FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(速杞の戦い)

     「楚は左を上位にす」

                        春秋時代

      隋の少師には、国君の寵愛一方ならぬものがあったという。

      そのあり様を聞くにつけ、楚の闘伯比は隋の攻伐を進言した。

      東周桓王十七年(紀元前704年)夏、楚の武王は諸侯を楚の沈鹿

     に招集したが、黄と随は参集しなかった。

      武王は、イ章を黄に遣わして攻め、また王自らは軍を率いて随を伐ち、

     漢水と淮水の間に軍を進めた。

      その様子から随の杞梁は、随侯に進言した。

      「ここは、一旦 降伏しましょう。許されなかったなら、戦いましょう。

      之は我が軍の士気を高め、敵軍を侮らせる策と申せます」と。

      ところが少師は、

      「必ずや速やかに戦わん。然らずんば、将に楚の師を失わんとす」と。

        ※ ここで失うとは、逃がしてしまうの意。

      かくして随侯は楚軍を禦(ふせ)ごうとして、楚の陣営を見渡した。

      季梁は言う、
      
      「楚は左を上位にす。楚君は必ず左翼に在ります。この際、楚王に

     当たってはなりません。

      しばらく、楚軍の右翼を攻めればよろしい。右には精鋭はおりません。

      必ず破ることが出来ます。右翼が破れると、楚軍は離散しましょう」と。

      だが手柄を焦る少師は、

      「王の軍に当たらねば、戦ったことにはなりません」と言って、従おう

     としなかった。

      かくして、速杞において両軍は激突した。

      だが随の軍は大敗を喫し、随侯は逃げ去った。

      その一方では楚の闘丹は、随侯の車とその車右となっていた少師を

     捕獲した。

      その年の秋、随は楚と和睦しようとしたが、楚王はそれを許そうとは

     しなかった。

      すると闘伯比は進言した。

      「天は、随の疾患(少師のこと)を取り除いてしまいました。

      もはや随に克つことは出来ません」と。

      そこで両国は盟を結び、楚は帰還した。

                       「春秋左氏伝 桓公八年」

     にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
    にほんブログ村  

     

      
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    BLOG RANKING
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>