FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(周王朝の東西並立から東周王朝へ)

     「混迷の周王朝から東周王朝の創建へ」

                        東周時代

      周の国都の鎬京が、異民族の犬戎に蹂躙された後、国家壊滅状態

     の中で、幽王の二人の遺児がそれぞれの支持する諸侯によって擁立

     された。

      周王朝の西方の有力者であった西虢の虢君翰(かくくんかん)は、

     申公や魯・許・鄭の諸侯等に擁立された姫宜臼に対抗して、幽王の

     公子・余臣を立てて宗周(鎬京)で王朝を開かせた。

      これが西周王朝の携王である。

      幽王亡き後の周は、直ちに東周王朝が開かれたのではなく、一時期

     ではあるが、二王並立の時代(紀元前771年~760年)が続くので

     ある。

         「東周王朝」   前771年→前249年

      諸侯は申から、周の成周(洛邑)に姫宜臼を擁立して王位に就ける。

      これが平王である。

      周王朝の西都・鎬京には既に犬戎が迫っていたので、東都の成周

     に遷都しての即位であった。

      その後 幾ばくもせずに周王朝は犬戎の侵攻により滅亡したが、

     幽王に放逐されていた元の太子の宜臼が、母親の実家の申氏の援助

     で後継王朝を継ぐこととなり、以後 国都を移して東周王朝を称す。

      時に辺境の地にあった秦の襄公は、東周の遷都の際、蛮族と戦って

     これを撃退し、周王朝を大いに援助した。

      その功績に対して周王朝は、秦を「諸侯国」として認め、また岐山より

     西をその領土として与えた。

      なお東周の平王元年(紀元前770年)から、戦国時代に入る前年

     の紀元前402年までを「春秋時代」ともいう。

      この春秋時代は、「覇者の時代」ともいわれる。

        魯の隠公元年、即ち紀元前722年から魯の年代記「春秋」

         が書き始められたので、この年を以って春秋時代に入るとの説

         もある。

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
    にほんブログ村

      

      
     ☷ 拾遺・弥縫

          「詩経 王風・黍離(しょり)」

       彼の黍(しょ) 離離たり、彼の稷(しょく) 之を苗す。
        (モチキビはふさふさと穂を垂れ、ウルチキビは苗を出して
        いる。)  
     
       行き遭(ゆ)くこと靡靡たり、中心揺揺たり。
        (当て所も無くゆっくりと歩めば、胸の内は憂いにゆらゆらと
        揺れる。)

       我を知る者は、我が心憂うと謂う。
        (私を知る者は、私が何かに悩んでいるという。)

       我を知らざる者は、我何をか求むると謂う。
        (私を知らないものは、何を求めてさ迷うのかという。)

       悠悠たる蒼天、此れ何人ぞや。
        (ああ、遥かなる青空の天よ、この都をこんなにしてしまったのは、
         どこの誰の仕業か。)

       ※ 東周の大夫が、西周の都・鎬京の王宮蹟に立って、昔の面影
        は更になく黍畑となって荒廃しているのを嘆いた歌である。

    スポンサーサイト

    テーマ : 詩経・漢詩・詩賦等
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    BLOG RANKING
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>