コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(北京の五十五日)

     「北京の五十五日」

                        清朝

      1898年、二人のドイツ人神父が殺害されたのを契機として、ドイツ

     軍は膠州や青島を占領し、清朝に膠州湾の租借を強要して認め

     させた。

      以後、ロシアは旅順大連を、イギリスは威海衛九龍を、フランスは

     広州湾の租借の権益を認めさせた。

      清末 山東などの民衆は飢饉と重税に喘いでいたが、度重なる列強

     の内政干渉に不満を懐き、遂に大きな反乱を惹き起こした。

      「扶清滅洋」

      彼らの矛先は鉄道や通信などの近代施設の破壊に向けられ、さらに

     清国人のキリスト教徒に憎悪の眼が向けられた。

      そして最後に行き着いたのが、北京の列国大公使館への攻撃である。

      これが義和団の蜂起(乱)である。

      その旗振り役を演じたのが、極端な反洋務運動派の山東鎮撫・毓賢

    (いくけん)であり、烏合之衆の義和団を体よく利用し、「扶清滅洋」を

     唱えてキリスト教徒の殺害を鼓舞した。

      清朝を扶けて西洋列強を滅ぼす、との合言葉である。

      これにはさすがの清朝も放任することも出来ず、毓賢を直ちに解任

     した。

      そして毓賢の後任となった袁世凱は、義和団を厳しく弾圧する策を

     採り、ドイツ軍と共同して自ら率いる新建軍を指揮して鎮圧に当たった。

      光緒二十六年(1900年)六月、山東を追われた義和団 凡そ二十万

     は、河北から北京に怒涛の如く押し寄せた。

      西太后は当初、この事態に甘粛の軍閥を市外に配して、その力を

     併せて利用しようと図り、光緒二十六年(1900年) 西太后はこの

     叛乱を支持して、六月二十一日 欧米列国に宣戦布告。

      目論見は外れ、義和団の独走するところとなった。

      義和団はドイツや日本の駐留外交官を殺害してしまった。

      義和団の蜂起により、駐留外交官の殺害被害を受けた日本を含む

     米英仏独露の諸国は、自国民保護を標榜して連合軍を編制して

     共同出兵した。

      地の利の在った日本は、連合軍諸国に望まれて大軍を急派した。

      宣戦布告後 二か月と経たないうちに暴徒は完全に鎮圧され、

     連合軍は北京及び紫禁城を占領し、珍品財宝などの強奪の限りを

     尽くした。

      その上 清朝は莫大な賠償金を支払わされることになった。

      これが所謂、「北京の五十五日」と謂われる戦いである。

      ※ 清朝の光緒二十七年 当時の清国の人口は推計で

       4億2645万人。

         江戸時代後期の人口は、調査対象に例外が多く、実数は

        詳らかでないが、推定で3000万人前後とされる。

         明治43年(1910年)の人口調査では、

         50、984,840人。

         日本の人口で、初めて1億人を突破したのは昭和45年

        (1970年)の万博開催の年であった。








       

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    北京の五十五日

    >その上 清朝は莫大な賠償金を支払わされることになった。
      これが所謂、「北京の五十五日」と謂われる戦いである。

    〇興味深い記事でした
     そして、分かりやすく、たいへん参考になります。
     激動の1900年というのでしょうか。
     私の居たマダガスカルに鉄道建設作業員として2000人の中国人労働者が来たのもこのころのようです。
     草々
    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru

    Author:tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>