FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(河曲の戦い)

     「河曲の戦い」

                        春秋(東周)時代

      秦の11代康公は、令狐の戦い(前620年)の恨みから、前615年

     冬、晋に侵攻し羈馬を占領した。

      晋の霊公(24代)は、趙盾を中軍の将に荀林父をその佐、郤缺を

     上軍の将に臾駢(ゆへい)をその佐、欒盾(らんとん)を下軍の将に

     胥甲(胥臣の子)を佐に任じた。

      そして晋軍は河曲で秦軍を迎え撃った。

      晋軍は当初、臾駢の意見に従って敵遠征軍の疲れを誘導するため

     防禦に徹する陣構えをした。

      会戦を欲する秦は、自国に亡命して来ている晋の名将であった士会

     に戦略を質した。

      士会は助言するに、

      「先代襄公の娘婿で、趙盾にも可愛がられた趙穿(ちょうせん)が

     従軍しているが、彼は猪突猛進型の将であり且つ上軍の佐に任命

     された臾駢を憎んでいるので、彼に集中攻撃をかければ挑発に乗って

     来るでしょう」と。

      十二月戊午(10日)、秦軍は晋の上軍に襲撃をかけたが、果たし

     て趙穿は秦軍の駆け引きに乗ぜられ、自らの部隊を率いて追撃して

     来た。

      総帥の趙盾は、

      「若し秦軍が趙穿を捕獲すれば、卿を一人捕獲したことになり秦は

     勝って帰れるが、我は帰国後 何と報告出来ようぞ」と言って、全軍を

     出撃させた。

      だが黄河の屈折点で交戦するも決着がつかず、両軍とも兵を退いた。

                       「春秋左氏伝 文公十二年」


      「趙盾、士会を呼び戻す」

      趙盾は、秦が名将士会(随会ともいう)を度々戦に起用することに

     不安を覚え、同年夏 六卿を招集して密談を交わした。

      「士会は秦に在り、賈季(狐射姑)は狄に在りて、しかも晋国内では

     再び内紛が生じかねない状況にある」と。

      荀林父は賈季の呼び戻しを薦めたが、郤缺は士会の呼び戻しを薦め

     た。

      かくして士会を秦から奪還するための綿密にして大がかりな偽計が

     為された。

      事は計画通りに運ばれ、士会は言うに及ばず、案じられた彼の家族も

     無事に秦の手で送り返された。

      士会、卿となる

      前612年春、士会は晋軍を率いて赤狄の甲氏・留吁(りゅうく)・

     鐸辰を討ち滅ぼした。

      晋侯はその捕虜を天子に献じて、士会を「卿」に任ずるよう願い出て

     勅許された。

      晋侯は士会を中軍の将に任じ、太傅(たいふ)の職を与えた。

      ☷ 拾遺・弥縫
        「礼記 王制」

         侯・伯(五爵のうちの公は別格としての上位)の国には、

        三卿あり。

         そのうち二卿は上卿となし、他の一卿は下卿となす。

         上卿は天子から直接命ぜられ、その国の執政に任じた。



          

      

              
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru 河野長生

    Author:tyouseimaru 河野長生
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>