FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(苑濮の盟)

     「苑濮の盟」

                         東周

      前629年 衛は狄に攻め込まれて帝丘(商丘とも)に遷都した。

      それより前の紀元前634年、衛では文公(21代)の卒(しゅつ)

    後 その子の鄭が即位した。これが22代成公である。

      だが当時、晋と楚という二大強国に挟まれた衛などの弱小国は、

     その舵取りを誤れば亡国の運命を背負うこともあった。

      後に宋国を巡る晋と楚の覇権をかけた戦いで、成公は先代に引き

     続き楚を与国として晋に立ち向かった。

      だが戦いが始まるや晋の策謀により、成公は一時期ではあるが国人

     らに国を追われ、楚に奔ることになる。

      晋に攻略された衛の国人層が晋の要求により、国を復する条件として

     衛君の追放を呑んだのである。

      そして両雄の争いで現実に覇権を手中にしたのは、晋の文公である。

      文公は、斉の桓公に続いて春秋の第2代目の覇者となる。

      後に六月になると、成公は晋に許されて衛に復帰した。

      成公に随行して国外にいた賢大夫の寗武子(ねいぶし)は、衛の国人

     らと苑濮で盟をなした。

      其の命に曰く、

      天 衛国に禍し、君臣協(かな)わず、以って此の憂いに及べり。

      今 天 その衷(まこと)を誘い、皆 心を降して以って相従わしむる

     なり。

      (=だが今や、天のお蔭で以って君臣共々衷心を取り戻し、立場を

       越えて和協するようになった。)

      居る者(残留者)有らずんば、誰か社稷を守らん。

      行く者(君の随行者)有らずんば、誰か牧圉を守らん。

         ※ 牧圉とは、ここでは君の御車を管理する者の意から、

          君の身辺警護をいう。

      
      不協の故に、以って明らかに盟を大神に乞いて、以って天衷を啓く。

      (=和協しなかったので、ここで大神に誓いを立てて、天の示す誠

       のお導きをお願いしよう。)

      今日より以往、既に盟うの後 行く者は其の力を保つことなく、居る者

     は其の罪を懼れること無かれ。

      (=今日より後、盟を交わした後は、君に随行した者は其の功労

       を誇ることなく、国に残留して祀りを守った者も君に従わなかった

       という罪を畏れることは無い。)

      この盟に背く者有れば、禍 たちどころに降りて、明神、先君これに

     誅罰を加えられんと。

      衛の国人は、此の盟を聞いてようやく、

      誰に付くべきか付かざるべきかと苦衷したり、疑心暗鬼の思いを

     持たなくなった。

                       「春秋左氏伝 僖公二十八年」




       

      
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru 河野長生

    Author:tyouseimaru 河野長生
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>