FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(晋の文公)

     「晋の重耳の帰国」

                       東周

      永らく流浪していた晋の貴公子・重耳が、楚の成王と秦の穆公の

     側面での支援により秦に落ち着くこととなった。

      重耳が秦に着くや、穆公は重耳に侍妾五人を与えて厚遇した。

      その中には穆公の出戻り女の懐嬴がいたが、この懐嬴は晋の恵公

     の太子・圉が晋の人質として秦に抑留されていた時に嫁いでいたが、

     子圉が前年の紀元前637年に晋に逃げ帰ったので、今は寡婦となって

     いた。

      ※ 懐嬴は、太子圉が秦から逃げ帰り晋で即位して懐公となった

        ので、呼び名は前後することになるが懐公夫人として懐嬴と

        記される。

         なお太子圉は、秦での人質の身を脱して密かに故国晋に帰ろうと

        した時、妻の懐嬴を一緒に連れて還ろうとした。

         懐嬴は夫の立場やその心情をよく理解はしていたが、

         「子(し)に従い還らば、君(父の穆公)の命を棄つるなり。

         敢えて従わず、また敢えて言わず」と。

        太子・子圉は、これ幸いとばかりに逃げ還って即位した。

        これが晋の21代懐公である。

       重耳も初めは秦にいた頃の太子圉の妻まで含まれていたので、

      流石に躊躇った。

       だが司空季子に進言されて、結局はその申し入れを受け入れ、

      穆公も大満足して祝杯を挙げるまでになった。

       重耳が秦で落ち着いていた時、紀元前636年 晋では子圉が後を

      継いで即位した。これが懐公である。

       ところが懐公は、父の恵公の受けていた悪評をそのまま引き継ぐ

      ようになり、次第に臣下や民の人心を失っていった。

       その一方、晋国内では重耳を慕う者が多く、秦に身を寄せていた重耳

      の元に郤縠(げきこく)や欒枝(らんし)が密かに会いに来た。

       彼らは重耳に帰国を要請し、その際には多くの者が内応する旨

      伝えた。

       晋の穆公も力強いく支援すると確約したので、重耳は遂に帰国を

      決断した。この時 重耳は既に六十二歳になっていた。

       秦軍出動の報に、晋も迎撃軍を繰り出したが、重耳帰国のことは

      既に暗黙の了解事項となっていたので、これに反対するのは恵公

      時代からの重臣の呂省と郤芮の一派だけであった。

                       「史記 晋世家」

       黄河を渡り晋の領域に入ると、次々と城郭を落として都の絳に

      向かった。

       重耳の入国を阻止しようとする軍勢は、蘆柳に陣を敷いた。

       重耳を帯同させていた秦の穆公は、公子の縶(ちゅう)を晋の陣営に

      派遣し、交渉に当たらせた。

       その結果 晋軍は郇(しゅん)まで兵を退いた。

       その後は、日を決めて、重耳の代理として子犯が、秦及び晋の大夫

      が一人づつ集まり郇で三者会談を開いた。

       会談の結果、重耳は晋軍に迎え入れられることとなり、重耳は晋軍を

      率いて四日の後には曲沃に入城した。

       さらに翌日には国都・絳に入城を果たし、祖廟に参拝を済ませた。。

       明くる日には高陵に軍を進め、逃亡中の懐公を滅ぼした。

                        「春秋左氏伝 僖公二十五年」



       

       

       
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru 河野長生

    Author:tyouseimaru 河野長生
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>