コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(回族の大叛乱)

     「回族の大叛乱」

                           清朝

      清王朝の屋台骨を揺さぶった太平天国の乱の勢いが漸く下火に

     なった頃、西方の雲南地方で回族の大規模叛乱が生じた。

      朝廷は鎮圧に努めるがその実効は上がらなかった。

      そこで、太平天国の乱で鎮圧の将・曽国藩の片腕として活躍した

     左宗棠(さそうとう)に鎮圧軍指揮の命が下った。

      左宗棠は咸豊十年(1860年)に曽国藩の推挙により、湘軍を

     率いて太平天国軍の残党を制圧する功を挙げたが、その後 

     フランスの協力を得て福州に造船所を造り、水師(海軍)を創設した

     が、これが後の福建水師となる。更に曽国藩に倣い漢人義勇兵の

     「楚軍」を編成していた。

      陝甘総督(陝西・甘粛に司令官)となった左宗棠は、義勇兵・楚軍を

     率いて戦った。

      非常な苦労の後、同治五年(1866年)、ついに叛乱の平定に成功し

     たかに見えたが、幾ばくも無く回族(西トルキスタン系ウイグル族)の

     ヤクブ・ベクが新彊において自立してしまった。

      その背後にはイギリスやロシアの蠢動が見え隠れしていたので、朝廷

     内部では新彊放棄論が持ち上がった。

      時の朝廷内部では、目下の国家の急務として李鴻章の「海防論」と

     左宗棠の「塞防論」が論議されていた。

      海防論は海軍増強策を、塞防論は辺境回復策を論じたものである。

      この問題で、左宗棠は強硬に武力奪還を主張し、結局 彼の意見が

     容れられ、左宗棠は新彊叛乱軍鎮圧の総司令官兼欽差大臣に任ぜ

     られた。

      彼は用意周到な作戦計画を立てる一方、新彊住民に対する政治的

     配慮と慰撫工作の両面作戦を展開し、急ぐことなく時間をかけて取り

     組み、遂に新彊の回復に成功した。時に 同治十三年(1873年)五月

     のことである。

      「左宗棠 独断専行す」

      新彊を回復するという国家の名目は立ったがこの時、イリ地方には

     帝政ロシアの軍隊が進駐していた。

      左宗棠はその奪還を目論んだ。

      疲弊した清朝内部では、ロシアを相手にして、下手をすると国際紛争

     に発展することを懼れ、左宗棠を抑えて外交交渉により返還を図ろう

     とした。

      ところが交渉は難航し埒があかないのを見て、左宗棠は自ら率いる

     楚軍をハミに駐屯させてロシアに睨みを利かせ、朝廷の外交交渉を

     強力に支援した。

      その結果、遂に領土拡大に奔走するロシアから譲歩を勝ち取り、

     イリの返還が実現したのである。

      左宗棠なかりせば、現在の中国の新疆はおろか、周辺の少数民族

     居住地も失陥していただろう、と言われるほどの大功績を挙げた。

      「左宗棠の人物評」

      廉にして貧を言わず、謹にして労を言わず。

      人格は清廉にして貧しい境遇にあっても不平不満を言わないし、謹厳

     にして自らの苦労を面に出さない。

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    左宗棠なかりせば

    >左宗棠なかりせば、現在の中国の新疆はおろか、周辺の少数民族
     居住地も失陥していただろう、と言われるほどの大功績を挙げた。
      「左宗棠の人物評」
      廉にして貧を言わず、謹にして労を言わず。
      人格は清廉にして貧しい境遇にあっても不平不満を言わないし、謹厳 にして自らの苦労を面に出さない。

    〇左宗棠という人、初めて知りました。すごい人ですね。
     そして、現在の中国の西側国境の様子と歴史的経過も分かりました。
    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru

    Author:tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>