FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(北林の戦い)

      「北林の戦い」          

                      春秋(東周)時代


      楚・鄭連合軍 対 晋・宋・陳・衛・曹連合軍の戦い。

      楚の二十三代・荘王(熊侶)が即位してから六年がたった。

      魯の宣公元年(紀元前608年)秋、楚とその盟約関係にある鄭が

     陳に侵攻し、ついでに宋を侵した。

      その頃 荘王率いる楚の国力伸展には、目を見張るものがあった。

      中原の覇者を自認していた晋は、楚に脅威を覚えるようになり、遂に

     卿大夫の趙盾は軍を率いて陳・宋の救援に立ち上がった。

      覇者たる晋の呼びかけに応じて、宋(文公)・陳(霊公)及び衛

     (成公)・曹(文公)の各国から成る連合軍は、ヒ林で合流して鄭に向け

     進発した。

      荘王は蔿賈(いか)に師旅を授けて、鄭の国都を守らせるべく派遣

     した。

      蔿賈は一旦は鄭の都城に入ったが、その後 楚軍を率いて城を出て

     北林に兵を伏せることにした。

      趙盾率いる晋の連合軍は数万以上の大部隊であった。

      これを迎え撃つ楚軍は万にも満たないが、蔿賈は敵の大部隊を

     北林に誘い込めば大部隊としての威力が発揮できず、勝算もありと

     判断した。

      果たして趙盾は野戦は無いものと判断し、大軍を北林に休ませ攻城

     戦に備えることにした。

      晋の連合軍が北林に落ち着いたのを見計らって、蔿賈は一斉に伏兵

     を起たせて、敵陣に突っ込ませた。

      蔿賈は要所を徹底的に叩くと、さっと急襲軍を退き揚げた。

      晋の連合軍は開戦の出ばなをくじかれ、また晋は解揚が楚の捕虜に

     されたこともあって戦意を喪失し、鄭の国城を攻めることもなく軍を反

     して帰国した。

      この年 楚は宋を伐ち、戦車 五百乗を捕獲した。


      ☷ 拾遺・弥縫

     「 楚の若敖氏(じゃくごう)の滅亡 」

       鄭を守った蔿賈に対して、荘王の信頼は高まるばかりであった。

       出来るものなら若敖氏に代わって令尹を蔿賈にしたいところで

      あった。

       だが楚では若敖氏が令尹(宰相)職を世襲するのが習わしとなって

      いた。

       この旧弊を打破しない限り真の王権は確立できない、そう確信した

      荘王は彼らの勢力を削ぐ策を巡らせた。

       荘王は信頼する蔿賈を使って、若敖氏の失政・過失を調べさせ、

      その報告に基づき令尹の闘般(子揚とも)を誅殺した。

       ところが闘般の誅殺を知り、従妹の闘椒(子越)は激怒した。

       闘椒は先ずは、王に進言した蔿賈を急襲した。蔿賈はすばやく

      妻子を逃したが、自らは捕らわれの身となった。

       闘椒は、荘王の出方を窺った。

       ところが荘王は和睦の気配を見せず、兵力で以って蔿賈を取り

      戻そうとしたので、闘椒は蔿賈を殺して若敖氏の本拠に立て籠もり、

      派遣軍を迎撃した。

       だが抵抗空しく闘椒は敗れ、ここに楚で全盛を誇った若敖氏は

      滅亡し、荘王は宿願を果たした。

                      「史記 楚世家」

      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
    にほんブログ村

      
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    BLOG RANKING
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>