コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(朱を奪うは正色に非ず、)

     「朱を奪うは正色に非ず、

        異種もまた王を称す」


                        清代

      清に滅ぼされた明王朝は、「朱」を正色としていた。

      即ち、朱色は正統王朝たる明の証でもあった。

      ところが、その朱を奪ったのは正色でない異色の異民族たる

     満州人であり、勝手に清王朝と称している。

        ☞ 異色とは、原色を混ぜ合わせてできた色をいい、

         中間色(間色)ともいう。

      清王朝の第6代乾隆帝の治世下、礼部尚書の陳徳潜は、

     「黒牡丹」という題名の詩作をした。

      そして彼の死後の事になるが、その詩中の一句が問題視され、

     告発された。

      その一句とは、次のような文言である。
     
      「朱を奪うは正色に非ず、異種もまた王を称す」。

      その文言の解釋たるや、

      これは異民族の満洲人が、朱の正統王朝である漢人の明朝

     の皇位を簒奪して清朝を建てたと当てこすったものであり、

     大逆罪に当たるとして断罪が決定した。

      ところが、その罪人たるべき陳徳潜は既に埋葬されていた。

      そこで勅命により墓地は掘り起こされ、棺を開いて屍体は切断

     された。

      このような状況下において、漢民族の反満攘夷思想は地下に

     潜行したが、やがて時代は推移し中国を侵略しようとする西洋諸国

     に向けられるようになる。
     

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru

    Author:tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>