コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(殷の湯王、祷りの自己問責)

      「湯王の祷りの自己問責」


      湯王の治世年間において、国内で七年間も続くという大旱魃があった。

      湯王は時の太史(天文官)に占わせたところ、

      「将に人を以って祷るべし」、との占いが出た。 

      だが湯王が占わせたのは、困窮する人民の為にしたことであり、

      「若し人の犠牲が必要ならば、我が身を当てん」と言って、

      遂に斎戒沐浴に入り、白装束に身をまとい、その身を犠牲として

     桑林の野に祷った。

      湯王はその祈りの最中、自問自責した。

      一  政、節非ざるか。
     
           (政事の節度の具合や如何)   

      二  民、職を失えるか。

           (民がその農作業を出来るのかどうか) 

      三  宮室、崇(たか)きか。

           (宮殿が華美や否や)

      四  女謁(じょえつ)、盛んなるや。

           (後宮の女たちが天子の寵愛を恃み、何かと請い求めるような

            ことが頻りに行われてはいないか)

      五  苞苴(ほうしょ)、行わるるか。

           (賄賂が行われてはいないか)

            ※ 苞苴の「苞」は、物を贈る時に藁で包むことであり、

              「苴」は下に敷くことをいう。

               苞苴で、贈り物の意となり、転じて賄賂となる。

      六  讒夫(ざんぷ)、昌(さか)んなるや。

           (讒言する者が幅を利かせてはいないか)


      果たして、この湯王の祷りが未だ終わらない内に、激しく雨が降り始め、

     数千里四方の地を潤した。

                             「十八史略 殷」

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru

    Author:tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>