FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(斉・桓公の覇者への道程)

     「斉の桓公、春秋の覇者へ」   紀元前681年~651年

                   春秋時代

      斉の管仲は経済政策の基本として、特産品の塩の専売制を行い、

     諸国との交易で莫大な財政収入をもたらした。

      また農政にも力を入れて、国家の穀倉は充ち溢れるようになった。

      民の衣食も十分となったので、老人から子供に至るまで礼儀を

     重んずるようになり、民は誇りを持つようにもなった。
      
      そして国力も充実してきたので、次に兵の訓練に力を入れた。

      斉・桓公二年(前684年=魯・荘公十年)、遂に兵を起し、郯(たん)

     を一気に攻め滅ぼした。次に盟に背いて魯を攻めたが、敗北を喫して

     しまった。

        ※ 郯は、「春秋左氏伝」では「譚」と記す。

      その後、桓公五年、再び魯を攻略した。

      魯の荘公は、遂邑の地の割譲を条件に和睦の申し入れをした。

      桓公は承知して、その冬 魯の「柯の地」で会盟をすることとなった。

      之を世に「城下之盟」という。

       「一小快を愉(たの)しむのみ」   前681年

      魯には、力もあり度胸もあった曹沫(そうばつ)という将軍がいた。

      荘公に見込まれて将軍となること三度であった。

      三度 斉と戦って、三度敗北を喫したが、荘公は曹沫を非難したり

     処罰するどころか、そのまま将軍の地位に留めていたのである。

      この度の会戦にも、曹沫を側近として帯同して来たのである。

      以下は、和睦の調印の行われる檀上での出来事である。

      桓公は隙を衝かれて、魯の荘公の従者・曹沫にいきなり匕首を

     突き付けられ、「土地の返還」の約束を強要された。

      桓公はその場において、曹沫の要求を受け入れることにして危難を

     脱した。

      ところがその直後、桓公は領土の返還の約束を反故にして、且つ

     曹沫を殺そうと意気込んだが、管仲に諌められた。

      「それ却(=脅)かされて之を赦し、信に倍(=背)きてこれを殺すは、

     一小快を愈(=愉)しむのみ。

      而も信を諸侯に棄て,天下の援けを失わん。不可なり」と。

      はたして桓公は、約束通り土地を魯に返還した。

      このことは天下の諸侯の間で評判になり、諸侯は桓公の懐の深さを

     知り、反って懼れられるようになった。

                       「史記 斉太公世家」

      「甄の地の会盟」    前679年

      先の曹沫の事件があってから二年後の桓公七年、桓公は宋・陳・

     衛・鄭の諸侯を「甄(けん)の地」に集めて会盟した。

      そしてその後 会盟主催者として、宋、楚を攻めた。

      「侯伯を賜う」     前667年

      前667年には、周(東周)惠王(5代)から念願の侯伯(諸侯の旗頭)

     を賜う。

      桓公の在位23年(前663年)には、燕王の要請を受けて北方の蛮夷

     の山戎を征伐し、弧竹国まで遠征した。

      桓公はその在位中に、斉の周辺の弱小国を次々と吸収併呑した。

      その数は、三十とも三十五とも謂われる。

      ※  多くの諸侯を一か所に集めての会盟には、「文会」と「武会」

        があった。

          文会は「素車の会」と呼ばれて、武器や兵車は伴わない。

          武会は「兵車の会」と呼ばれ、これに応ずる諸侯は武装して

         兵車を率いて参集した。

       「葵丘(ききゅう)の会盟」      前651年

       この会盟によって遂に斉の桓公は、春秋時代最初の「伯(覇者)」

      と認められる。


      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
    にほんブログ村



       

        

      

      

      
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    BLOG RANKING
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>