FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(周室内紛の収束)

     「周王室の内紛 終息す

                        東周

      魯・僖公二十二年(前638)、周王朝の襄王(18代)は大夫富辰の

     助言を得て、斉に亡命中の王子帯(叔帯)を京師(周朝の都)に呼び

     戻した。

      この王子帯は、王室にとっては好ましからざる人物であった。

      折角 襄王は弟の王子帯を京師に呼び戻したが、前636年 王位を

     狙う王子帯に夷荻の「狄(翟とも)」と結託して京師に攻め込まれ、防戦

     するも利非ず,止む無く軋轢のあった鄭国に避難して身を寄せる事態と

     なった。

      春秋の筆法によると、天子が亡命したり逃走することを

      「外に蒙塵す」と記す。

      慣例的にて天子が王宮を出ると、下々の者は総動員されて、事前に

     その予定経路の露を落し、塵を祓い清めて、塵埃や霜露が玉体(天子

     の体)に触れてはならないとされていた。

      しかし天子の亡命や逃走といった非常時には、そのような措置をとる

     ことが出来るはずも無く、外に塵を蒙ると、糊塗したのである。

        ※ 諸侯以下の者が他国に逃れることは、「出奔」という。

          天子は天下を以って家と為すので、何処に行っても「居る」

         といい、「出る」ということは無い。

          敢えて「出る」といえば、天子を非難しての意を含む。 

      この戦いで大夫の富辰は、一族を率いて奮戦したが陣没した。

      その昔 襄王は鄭が臣下の礼を尽くさなかったので、異民族の狄

     と同盟し、その力を借りて鄭国に攻め込んだことがあった。

      そして周・狄同盟の証として狄の娘を周王朝の後宮に入れるという

     経緯があった。

      政略結婚であるから愛情がある訳はなく、頃合いを見計らって

     襄王はその娘を狄に追い返してしまった。

      その仕打ちに激怒した狄王は、野望を抱く襄王の弟の王子帯に

     与して周の京師を攻め、遂に襄王を追い詰めて王宮から鄭国に逃亡

     させてしまった。

      その年の冬、襄王は使者を魯に遣わし、周の騒動を告げさせた。

      魯の臧(ぞう)文仲《諱は孫辰》対えて曰く、

      「天子 外に蒙塵す。敢えて奔りて官守に問わざらんや」と。

      (=天子様は難を外に避けられておられる由。

        どうしてすぐにお伺いして、お役人たちのお指図を受けないで

       おられましょうや。)

      襄王はその後、前635年 春秋の覇者である晋の文公と秦の穆公

     との働きにより復位することができたが、王子帯は殺された。

          「史記 秦本紀」、

          「春秋左氏伝 僖公二十二年、二十四年、二十五年」


       にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
    にほんブログ村


      

      
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    BLOG RANKING
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>