FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(周代の命名法)

     「名に五 有り」

                        周代

      周の時代には、人の名の付け方に五つの慣習があった。

      生まれた時の特徴で名を付けるのを、「信」という。

      徳に因んで名を付けるのを、「義」という。

      似たものを名とするのを、「象(しょう)」という。

      万物の名称から付けるものを、「仮(か)」という。

      父に関係づけて名づけるのを、「類」という。

      だが、建前として、国名・官名・山川名・疾病名・六畜の名・

     祭器や玉帛の名は忌避された。

         ※ 六畜とは、馬・牛・羊・豚・犬・鶏の家畜を云う。

      周代は、生前の実名(諱)によって神(祖霊)に仕えたので、死後に

     おいてはその名は忌んで使われることは無かった。

      現実にはあまりあり得ないことだが、例えば国名や官名が人の名に

     用いられると、その人の死後は、その名に使用された国名や官名は

     使えなかった。

      だからそのような場合には、国名や官名の変更が余儀なくされた。

      そのような稀な事例を一つ紹介すると、

      周の時代 司空職は六卿の一つであり、土地人民を司る重要な官職

     であった。

      ところが諸侯の宋では、そのような禁忌を無視して、十一代戴公の

     後嗣が司空と名付けられた。これが後の十二代武公である。

      以後 宋では司空職は、「司城」と変更されることになった。 

                      「春秋左氏伝 桓公六年」

      
      ☷ 拾遺・弥縫

            「西周の滅亡」 

         東周の平王は、平王十三年の紀元前759年、西周の

        携王(姫余)を攻め滅ぼし、ここに二王並立時代は終止符を

        打った。





    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru 河野長生

    Author:tyouseimaru 河野長生
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>