願った。

        景公がその願いを容れようとすると、士貞子(士渥濁。士会の

       祖父)が反対して次のように進言した。

        「かつて我が文公が城濮の戦いで楚を撃ち破った時、楚王は敗軍

       の将となった子玉の責任を問うて彼を自裁させましたが、晋では戦い

       に勝っても楚の猛将を討ち漏らして憂いておられた文公は、その事を

       知って大喜びされたものです。

        今 楚に敗れた上に総指揮官まで死に追いやったのでは、みすみす

       敵の思う壺となりましょう」と。

        かくして荀林父は処罰を免れた。

                       「史記 晋世家」



        

       



      


      

      

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(春秋五大会戦 そのⅢ)

         邲の戦い そのⅠ

                        春秋(東周)時代

      紀元前597年、鄭を巡り楚・荘王(23代)と晋・景公(26代)が

     邲(ひつ)の地で雌雄を決した。

      1 「会戦の背景と国内事情」

        鄭国は北に晋、南に楚という大国に挟まれ、常に両面外交を

       強いられていた。

        晋が軍事行動を起こせば晋に付き従い、それに対して楚が報復

       すれば楚に付くという反復常無き外交を余儀なくされていた。

        紀元前600年冬、楚が鄭を討った時、晋は郤缺が鄭を救援した

       ので鄭伯もよく戦い楚軍を破った。

        ところが翌年夏、鄭は陳と共に、楚と辰陵において会盟した。

        これに怒った晋は、宋・衛・曹の軍を従えて鄭を討ち、そして和睦

       してから帰還した。

        冬、鄭が晋と和睦したのを怒った楚は、鄭を討った。

        だが晋は士会が鄭を救援して、楚軍を潁河の北に追い払った。

        その後は、諸侯の連合軍が鄭の守備に就いた。

      2 「小国の悲哀」

        楚・荘王十七年(前597年)春、荘王は大いに怒り、態勢を整え

       て兵を動員して、鄭を囲むこと三か月半に及んだ。

        鄭の襄公は、晋に盛んに救援を要請したが、間に合わなかった。

        鄭の大夫・子良は言う、

        「晋も楚も徳を修めずに、大国であることを鼻にかけて武力ばかり

       振り回す。

        だからこちらも、その都度やって来た方に従っておけばよいのだ。

        晋と楚とが、当方の窮余の際に当てにならぬというのであれば、

       こちらも信義を守るにしても、守れないではないか」と。

        そこで、楚に従うことになった。

        楚の荘王も、和睦を赦すことにした。

       「肉袒牽羊」

       鄭伯、肉袒して羊を牽き、以って逆(むか)う。

       (=鄭の君、肌脱ぎして、羊を牽いて楚王を出迎える。)

       そして云う、

       「自らの罪を潔く認め、如何なる処分にも異存はなく、若し祖廟の

      徳に免じて、鄭の祭祀を断つことなく臣下の一員にお加えくださるなら

      誠に幸甚に存じます。

       だがそれも、胸の内を漏らしただけのことで、決してお願いしようなど

      とおおそれた考えはありません」と、陳述した。

       荘王はその言動に胸を打たれ、臣下の一部に反対はあったが、

      自ら指揮を執って全軍をまとめて、三十里下がり宿営し、鄭に対して

      礼を尽くした上で和議を受け入れた。

       鄭は大夫・子良が楚の人質となった。

     3 「晋軍の水師」

       その年の夏六月、晋は鄭を救うため大軍を発動した。

       荀林父を中軍の将、先縠がその佐。士会が上軍の将、郤克が

      その佐。趙朔が下軍の将、欒書(らんしょ)がその佐。

       その他に、趙括と趙嬰斉(えいせい)が中軍大夫、鞏朔(きょうさく)

      と韓穿(かんせん)が上軍大夫、荀首と趙同が下軍大夫、韓厥が

      司馬に、それぞれ任じられた。

       そして全軍は黄河沿岸に到達したが時は既に遅く、鄭は楚と講和

      したとの情報に接し、軍の総帥である荀林父は軍を退き返そうとした。
      
       だが中軍の副将・先縠と司馬・韓厥らの主戦派に押し切られて、

      遂に晋の全軍は黄河を南に渡り、邲の地に布陣した。

       一方では、楚の荘王は北進して、エンの地に布陣した。

      楚では、沈尹(しんいん)が中軍の将、子重が左軍の将、子反が

     右軍の将であった。

      ところが荘王は、晋軍が黄河を渡り終わったという情報を知り、軍を

     引き揚げようとした。

      寵臣の伍参(ごしん)は会戦を望んだが、令尹の孫叔敖は戦いを望ま

     ず、車の向きを南に変えて軍旗を返した。

      伍参はなおも王を説いたので、王は気にして令尹に指示して軍の向きを

     再び北に向けさせ、管の地に留まり晋軍を待った。

      やがて晋軍が敖(ごう)と鄗(こう)の間に進駐するや、荘王は晋軍に

     和議を申し入れ、晋軍では和戦両様があって容易に決しなかった。

      「塁を摩する」

      敵の砦や陣に迫ることをいう。

      また、地位や技量がほぼ同じ程度に達することをいう。

      両軍の使者による何度かの詰めあいで、ようやく晋でも同意する

     ようになり、結盟の日取りも決まった。

      ところが、楚の許伯が御し摂叔が車右を務める落伯の兵車が、晋軍

     に戦いを挑もうとした。

      許伯は言う、
     
      「挑戦する時、御者は兵車の旗を靡かせ、塁を摩す、と聞く」と。

      落伯は言う、

      「挑戦する時、車右は鋭矢を射こみ御に代わって手綱を執る。

      御は車を降りて馬を整え、帯革を締め直して引き揚げる、と吾は

     聞く」と。

      摂叔は言う、

      「挑戦する時、車右は敵陣に飛び込み、殺した敵の耳を切り取り、

     捕虜を一人牽き連れて引き揚げる、と吾は聞く」と。

      果たしてこの三人、それぞれの事を遣ってのけ、引き返そうとすると、

     晋の追跡にあった。

      左右から迫りくる敵に、楽伯は左の方の馬を射、右の方は人を射て

     喰い止めた。だが今はもう矢は一本しか残っていなかった。

      そこへ大鹿が躍り出たので、楽伯はその背中を正確に射抜いた。

      そこへ晋の鮑癸の兵車が背後に迫って来た。

      楽伯は摂叔に命じて、鮑癸に大鹿を献じさせた。

      鮑癸曰く、

      「車左(楽伯)の弓のお手前は見事、車右(摂叔)の文辞もお見事。

     皆 君子なり」と。

      かくして、三人ともども脱出することが出来た。

                        「春秋左氏伝 宣公十二年」

    4 「晋軍の内部破綻」

       晋軍の副将でありながら、韓琦(魏犨の第3子)と趙旃(ちょうせん。

     趙穿の子)という二人の不心得者がいた。

      彼らは晋では己の望む高い地位(卿大夫)が得られなかったことを

     恨み、憂さ晴らしに晋軍を敗北に導こうと画策した。

      二人は講和の使者を買って出て、楚の陣営に着くと、逆に開戦を通告

     したのである。

      そしてその夜、趙旃は楚の陣営に近づき、部下の兵を突入させた。

      ここにおいて開戦の火蓋が切って落とされた。

     

      



       
        
       

        

        
        
          

      

    テーマ : 戦記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(楚の名臣 孫叔敖)

     「狐丘の戒め」

                        春秋時代

      他人に怨まれないようにせよ、との戒めである。

      春秋の昔、楚の21代成王(熊惲)と23代荘王(熊侶)に仕えた

     智謀の大夫がいた。その名を孫叔敖(しゅくごう)と云う。

      姓と氏は、それぞれ羋(び)、蔿(い)。

      通称は孫叔敖と云うが、蔿艾猟(いがいりょう)ともいう。

      その曾祖父は、楚の第17代君主・蚡冒(ふんぼう)である。

      ある時 楚の狐丘という邑(ゆう。町のこと)の丈人(老人のこと)が、

     若き孫叔敖に語った。

      「人には三つの怨みがありますが、あなた様はそれをご存知ですか。

      爵位が高い者は、人民が之を嫉みます。

      官職が大きい者は、主君が之を憎みます。

      俸禄が厚い者は、人の怨みもそれだけ多くなります」と。

      孫叔敖は言った、

      「私の爵位が高くなればなるほど、私の志は益々へりくだります。

      私の官職が大きくなればなるほど、私の心は益々小さくなります。

      また俸禄が厚くなればなるほど、施しは益々博(ひろ)くなります。

      このようなれば、三つの怨みも免れることが出来ようか」と。



         

     

      

     
      

      

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(叔向伝)

     「其の罪 一なり」

                        春秋時代(東周)

      時に、晋の執政は韓宣子(韓起)であった。

      夏姫と巫臣の間の子か否かは不明であるが、春秋左氏伝では言う

     巫臣の子・邢侯が、同じく楚からの亡命貴族の雍子土地争いをして

     裁判沙汰となった。

      たまたま雍子の娘を夫人にしていた叔魚(羊舌鮒といい、古の遺直

     と謂われる叔向の弟)が訴訟を裁くことになった。

      ところがこの叔魚は兄の賢人・叔向(しゅくきょう)に似ず、利に聡い

     全くの俗物であり、当然に義父・雍子の味方をし、邢侯に罪ありと裁断

     した。

      もともと罪は雍子にありと言われていたので、邢侯は怒って雍子と

     叔魚を朝廷で殺してしまった。

      時に執政の韓宣子(韓起)は、其の罪を叔向に問うた。

      叔向曰く、

      「三人罪を同じくす。生に施し、死を戮して可なり。

       (=三人は同罪です。生きている者には刑罰を、既に死んだ者

        には誅戮を施してもよい。)

       雍子は自ら其の罪を知りて、賂を以って直(勝訴による無罪)を買い、

      叔魚や獄を鬻≪(ひさ)≫ぎ(賂によって公正たるべき裁きを曲げ)、

      邢侯は殺を専らにす。

       其の罪一なり。

       (=三人の犯した罪は皆同じである。)

       己の悪を隠して人の美(無罪)を掠め取るのは昏(暗愚)、貪欲の

      ために官職を涜(けが)すは墨(汚れ)、人を殺して情けなき者は賊

      (人殺し)。

       それらの罪は、夏書にも曰く、

       「昏・墨・賊は殺す」と。皐陶(こうよう)の刑なり、と。

       請う、之に従わん、と。

       則ち、邢侯は処刑され、雍子と叔魚の屍は市(市場)で曝された。

       仲尼(孔子)曰く、

       叔向は古の遺直なり。

       (=叔向は古の遺風を守る正直者である。)

       国を治め刑を制して、親(親族)に隠(まげ。=曲)ず。

       三度 叔魚の悪を数えて、末減(軽減)を為さず。

       曰く、

       「義なるかな。直と謂う可し」

                        「春秋左氏伝 昭公十四年」



      

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(呉・楚の戦い)

    「申包胥立つ」

                     春秋時代

     楚の昭王(30代)は、戦いに敗れて隋の国に逃れた。

     その時 申包胥は、昭王の使いとして秦に行き援軍を請うた。

     申包胥は昭王の言葉として、秦の哀公(14代)に伝えた。

     「呉は貪欲にして厭くことなき野蛮な国です。

     若しも我が楚国が滅ぼされて、貴国が呉と国境を接するように

    なったら、それこそ貴国の大いなる憂患となりましょう。

     呉が未だ楚を平定し終わらぬうちに、貴国から兵を出して分け前を

    お取りになってください。

     若し我が国が滅ぼされた時には、その分は貴国の地となり、またもし

    貴国のお力で幸運が得られるならば、我が楚国は子々孫々まで貴国に

    お仕え致しましょう」と。

     だが秦の哀公は、臣下を通じて、

     お使いの趣きは承りました。しばらくは館でお休みください。

     詮議の上 後ほど返事いたします」と、婉曲に断らせようとした。

     すると申包胥は、

     「我が君は国を離れて流浪しております。満足な休む場所さえない

    ことでしょう。

     臣下の私が、なんぞ休んでなどいられましょうや」と言って、

     朝廷の塀に縋り付き、夜も昼も声を挙げて泣き続けた。

     彼は飲まず食わずで七日間 ずっと泣き通したのである。

     哀公も流石に、彼の国と君を思う忠誠心に胸を打たれて、「無衣」

    の詩を歌った。

      無衣(ぶい)の詩   「詩経 秦風」

       豈に衣無しと曰(い)わんや、子(なんじ)と袍を同じくせん

       (=君に衣が無いわけではないが、君と同じ綿入りの服を着よう。)

       王ここに師を興さば、わが戈矛を修め、子と仇を同じくせん。

       (=いざ王が兵を動員する時 武器を手入れし、君と同じ敵に

         立ち向かおう。)

       豈に衣無しと曰わんや、子と沢(肌着)を同じくせん。

       王ここに師を興さば、我が矛戟を修め、子とともに

      作(た。=立ち上がる)たん。

       豈に衣無しと曰わんや、子と裳(しょう。戦闘服)を同じくせん。

       王ここに師を興さば、我が甲兵を修め、子と偕(とも)に行かん。

      「無衣の詩」を聞いて、申包胥は頓首の礼を九回繰り返し、ようやく

     席に戻った。

      かくして秦軍は、楚の救援に立ち上がった。

                「春秋左氏伝 定公五年」



       
          


     

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru

    Author:tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>