FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(楚の霊王の身辺)

    「伍子胥に先立つ復讐劇」

                      春秋時代

     楚の霊王(27代)は、呉を脅かす目的で呉の同盟国・徐に出兵し

    包囲した。時に紀元前531年のことである。

     霊王は国境近くの乾谿(かんけい)に行在して、後方から支援した。

     そして翌春になっても霊王は、国都に帰還しなかった。

     そのため人々は徭役に苦しみ、人心は次第に霊王から離れようとした。

     霊王は曽て[申の会盟]の際、越の大夫・常寿過を辱め、蔡の大夫・

    観起を殺したことがあった。

     観起の子である観従(かんしょう)は、亡命して呉の呉王に仕えて復讐

    の機会を窺っていた。

     そして遂にこの機を捉えて、呉王余昧に楚攻略の進言をなし、越の大夫・

    常寿過に働きかけて呉・越をして楚を動乱に巻き込んだ。

     一方では、霊王に臣従していた霊王の弟である棄疾(後に即位て平王)

    に強引に働きかけ、晋に亡命していた公子の子干(比)と鄭に出奔して

    いた公子・子晳を呼び戻して、鄧の地で公子三兄弟の

    協力を誓わせた。


     「人の其の子を愛するや、亦 余(われ)の如くならんか」

     (=愛する子を亡くした親の苦しみとは、このように悲しいものなのか。)


     愛する我が子の死を知って、初めて知る楚・霊王の自戒自得の言葉。

     かくして反乱軍は楚の国都で留守を守る霊王の太子・禄と公子・罷敵を

    攻め殺し、代わって比を立てて王となし、公子黒肱(子晳)が令尹、棄疾

    を司馬として新体制を固めた。

     観従は反乱軍の一部を率いて、霊王の行在所・乾谿に発向した。

     行在所に着くや、観従は霊王に従っている将兵や官吏に対して布告

    した。

     「先ず帰らば所に復せん。後るる者は劓(ぎ)なり」と。

     則ち国では新たに王が即位されたので、直ちに帰国して新王に服する者

    は、その爵禄や封地は従前通りとする。期日に遅れる者は劓刑(ぎけい。

    鼻削ぎ)の処分と為す、と。

     行在所の連中は一斉に浮き足立ち、霊王を見棄てて帰国してしまった。

     霊王はと言えば、国都で大子らの公子が殺されたと知り、車から転落して

    嘆いて言った、

     「人の其の子を愛するや、亦 余の如くならんか」と。

     侍従 曰く、

     「是より甚だし。

     小人老いて、子 無くんば溝壑(こうがく)に落ちんことを知る」と。

     (=卑しい者は年老いて、子が無ければ、溝や谷に転げ落ちて

      死ぬものと考えております。)

     霊王は、

     「吾は今まで人の子を多く殺したので、こうならない訳にはいかなかった

    のだな」と自得した。

     右尹・鄭丹(子革)は、王を説いて再起を促すが、王は、

     「もはや衆恕は犯すべからず、大福は再びせず、ただ恥を取るのみ」

    と言って、船で鄭に入ることを望んだ。

     鄭丹は、もはや自分の計策も用いられないことを知り、王の元を去り

    国都に戻った。

     側近からも見放された霊王は、ただ一人で山野を彷徨した。

     三日目にして、偶々 宮中に仕えていた雑役人に出会ったので食い物

    を求めたが、その者は苦しげに、

     「新王の布告により、王様に食物を贈ったり従う者は、罪三族に及ばん、

    と。またこの地では、食べ物を得る手立てもございません」と。

     疲れ果てた霊王は、其の者にもたれかかり、遂には其の膝を枕にして

    寝入ってしまった。

     だがその雑役人は、そっと土塊を盛り上げて自分の膝代わりとして、

    その場を去ってしまった。

     霊王は目が覚めても、立ち上がることが出来なかった。

     この時である、辛亥という者が、亡き父が霊王から受けた大恩を思って、

    霊王を探し求めていたところ、王が釐沢(りたく)で飢えて難渋していた

    のに出会った。
     辛亥は王を連れ帰り世話をしたが、五月のある日に息を引き取った。

     辛亥は二人の娘を殉死させ、王の遺体とともに葬った。

               「春秋左氏伝 昭公十三年」、「史記 楚世家」






     
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(呉楚の攻防戦)

    「其の君、兄の子 員を弑して、

      これに代わりて立つに如くはなし」


                    春秋時代

     自分の手で主君たる兄の子・員(うん)を弑殺しておきながら、代わって

    自ら即位するよりはましであろう、の意。

     朱方、棘(きょく)、櫟(れき)、麻、鵲岸(じゃくがん)、房鐘において、

    連年に亘り呉楚の攻防が続いた。

     魯・昭公四年(前538年)秋七月、楚・霊王は諸侯を率いて呉に進攻

    した。

     楚の屈申は朱方を包囲し、八月庚申(二十一日) これを攻略した。

      「慶封の死」

     この戦いにおいて、斉から亡命して来て呉王余昧に厚遇され、朱方の

    邑に封じられていた慶封が捕えられて処刑された。

     この慶封は、その昔 斉の大夫であったが、崔杼が荘公を弑殺すると、

    崔杼に与して荘公の異母弟である景公を擁立した。

     だが、崔杼との間で確執が生じるようになり、遂に崔杼を殺し、さらに

    その一族を族滅させた。

     ところが、その慶封も自分の主だった部下等に追放されてしまい、魯に

    逃れ、さらには呉に亡命して呉王からは厚遇されて、朱方の邑に封ぜられ

    ていた。

     霊王は処刑に先立ち、慶封の旧悪を諸侯の陣営に暴露し、

     「斉の慶封、其の君を弑してその孤(幼君)を弱とし、以って諸大夫に

    盟(ちか)うるに傚(なら)うことなかれ」と戒めて言った。

      (=斉の慶封は君を殺すという大逆を行い、また擁立した君の

       遺児たる幼君を蔑ろにしておきながら、方や諸大夫連中にその

       ような事は見習うべきではないと誓わせた。)

     ところが、慶封も逆襲して言った。

     「楚の共王の庶子・囲(霊王のこと)、其の君 兄の子・麇(きん)を

    弑してこれに代わり、諸侯に盟を強いるようなことは、絶対にやるべきに

    あらず」と。

     ここに於いて霊王は、直ちに刑を執行し、なお且つその一族を誅殺した。

     その冬、今度は呉が楚の棘、櫟、麻に攻め込み、朱方の報復を果たした。

     そして翌年の)冬十月、楚王は蔡・陳・許・頓・沈(しん)の諸侯と東夷を

    率いて、棘・櫟・麻の報復を図った。

     楚のイ射(いえき)は、夏汭(かぜい)で王の軍と合流し、越の大夫・

    常寿過も軍を率いて楚軍に合流した。

     呉軍出動との報に、楚のイ啓疆は軍を指揮して呉軍に当たったが、

    慌てて防備を怠ったので、鵲岸で呉軍に敗れ呉地に侵攻することは

    出来なかった。

                    「春秋左氏伝 昭公四年・五年」



        

      

    テーマ : 戦記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(戦術の転換期)

     「太原の戦い」

                         春秋時代

     魯の25代昭公の元年(紀元前541年)、晋(29代平公)は異民族の

    「狄(てき)」と「無終」を撃破した。

     晋の卿大夫である中行穆子(荀呉)と魏献子(魏舒)が前線指揮に

    当たった。

     彼らは戦況判断により、春秋時代の常套戦法である戦車戦を歩兵戦に

    戦術転換して、狄と無終を撃破したのである。 

     その戦いに臨んで魏献子は、布令した。

     「彼(狄と無終)は徒戦(歩兵戦)、我は車戦、遭遇する場所はその上

    険阻ときている。

     十人の徒兵を一輛の兵車に付ければ、きっと勝てる。

     敵を険阻の地に追い込めば、さらに勝てよう。

     そこで徒兵の総編成替えを、先ずは吾から始めることにしよう」と。

     かくして兵車を棄てて、徒歩の部隊を主として編成し直し、五輛分

    (十五人)の徒兵を三組の「」と為して、これを編成基準として全軍を

    改編した。

     その一方では中行穆子の寵臣は、徒兵に組み入れられるのを拒んだ

    ので、穆子はこれを斬って全軍に厳しく布告して改編を完了した。

     晋軍に敵対する狄の軍は、之を嘲笑して陣立てを怠っていたが、晋軍は

    五十人の複合編制の一偏を先鋒として、狄軍を期する所の険阻の地に

    誘(おび)き出して、これに肉薄して撃破した。

     この戦い以後、徐々に中原における戦法が、「戦車戦」から「歩兵戦」に

    変化していった。

                       「春秋左氏伝 昭公元年」

    テーマ : 戦記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(晋の連合軍対斉)

     「平陰の戦い」          

                      春秋時代

     晋(29代平公)・魯・鄭など11ヵ国連合軍対斉(24代霊公)の戦い。

     魯の襄公十八年(前555)秋、斉の霊公は魯の北境を侵した。

     1 「中行偃の夢見」

     晋の卿大夫・中行献子(荀偃)はおりしも斉を伐つ夢を見た。

     かつて欒書と結託し、前573年に程滑を使嗾して君たる厲公(27代)

    を弑殺し、君の後釜には晋の血筋をひく孫秀を周都から迎え入れて

    即位させたことがあったが、この夢中でその厲公に我が首を切り落とされ

    て、我が首を拾って走っている内に梗陽の巫皐(ふこう)に出会うという夢

    であった。

     夢 覚めた後、その巫皐に話をすると、巫皐も同じ夢を見たという。

     そして巫皐は言った、

     「今年 貴方は必ず死ぬでしょう。だが、若し東方で事が起きたならば、

    思う通りになさることが出来るでしょう」と。

     晋の平公三年(前555年)冬十月、晋は魯・宋・衛・鄭・曹・莒などの

    弱小国の十一ヵ国からなる連合軍を率いて東征し、斉の霊公と覇権を

    懸けて戦った。

     斉の霊公は、晋君に取って代わり天下の盟主にならんと並々ならぬ野望

    を燃やし、蚤に富国強兵に努め虎視眈々と狙っていたのである。

     しかし如何せん、斉一カ国では力に限りがあり、東征した晋の連合軍は

    圧倒的兵力で斉軍を攻め立てた。

    2 「平陰に禦(ふせ)ぎ、防門に塹(ほり)して、之を広里に守る」

     斉の霊公は晋の連合軍の侵攻を濟(済)水南岸の平陰で禦(防御)ぎ、

    防門では幅一里の塹壕を作り、広里で守ろうとした。

       ※ 前漢時代には、一里は405メートルであったのだが、

          この時代は ? 。

     この時 しかし宦官の側近・夙沙衛が斉公に進言した、

     「戦う力が無いのなら、ただ広里の守りだけを固めるとよいでしょう」と。

     だが斉公は聞かず、対する敵連合軍は防門に猛攻を仕掛けて、斉

    では多くの兵士が戦死した。

     晋の范宣子(士匃)が、普段 親しくしていた斉の析(き)文子に同盟国の

    魯と莒が間もなく斉に猛攻を加えるだろうと忠告し、早急の善処を採られ

    たしと促した。

     そこで析文子が斉公にその事を知らせると、斉公は心配をし始めた。

     晏嬰(あんえい)は言う、

     「もとより勇気の無いお方だ。そこへもってきて、そんな話を聞かされた。

    長いことは無いだろう」と。

     晋軍の方では、山や谷を埋め尽くして大軍を偽装していた。そんな有様

    を斉公は巫山に登って眺望したものだから、一人先に逃げ帰ってしまい、

    三日の闇夜には斉の全軍は撤収した。

     四日の始め 晋軍は平陰に入り猶も斉軍に迫った。

     斉軍では夙沙衛が殿を務め、細路に車を並べ立てて晋軍の進撃の 

    防護柵代わりにした。

     斉の殖綽・郭最の二人は、

     「子(宦官の夙沙衛)が国軍の殿を務めたとあっては、斉の恥になる。

     先に行かれよ」と言ったので、

     夙沙衛は腹を立てて、狭い径で馬を殺して径を塞いでしまった。

     その後 斉の郭最らが殿を代わったので、殖綽は晋の州綽に弓で両肩

    を射られ、郭最も晋の中軍の捕虜となり、二人とも戦車に括りつけられて、

    太鼓の下に座らされた。

     十二月二十五日、晋軍は斉の都・臨淄(りんし)に攻め込み、あちこちの

    城壁の一部を破壊するまでに至った。

     斉公は既に馬を車に取り付けて郵棠(ゆうどう)に逃げようとしたところ、

    太子光と郭栄が必死に諌めて、ようやく斉公も思い止まった。

    3 楚の参戦

     その後も晋軍の大夫たちは、斉の各地を荒らしまわり、十一日には

    東は濰(い)、南は沂(き)に至る。

     事態がここまで進むと、晋の同盟国軍であった鄭では、国の留守を

    守っていた大夫・子孔が、晋の大夫らの横暴を畏れて晋に背き楚に誼を

    通じようと画策した。

     楚の令尹・子庚(公子午)は心ならずも楚王の意を汲んで汾(ふん)に

    於いて勢揃いをした。

     一方では鄭の留守を守っていた子孔は、同じく守りに就いていた子展

    らが彼の考えを見破り城郭の構えを十分にして守ったので、容易に楚の

    軍に加わる機会が無かった。

     また斉での捷報が晋の平公の元に届いた時、同盟国軍の鄭国に楚軍

    が侵攻し始めたという急報があり、連合軍は戦場から撤退した。

     その後 楚軍は鄭を伐ち、軍を進めてその城下に至り、信宿にして引き

    揚げた。

     だがその帰途、豪雨に遭遇し、滍水(しすい)を渡る時 多くの兵士や

    輜重兵が凍死した。

                       「春秋左氏伝 襄公十八年」

      「信宿」とは、古代の軍事用語であり、軍の宿営で「二晩の宿営」

       のことをいう。単に「信」ともいう。

        二晩より以上の宿営は、「(やどる)」という。

        因みに、一晩の宿営は、「舎」という。



     
      

     

    テーマ : 戦記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(晋対秦)

     「遷延の役」

                        春秋時代

     「序章」

     紀元前562年 晋(28代悼公)と秦(14代景公)は鄭を巡って、

    黄河の東岸にある櫟(れき)で戦闘を交えた。

     秦の庶長鮑と庶長武が軍を率いて晋に侵攻し、鄭を救援した。

     先ず庶長鮑が晋の領内に侵入した。

     晋の士魴がこれを迎撃したが、秦軍の勢力を見誤り防備を怠った。

     十二月壬午(19日)、武は輔氏(地名)から黄河を渡り、魴に歩調を

    合わせて晋軍を攻めた。

     七日の後の己丑(26日)、両軍は櫟で会戦したが、晋軍は大敗した。

     この戦いを「檪の戦い」という。

                        「春秋左氏伝 襄公十一年」

     「遷延の役」   紀元前559年

     魯・襄公十四年(前559年)夏四月、晋は櫟の敗戦に報復するため、

    魯・斉・宋・衛・鄭・曹・莒・邾(ちゅう)・杞(き)などの諸国と向で会盟し、

    それぞれの国の大夫が率いる連合軍とともに秦を攻めた。

     晋侯は国境で待機し、三軍の将・佐の六人の率いる軍を進発させた。

     連合軍は涇水(けいすい)に達したが、そからは諸侯の軍は渡ろうと

    しなかった。

     晋の叔向が魯の叔孫穆子に会うと、穆子には渡る意志があると察して、

    叔向は退いて船を用意した。

     すると魯と莒の軍は、真っ先に河を渡った。

     鄭の子蟜(しきょう。公孫蠆)が衛の北宮懿子に会って、

     「晋と盟を結びながら動揺するのは、最も憎まれる元である。

     社稷の存立に係りますぞ」と謂うと、

     北宮懿子は故あることとして、動こうとしない諸侯国軍の大夫連中に

    渡河を勧めた。

     かくして晋の連合軍は涇水を渡って宿営したが、秦は上流から毒を

    流したので、連合軍では死者が多く出た。

     鄭の司馬・子蟜が軍を率いて進撃すると、諸侯の軍も後に続き

    棫林(よくりん)に達したが、秦との和議は纏まらなかった。

     晋の中軍の将・荀偃(中行献子)は指令を出して、

     「明朝、鶏が鳴いたら車に馬を繋ぎ、井戸を埋め竈を壊せ。

     そして余の馬の首をよく見ておれ」と。

     すると下軍の将・欒黶(らんえん)は、

     「晋国には未だ曽て、このような勝手な指令はない。

     余の馬の首は東を向きたがっておるぞ」と言って、

     帰国の準備を命じ、下軍はこれに従った。

     左史が下軍の佐の魏絳に、

     「中行伯(荀偃)の動きを見届けては」と言うと、

     「夫子(ふうし。荀偃のこと)は、将の指示を仰げと命じられた。

     欒伯(欒黶)は吾の将ゆえ、之に従う。将に従うのが夫子への正しい

    態度だ」と。

     後 荀偃は、

     「吾の指令は間違っていた。後悔しても間に合わぬ。

    秦に捕虜を残すだけだ」と言って、全軍に撤退を指令した。

     世評では、この出兵を「遷延の役」という。

     則ち、ぐずぐずした愚鈍な戦いと言う意である。

     だが欒黶の弟・欒鍼(らんけん)は、

     「この出兵は檪の戦いへの報復だったのに、戦果が無ければ晋の恥

    である。

     吾は兄の兵車の車右として、恥ずかしくてたまらぬ」と言い、

    士匃(しかい)の子・士鞅(しおう)と与に秦軍に突入した。

     そして欒鍼は戦死したが、士鞅は生還した。

     欒黶は士匃を非難して、

     「余の弟は突撃を望んでいなかったのに,汝の息子が弟を誘った

    のだ。余の弟は死んだのに、汝の息子は生還した。

     これでは余の弟は、汝の子に殺されたようなものだ。

     息子を晋から追放せぬと、余が殺してしまうぞ」と脅したので、

     士鞅は秦に逃げた。

                      「春秋左氏伝 襄公十四年」



     



     
           

    テーマ : 戦記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru 河野長生

    Author:tyouseimaru 河野長生
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    ランキングに参加しています
    応援よろしくお願いします
    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>