FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(長勺の戦い)

     「それ戦いは勇気なり、

      彼竭(つ)き 我盈(み)つれば克つ」


                         春秋時代

      魯・荘公九年(前685年)秋、斉は小国の魯を乾時(かんじ)に破り、

     盟を交わして軍を退いた。

      ところがその翌年春、斉の桓公は管仲らの反対に拘らず、盟約に

     背いて高傒を将として再び魯に軍を進めた。

      魯の荘公が応戦の準備で大童の時、郷人の曹劌(そうけい)という者が

     王に拝謁を願い出てきた。

      彼の同郷の人は、引き留めて言う、

      「肉食者が対策を立てられるのだから、余計なことはするな」と。

      曹劌は、

      「肉食者は身近のことばかりで、遠大な計画は立てられないものだ」

     と言って出向いた。

        ※ 肉食者とは、高位高官連中のこと。

          当時 肉は高価なもので庶民の食せるものではなかった。

      曹劌は願い叶って、目通りした王に問うた。

      「何を恃みに戦いをなさるのですか。」

      荘公は言う、

      「飽食暖衣を独り占めせず、人民と分け合ってきたぞ。」

      曹劌は、

      「そのような恩恵では、とてもすべての者には行き渡りません。

      民は従いかねます。」

      荘公、

      「神には犠牲や玉帛を十分に供え、且つ誠心誠意 信を以ってお祈り

      して来たぞ。」

      曹劌、

      「そのような信は未だ小さいもので、神は福をもたらせません。」

      荘公、
     
      「これまで争いごとの訴えは、その大と謂わず小と謂わず、たとえ

     真相は究明出来なくても、公平を旨として情理を尽くして裁いてきた

     つもりだがな。」

      曹劌、

      「それなれば、当に真心を尽くしたものと言えます。

      一戦交えて然るべきでしょう。わたしもお伴致しましょう。」

     かくして荘公は、彼を兵車に同乗させ、長勺(魯の支配地内)で

     斉の軍と対峙した。

      頃合いを見て、荘公は進撃の太鼓を打とうとした。

      だが曹劌は、

      「まだ早すぎます」と言って、その打つ手を抑えた。

      そして斉軍が三度太鼓を打った時、

      「今です」、と荘公を促した。

      勢いの尽きかけた太鼓に合わせて魯軍に進撃された斉軍は、総崩れ

     となった。

      荘公は敵軍の乱れに乗じて追撃しようとしたが、曹劌は、

      「ちょっとお待ちください」と言った。

      そして兵車から降りると、敵の兵車の跡を調べてから再び荘公に

     言った。

      「もう、よろしいでしょう」と。

      そこで魯軍は、斉軍を追撃して勝利を確定した。

      戦いの後、荘公は曹劌に戦闘中の采配如何の故を尋ねた。

      曹劌曰く、

      「それ戦いは勇気なり。

      一鼓して気(勇気)を作(な)し、再びして衰え、三度して竭(つ)く。

      彼(敵の勇気)竭き我(味方の勇気)盈つ。故にこれに克つ。

      それ大国は測り難し、伏(兵の)あらんことを懼る。

      我その轍の乱れたるを視、その旗の靡(なび)けるを望み、故に(それら

     の乱れ具合から判断して)これを逐(お)えり」と。

      ※ 鼓鉦:こしょう。

         太鼓と銅鑼のこと。

         軍隊用語で、攻めは太鼓で、退却は銅鑼が合図。

                      「春秋左氏伝 荘公十年」

      ※ 春秋時代、一介の地方の郷士が何の手ずるも無しに君主に

        見えることなど出来るものではないが、春秋左氏伝には付言

        も無いが、何らかの事情があったものと解したい。





      

      

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    曹劌と戦い方の極意

    >「それ戦いは勇気なり。
      一鼓して気(勇気)を作(な)し、再びして衰え、三度して竭(つ)く。
      彼(敵の勇気)竭き我(味方の勇気)盈つ。故にこれに克つ。

    〇記事、拝見しました。
     なるほど、戦い方の極意ですね。
     なお、曹劌という軍師、すごい方ですね。初めて知りました。

     中国の偉人の奥深いことを感じさせる記事でした。
     草々
    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru

    Author:tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>