FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(晋の躍進)

    「大子立つを得ず」

                        東周

      晋は献公十六年(=魯の閔公元年。前661年)、軍を上下の二軍

     として増強し編成した。

      献公は自らは上軍を率いることとし、太子申生を下軍の将に任じた。

      そして自らの指揮車の御者と車右には、それぞれ趙夙と畢(ひつ)万

     を抜擢した。

        ※ 一軍は、一万二千五百人の編制。

      かくして晋軍は軍事行動を起こして、周辺の同族の小国の霍(かく)・

     魏・耿(こう)を滅ぼした。

      凱旋した後 献公は太子の申生の為に曲沃に城郭を築き、趙夙と

     畢万にはそれぞれ耿と魏に封じ、二人を大夫に取り立てた。

      その措置を見て大夫の士蔿(しい)は、太子に忠告した。

      「大子立つを得ず。これに都城を分かちて位するに卿を以ってし、

     先ずこれが極(最高の位)をなす。

      またいずくんぞ立つを得ん。

      (=あなたは最早 大子としては認められていません。都城を分与

       され、あまつさえ臣下としての卿(下軍の将)に任ぜられ、それで満足

       せよとの君の御意向ですぞ。)

      これを逃ぐるに如かず。罪をして到らしむること勿れ。

      (=ここは将来において罪を得るようになる前に、他国に亡命するのが

       最善と言えます。)

      呉太白たる、また可ならずや。なお令名あらん」と。

      (=その昔 弟の季歴に位を譲った周の呉太白らの故事に倣うこと

       です。そうすれば良い評判も立ちましょう。)

      だが、申生は聞こうとはしなかった。

      翌年 献公は太子申生に対して、東山地方の討伐を命じた。

      その際 大夫の李克は、祖廟や社稷を按じ、供物に気を配り、国君の

     膳部を監督するのが太子の役目であり、また国君が親征なされれば、

     太子は留守を預かるのが昔からの制度慣例であるとして献公を諌めた。

      だが献公は、

      「寡人には他にも子はある。

      未だその後継ぎを誰にするかは、決めていないぞ」と。

      李克は反論することなく身を退き、太子に会って暗に自立を進言

     した。

      「子は孝ならざるを懼れ、立つを得ざるを懼るるなかれ。

      己を修めて人を責めずんば、難に免れん」と。

      そしていよいよ大子の出陣の日、献公は太子に偏衣を着せ、

     金の玦(おびたま)を佩用させた。

      ☞ 偏衣:左右で色の異なる衣服。

         玦 :輪環の一部を欠いた玉で、別れとかの決意を表わす。

                      「史記 晋世家」



        
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru 河野長生

    Author:tyouseimaru 河野長生
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>