FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(晋の重耳の放浪)

     「重耳と夷吾の放逐」

                        東周

      晋の19代献公(在位期間は前676-651)の大子であった申生や

     公子の夷吾(後の20代恵公)・重耳(後の22代文公)は既に立派な

     青年公子になっていた。

      ところが献公が晩年になって娶った驪姫(りき)の策謀により、太子の

     申生が曲沃の新城に遷された際 ついでに重耳は蒲城に、夷吾は屈城

     にそれぞれ遷されていた。

      ところがその後、夷吾と重耳は国都で驪姫の讒言に遭い、また国主

     たる父に挨拶もせずに帰国してしまった。

      献公は、二人の公子に疑惑を深めて激怒した。

      そして明くる献公二十二年(前656年)、追っ手の兵を屈城と蒲城に

     差し向けた。

      この時 献公の特命を受けた蒲邑の宦官・履鞮(りてい)は、重耳に

     自決を迫り威迫した。重耳はとっさに塀を乗り越えて遁走した。

        ※ 履鞮は、「春秋左氏伝」では勃鞮と記す。

      履鞮は重耳に追いすがって斬りつけたが、袂を切り裂いただけで、

     重耳はそのまま生母・狐姫の里である狄(てき)に出奔した。

      もともと重耳は親子の争いを避けようと考えていて、

      「父の下で食禄を食む身でありながら、其の父に手向かいしたら、

     取り返しのつかぬ大罪を犯すことになる。

      それより我 それ奔らん(亡命の道を選ぼう)」と、

      決心していたのである。

      この時 叔父の弧偃(こえん。子犯とも舅犯ともいう)・顚頡(てん

     けつ)・ 趙衰(ちょうし)・魏武子(魏犨)・司空季子(名は胥臣)らが

     随行した。その外 重耳が若かりし頃から随身していた賈佗(かだ)・

     先軫(せんしん)らがいた。

      その一方 屈城の夷吾は、父から攻められても、しばしば奮戦したが、

     戦況が不利になると、遂に母方の孤氏を頼ろうとしたが、重耳との鍔迫り

     合いになるのを恐れ、且つ大夫の冀苪(郤芮とも)の進言もあり、大国の

     秦に隣接する梁(夷吾の夫人の実家)に亡命した。


               「史記 晋世家」、「春秋左氏伝 僖公六年」

      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
    にほんブログ村


      

      

      
      ☷ 拾遺・弥縫

         > 暫しの安住 <

        重耳が狄に亡命して二年の後、献公の命を受けた晋軍が狄に

       攻め込んできた。

        ところが狄の側も重耳の為に、最大限の軍を繰り出して迎え撃った

       ので、晋軍は遂に軍を退かざるを得なかった。

        重耳の滞在中、狄は更なる異種族を討伐したことがあり、その際

       狄王は重耳に異種族の王の娘二人を与えたが、重耳は姉である

       叔隗は趙衰に下げ与え、自分は妹の季隗を娶り、伯儵(はくしゅく)・
      
       叔劉の二人の子をなした。

        そして、趙衰と叔隗との間に(とん)が生まれた。

        この盾が、文公・襄公亡き後の名宰相と言われる趙盾である。

                       「春秋左氏伝 僖公四年・五年」



    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    BLOG RANKING
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>