FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(黄泉で母に見える)

     「地を穿(うが)って母に見ゆ」

                        春秋時代

      春秋の昔、鄭の武公と姜夫人(武姜)の間には二人の公子がいた。

      兄の寤生(ごせい)が太子となったが、武姜は寤生を生む時 難産

     (逆子)であったので、宗教的理由から彼を忌避し、次子の段を大子に

     しようと画策したことがあったが失敗した。

      武公の没後、太子の寤生が即位した。これが荘公である。

      荘公の即位後、母の武姜は荘公に対して、制の邑を弟の段に与える

     よう強要した。

      だが荘公は、制は国の要となる要害堅固の邑であると言って断り、

     その代りに京城の邑を与えることにした。

      その内 段は京城の城郭に着々と大改修を施し、兄の荘公に対抗し

     ようと謀った。

      また物資を集め、武器の手入れをして戦端の準備を整え、あまつさえ

     国都にいる母親と謀略を示し合わせた。

      事ここに至り、荘公は 紀元前722年(魯・隠公元年)夏五月、公子呂

     に兵車二百乗を授けて京城を急襲させた。

      また京城の人民は段に背いたが、段は鄢(えん)の地で戦い、敗れて

     だらに共に奔った。

      自分に背いた母を城穎の地に幽閉した。

      そして曰く、

      「黄泉に及ばずんば相見えること無からん」、と誓った。
     
        ※ 黄泉とは、死後の世界であり地下に行くことをいう。

      だが一年が経ち、母に会いたくなった荘公は、自分の立てた誓いに

     苦しみ始めた。

      潁国の封人(ほうじん。国境警備官)で、母親想いの潁孝叔という者

     がいた。

      彼は荘公の苦しみを耳にすると、献上物を持参して上京し荘公に

     見えた。

      荘公は彼に食事を下賜したが、彼が肉を遺したのでその訳を尋ねた。

      潁孝叔は下問に応えて、

      「私には母が居りますが、差し上げる食事といったら、日々に我々下々

     の戴く物ばかりでありまして、未だこのようなご馳走を差し上げたことが

     ございませんので、これを戴いて帰ることをお赦し願い、食べさせたいと

     存じます」、と。

      荘公は寂しげに言う、

      「爾、母有りて遣る。ああ、我独り無し」と。

      潁孝叔がその訳を聞くと、荘公はその理由を告げ、そしてそれを悔い

     ていることを嘆いて聞かせた。

      潁孝叔は君の嘆きを聞いて、

      「君なんぞ患(うれ)えん。

      若し地を闕(か)きて泉に及び、隧(ずい)して相見えば、それ誰か

     然らずと曰わん」、と。

      (=泉の出る所まで地を掘り下げ、トンネルを掘って、そこでご対面 

       為されれば、誰も誓いをお破りになったとは申しません。) 

      荘公はその意見に従い、遂に地下で母に相見えた。

      荘公は地下で詠った、

          大隧の中 其の楽しみや融融

              ※ 融融:和らぎ楽しむさま。

     母の武姜も出てきて詠った、

          大隧の外 其の楽しみや泄泄(えいえい)

              ※ 泄泄:のびのびする様。

      ここに於いて、遂に母子の仲を取り戻すことが出来たのである。

                       「春秋左氏伝・隠公元年」





     

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    こんにちは

    明けましておめでとうございます。

    新しい年を迎えると、干支のことを思います。
    今年は「平成」の年号が最後の年のようですが、
    年号は中国の故事からとられていることを思い出します。
    中国の故事は、旧約聖書の歴史の話と似ています。
    いずれも過去の歴史から教訓を学びます。
    中国には親孝行の話が多いですね。

    とかく「黄泉」は「地獄」と間違えられやすいのですが、
    聖書でも、その意味は、この注釈の通りです。
    黄泉から復活することを「よみがえる」と言います。
    トンネルを掘って会いに行くというのは面白いですね。

    今年も良い年でありますように。^^)

    No title

    あけましておめでとうございます。
    御祝辞のご挨拶ありがとうございました。
    こちらこそ宜しくお願い致します。
    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru

    Author:tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>