FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(物の損得勘定)

     「物 之を損して益すること有り」

      
                      春秋時代

     天下には三つの危いことがある。

     人徳少なくして君の寵愛の多きは、その一。

     才能低くして地位の高きにおることは、その二。

     自身の大功無くして高禄を受けることは、その三。

     故に物 之を損して益すること有り、之を益して損すること有り。

     何を以って、その然るやを知るや。

     昔 楚の荘王は覇者たる晋と河雍(黄河と雍水)で戦い、勝利して

    覇権を獲得した。

     そして戦後 その戦功として孫叔敖(しゅくごう)に封地を与えようと

    したが、彼は頑なな辞退して受けなかった。

     孫叔敖は晩年に病に罹り、その死に際に我が子に遺訓した。

     「我もし死せば、王 必ず女(=汝)を封ぜん。

     女 必ず肥饒の地を譲りて(豊穣の地を辞退し)、沙石の間(砂や石ころ

    ばかりの荒れ地)の有寝の丘なる者(地名のこと)を受けよ。

     其の地は确石(かくせき。石の多いやせ地)にして、名(地名)醜くし。

     荊人は鬼(楚の人は鬼神を畏れ)、越人は禨(越人は祟りを信じ)に

    して、人の之(有寝の丘)を利すること莫けん(欲する者はいない)」、

    と。 

     孫叔敖の死後、荘王は果たして、その子に肥饒の地を以って封じよう

    としたが、その子は辞して、改めて不毛の地である有寝の丘を請い願った。

     楚の「制」として、功臣にはその二世に限って襲封を認めるという決まり

    があったが、上記の理由から孫叔敖の子孫のみ 「制の例外」が認められ

    てきた。

     此れ所謂 之を損して益するものなり。


     またその昔 晋の厲公(27代)、南の方 楚を伐ち、

    西の方 秦を伐ち、北の方 燕を伐つ。

     兵 天下に横行して綣(かが)むところなく、威は四方を服して詘する

    ところなく、遂に諸侯を嘉陵に合わす(会盟する)。

     気充ち、志驕り、淫侈(淫乱奢侈)度無く、万民暴虐し、内に輔弼の臣

    無く、外に諸侯の援けなく、大臣を戮殺し、導諛(佞臣)を親近す。

     明年(翌年) 匠麗氏に出遊するや、欒書・中行偃、脅かして之を幽す。

     諸侯のこれを救う莫く、百姓の之を悲しむ無莫く、三月にして死す。

     それ戦えば勝ち攻むれば取り、地広くして名尊きは、是れ天下の願う

    ところなり。

     然れども、身死し、国亡ぶに及ぶ。

     此れ所謂 之を益して損する者なり」、と。

                       「淮南子 人間訓」



     

     
      

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru

    Author:tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>