FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(晋の悼公と祁奚)

     「祁奚、仇を奨む」

                        春秋時代

     紀元前572年、晋では厲公(27代)崩じた後、姫子周が即位した。

     これが悼公である。

     重鎮の欒書らが、23代襄公の曾孫で周都で勉学中の姫子周を迎え

    入れて即位させたのである。悼公の父は恵伯談という。

     その後 欒書は隠退し正卿の座を韓厥に譲ったが、欒氏一族の権勢

    は次の平公(前557年即位)の初期まで衰えることは無かった。

     悼公は十四歳で即位したが、周都で勉学に励んだだけに凡庸では

    なかったと謂われる。

     賢者を任用し、軍制と軍政を改革したり、対外的には諸侯と会盟したり

    して、晋の最後の名君と称えられたが、秦や楚との戦いが絶えず、その

    戦果は芳しくなかった。

     軍事改革では、「軍尉の官」を創設した。

     中軍の尉に大夫の祁奚(きけい。字は黄羊)をその佐に大夫の羊舌職

    を、司馬には魏絳を起用した。

     上軍及び下軍は省略する。

     晋は逸早く三軍を編成した大国であったが、その中心となる中軍の将

    は全軍の総司令官となる最重要職であった。

     将を補佐するのが佐将であり、佐将を補佐するのが御(御者)である。

     新しく設置された「軍尉の官」は、従来の大夫・卿らの御の管理の他に

    軍警察的な役目も担うようになり、その指揮官は人格識見に優れかつ

    果敢さも要求された。

     悼公のお眼鏡にかなったのが祁奚(きけい)である。

     「祁奚、仇を奨む」

     公平無私な心を称える言葉。

     三年間 「軍尉の官」を務めた祁奚は、引退を願い出た。

     祁奚はその時 悼公に問われた。

     「後任は誰が良いか」と。

     祁奚は応えた。

     「解弧(孤)が良いと存じます」と。

     祁奚は正直な人物で知られ、この解弧も正直な人物であったが、この

    二人はどういう訳か折り合いが悪かったのである。

     お互いに憎み合うことまるで仇敵のような関係にあったので、悼公も

    そのことを薄々は知っていたようであった。

     だから、まさか解弧を推すとは思ってもいなかったが、悼公は何も言わ

    ず、人事は内定した。

     ところが、任命直前になって解弧が死んでしまったのである。

     そこで再び、悼公は祁奚に後任を問うた。

     「誰が良いか」と。

     祁奚は応えて、

     「午が宜しいでしょう」と。

     午は則ち、祁奚の子であった。

     さらに頃を同じくして、副尉の羊舌職が死んだ。

     悼公は、「後任は誰がよいか」と祁奚に尋ねた。

     祁奚は、「彼の倅の赤は、如何ですか」と。

     そこで祁午は中軍の尉に、用舌赤がその佐(副尉)に任じた。

     当時の有識者は祁奚を評して言う

     「これは良い人を挙げたもの。

     仇を推して諂(へつら)いとならず、子を立てて身贔屓(みびいき)と

    ならず、仲間から用いて我が儘とならないとは」と。

                  「春秋左氏伝 成公十八年、襄公三年」



     
     

     

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru

    Author:tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>