コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(天下を治むるは貪を懲らし、)

      天下を治むるは貪たんを懲らし、

        廉れんを薦むるを以って要となす。


                    清

       政治の要諦は、先ず汚職を封じ貪官(たんかん)を断罪し、清廉

      を奨めて清賢の官を進めることが肝要である。

       清朝の黄金期を創出し、その晩節を全うした稀有の皇帝である

      康熙帝の言葉。 

       二十四歳で崩じた順治帝の後を受けて、順治帝の三男で八歳の

      玄燁(げんよう)が、清王朝の第4代康熙帝(愛新覚羅玄燁)として

      即位したが、康煕六年(1667年)、十五歳になると親政を開始した。

       だが、輔弼のオーバイの力に衰えはいささかも見られなかった。

       親政を始めてから二年、康熙帝は皇太后と叔父ソエトの支援の下、

      少年によるモンゴル相撲にことよせて、政治には無関心の風を装い

      その場にオーバイを招き寄せた。

       オーバイが、少年のことと油断していたそのすきを窺い少年らに

      捕縛させ、後には終身刑に処した。

       ここに於いて、康熙帝の実質的親政が始まった。

       おもな功績は、三藩の乱の平定、台湾の討伐、ロシアとの国境

      の策定。

       また学術を奨励し、清王朝の黄金期の基礎を確立した。

       ※ オーバイ(オボイとも)は、太祖ヌルハチの腹心として活躍した

        武人で、順治帝の遺詔により康熙帝の補佐役としてスクサハ・

        エビルン・ソニンと共に任ぜられた。

         彼等は日ならずして権力争いをしてオーバイが専権を確立した。

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    清朝繁栄の背景

    >政治の要諦は、先ず汚職を封じ貪官(たんかん)を断罪し、清廉  を奨めて清賢の官を進めることが肝要である。

    〇なるほど
     清朝繁栄の背景には、この言葉がありましたか。
     確かに、歴代の中国王朝の権力者は汚職まみれでしたね。
     
     興味深い記事、暇を見て、他の記事も読ませていただきます。
     草々
    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru

    Author:tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>