コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(英察強能の君たりと雖も、)

     「英察強能の君たりと雖も、

        権術を以って苛察をなす。」


                        清朝

      清王朝の第五代雍正帝は、英明且つ有能な皇帝との評があった。

      しかしその皇帝権力を最大限に操って臣下に臨み、且つその

     政治は苛酷に過ぎる、とも評された。 

      康煕61年(1772年)に第4代康熙帝が崩ずるや、その遺詔により

     康熙帝の第4子の愛新覚羅胤禛が45歳で即位。

      雍正帝は皇帝の最高諮問機関として、雍正7年(1723年)に

     「軍機処」を設置し、数名の軍機大臣を置く。

      独裁権力を確立して末端まで威令を貫徹し、官吏の綱紀を徹底的

     に粛清した。

      方や地丁銀制を普及させ財政を安定充実させ、後には靑海や

     チベットを討ち清朝の支配地を大いに拡大させ清朝の基礎を

     築いた。

      雍正帝が汚職を憎むのは、康熙帝と同じであるが、自らはひたすら

     政務に精励して大いに歓迎された。

      その一方では汚職に慣れ育ってきた科挙出身の官僚らからは、

      「英察強能の君たりと雖も、権術を以って苛察をなす」

      と、その政治は酷薄に過ぎるとの批判を受けた。

      官僚が皇帝に意見を述べるには、公式な手続きを経て奏上するのが

     慣わしであったが、これを題奏といった。

      ところが先代の康熙帝は、公式の手続きによらず、官僚が直接

     皇帝に密奏できる道を開いた。これを摺奏(しゅうそう)という。

      康熙帝の跡を継いだ雍正帝は、この摺奏を重んじ自らも朱書で以って

     摺奏に意見を附して改めて指示を与えたといわれる。

      従って皇帝のその処理に要する時間は、途方もないものであったが、

     その反面 強力な君主独裁制を確立することが可能となった。

      また雍正帝は仏教に関心を示し、奴隷を解放して制度としての

     奴隷階級を一応は消滅させたともいわれる。

      その一方 政治批判の強い文人らには弾圧を以ってし、発禁処分

     にしたり文字獄をも招来した。

      
      

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru

    Author:tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>