コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(説苑)

     「申鳴、孝子と忠臣の両立に苦しむ」


                        春秋時代

      楚に申鳴という士がいて、家の仕事をしながら父の世話をしていた。

      彼の孝行ぶりは国中に知られていた。

      そんな彼を王は、執政に取り立てようとした。

      ところが彼はそれを断ったので、父は受命を勧めつつも、その訳を

     尋ねた。

      申鳴は父に、

      「どうして父の孝子であることを止めて、王の忠臣とならなければ

     ならないのですか」と聞き返した。

      父は言う、

      「お前が国の扶持を受けて、朝廷で然るべき地位を占めるように

     なれば、お前にとって良いだけでなく、私にも心配が無くなる。

      私はお前が執政になることを望んでいるのだ」と。

      そこで、申鳴は、

      「よくわかりました」と言い、朝廷に仕えるようになった。

      楚王は約束通り、申鳴を執政に取り立てた。

      それから三年が経った頃 白公が乱をおこし、最高の執政官である

     令尹・子西や司馬の子期を殺した。

      申鳴は出陣して、死ぬ覚悟をしていた。

      すると父は、それを引き留めて言う、

      「お前は父を差し置いて、死んでも構わないのか」と。

      申鳴は、

      「一旦 出仕した者は、その体は主君のもので、其の扶持は親のもの

     だ、ということです。

      今は 父を棄てても君に仕えているのです。

      その災難に臨んで、死ぬ決心をしないでいられましょうか」と。

      申鳴は鎮圧軍を率いて、白公の陣を取り囲んだ。

      白公は石乞に言う、

      「申鳴という者は、天下に聞こえた勇士と聞く。

      今 軍を率いて我らを取り囲んでしまったが、どうすればよいか」と。

      すると石乞は、

      「申鳴は天下に聞こえた孝子でもあります。兵を率いて彼の父を脅迫

     するのです。

      そのことを知れば、申鳴は必ずやって来ます。そこで彼と交渉すれば

     よいのです」と応えた。

      白公は早速 手筈通りに事を進め、申鳴に言った。

      「お前が我々に味方すれば、お前に楚の国を分けてくれよう。

      味方しなければ、お前の父は死ぬことになろう」と。

      申鳴は涙を流してこれに応え、

      「以前 私は父の孝子であった。しかし、今では私は主君の忠臣なのだ。

      私はこう聞いている、

      他人の飯を食っている者はその人の為に死に、他人の扶持を受けて

     いる者はその人の為に力を尽くす、と。

      そして撥(ばち)を取って進軍の太鼓を叩き、遂に白公を死に追い遣った。

      しかし、捕らわれていた彼の父もまた死んでしまった。

      乱後 王は彼に金百斤を賞として下賜しようとした。

      すると申鳴は釈明して、

      「主君の扶持を受けていながら、主君の災難に臨んで逃避するのは

     忠臣とは言えません。

      また国を平定したからと言って、自分の父を殺してしまったのでは孝子

     とは言えません。

      建前から言っても両立できないし、実行の上でも二つながらに遣り遂げる

     ことは出来ないのです。

      ですから、このようにして生きていたところで、どうして天下に面目が

     立ちましょうか」と。

      そう言って、申鳴はとうとう自殺してしまった。

                         「説苑 楚・立節」

     
     

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(荘子)

     「嚆矢濫觴」


                        戦国時代

      物事の始まり・起こりをいう。

      嚆矢は高鳴る矢の意味で、昔 中国では戦いが始まる時、その徴(合図)

     として敵陣に鳴り響く鏑矢(かぶらや)を射かける習わしがあった。 

      また濫觴は盃一杯が溢れる程度の僅かな流れという意で、大きな

     川もその程度のわずかな流れが水源となるという譬え。

      転じて、嚆矢も濫觴も事の起こり、始まりを意味する言葉であり、

     重ねて強調した言葉。

      「なんぞ曽・史のこれ桀・跖の嚆矢ならざるを知らんや。

      故に曰く、

      聖を断ち知を棄て而して天下大いに治まる」

      (=どうして曽子や̪史鰌のような賢人が、桀王や盗跖のような悪人

       の始まりだと知らないのだろうか。

        だから言う、聖人の聖を断ち知を棄てれば、この世はよく治まる

       のだと。)

      つまり賢は、悪にしばしば利用されるのだという逆説の論理で、

     それならば賢人がその聖を断ちその知を棄て去れば、無為にしてこの

     世はうまく治まる、と自説を展開する。


     ※ 曽子は孔子の高弟であり、賢と孝で知られる曽参。

       史は史鰌(ししゅう。史魚とも祝鮀とも)。衛の霊公の時代の賢大夫

      で、「史魚死諫」(史魚の死を以っての諫言)の故事で知られる。


         桀は夏王朝の最後の悪名高き桀王。

         跖は春秋時代の著名な伝説上の大盗賊の盗跖。

                    「荘子 外篇・在宥」

     

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(論語)

     「曽子の三省」 

                         春秋時代

     孔子の高弟・曽子(曽参)が、自らを欺くことがないように工夫した

    三つの自戒をいう。

     曽子曰く、

     吾 日に三つ吾が身を省みる。

     人の為に謀りてならざるか。

       他人のために事を謀った場合、誠意をもって事に当たったかどうか。

     朋友と交わりてならざるか。

       朋友と交際して、その信頼を損なうような言行が無かったかどうか。

     伝えられて習わざるか。

       師から教えられたことをよく習熟したかどうか。

       習わざることは学習しても未だ明確に自信も信念もないのに、知った

      かぶりをして、人に教えたり伝えたりしていないか。

                 「論語 学而篇」


      拾遺弥縫

       明の時代に陽明学者の王陽明(守仁)の言行録を門弟らが編集した

      書の「伝習録」は、曽子の三省の一つである「伝えられて習わざるか」

      に拠るもの。

      
      「養志の孝」

      父母の志を重んじ、且つ喜びを与えて孝養を尽くすこと。

      父母の志を養う孝行の意。

      曽子が父の曽晳を養うときは、酒と肉を供えた。

      そして食事を下げようとするときには、必ず余り物を誰に与えるか

     問うたものである。

      そして父が、余りものがあるかと問うと、

      必ず、「あります」と言った。

      そんな曽晳も死に、今度は曽参の子・曽元が父を養うことになったが、

     曽元も父に酒と肉を必ず供えた。

      だが食事を下げようとするとき、その余りを誰に与えるのかは問わ

     なかった。

      曽参が、「余りはあるか」と問うと、

      「ありません」と答えた。

      後に再び、それを父に勧めようとしたのである。

      これは言うところの、「口で体を養うもの」であり、曽参のようなもの

     は、「志を養う」ということが出来る。


                 「孟子 離婁」


       
       
       

    テーマ : 四書五経
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(論語)

     「割鶏牛刀」

                        春秋時代

     小さなことを処理するのに、大袈裟な手段や方法を用いることの譬え。

     小さな鶏を処理するくらいであれば包丁で間に合うのに、大きな牛を

    処理するのに使う牛刀のようなものを用いるの意。

     孔子の弟子の子游は、魯の武城の宰となっていて、礼楽を以って

    邑(村里)を治めていた。

     子 武城に之(ゆ)き、絃(弦)歌の声を聞く、

     夫子(ふうし) 莞爾として笑ろうて曰く、

       ※ 莞爾とは、嬉しくなっての意。

     鶏を割くに焉(いずく)んぞ牛刀を用いん。

       ※ 孔子は子游の施政の方針というか信念の程を確かめようとして、

         戯言(ざれごと)を言ったのである。

     子游 応えて曰く、

     昔 偃(えん。子游)や諸(これ)を夫子に聞けり。

     曰く、

     「君子 道を学べば則ち人を愛し、小人 道を学べば則ち使い易し。」

     (=上に立つ君子は道を学べば則ち人を愛し、小人(人民のこと)が

      道を学べば則ち使い易い。)

     子曰く、

     二三子(じさんし)、偃の言や是なり。前言は之に戯むるるのみ。

     (=門弟たちよ、今 偃の言ったことは道理に適っている。

       前言は戯れである。)


                   「論語 陽貨篇」

     

    テーマ : 四書五経
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(論語)

     (よ)や其の父母に三年の愛 有るか


                        春秋時代

     弟子である宰我(宰我は通称で、宰予とも。名は予)に対する孔子の

    恩愛の笞ともいえる言葉。

     宰我問う、

     「三年の喪は期 已に久し。

     君子三年 礼を為さざれば、礼必ず壊(やぶ)れん。

     三年 楽を為さざれば、楽必ず崩れん。

     旧穀 既に没(つ)きて新穀既に升(みの)る。

     燧(すい。火打石)を鑽(き)りて火を改む。期にして已むべし」と。

     (=子が父母の喪に三年服するという古の礼は、長すぎるのでは

      ありませんか。

        君子が三年も其の喪に服すれば、礼そのものが必ず破れて

       しまうでしょうし、楽も同じく奏さなければ調子を崩してしまうで

       しょう。

        旧穀と新穀が採り替わるのも、火打石を切って火を取り改めるのも

       一年で切り替わります。

        ですから、三年の喪を一年で止めてもよくはありませんか。

      子曰く、

      「彼の稲を食らい、彼の錦を衣(き)る。女(汝)に於いて安きか。」

      暗に非難して、

      (=あの旨い稲を食らい、あの美しい錦を着て、果たして汝の心に

       何の憂いも畏れもないのか。)

     曰く、

     「安し。」

     (=憂いなし。) 

     「女 安くば則ち之を為せ。

     夫れ君子の喪に居る、旨きを食らえども甘(うま)からず、楽を聴けども

    楽しからず、居処 安からず。故に為さざるなり。

     今 女 安くば則ち之を為せ。」

     (=孔子は宰我に何の不安も悔いもなければ、そうせよ、と。)

     宰我 出ず。

     (=かくして宰我は退出した。)

      だが、孔子は宰我が真に理解できずに、之をそのまま遂行することを

     恐れて、

     「予の不仁なるや、子(こ)生まれて三年、然る後 父母の懐を免かる。

     夫れ三年の喪は天下の通葬なり。

      予の其の父母に三年の愛有るか。」  

     (=宰我は不仁で、親を愛する心のなんと薄いことか。

       子供というのものは、生まれて三年は親の懐に抱かれて育つもの

      である。

       だから親の喪は、三年にして僅かに親への恩義に報いるものと

      言える。

       三年の喪というのは、上は天子から下は庶人に至るまで、子としての

      喪の慣例である。

       予よ、お前には父母に対する三年の愛はないのか。


       ※ 三年の喪は、足掛け三年であり、二十九ヵ月と二十七か月の
     
         説がある。

     

    テーマ : 四書五経
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の住処とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。

    令和元年5月25日、マイブログがアマゾン kindle版として
    その題名も「心に響く中国歴史名」として出版されました。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」は、上・中・下の3巻あり、 余りにも大部な書となってしまった。 そこで内容を圧縮して「ブログ」として、活路を見出した。 それで、かなり減量したものとなった。 今後はさらに読みやすいブログを目指して、工夫を加えるなどして、 補記訂正してゆきたいと思っています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>