FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(春秋の妖婦夏姫)

     「春秋の妖婦・夏姫その1」

                        春秋(東周)時代

      「荘王、陳を伐つ」

      荘王は陳の夏徴舒を伐つと称して、前598年冬、軍を率いて陳に

     発向した。

      そして陳に至るや、陳の人民に対して布告した。

      「動くなかれ。まさに少西氏を伐たんとす」と。

      即ち 我に領土的野望はない、陳君を弑殺して即位した夏徴舒を

     誅するだけなのだ、と。

      古い諺に謂う、

      【牛を牽きて以って人の田を径(わた)るに、田主これが牛を奪う】、

     と。

      これ当に悪事の上塗りを謂うところのもの。

      ところが荘王は陳に入るや、夏徴舒を殺し、陳の領土を自領に編入

     してしまった。

      折しも斉に使いしていた申叔時が楚に帰国してきて、荘王の御前に

     伺候し復命の報告をしただけで、王に改めての祝賀の意を表せず退出

     した。

      荘王は申叔時の祝賀抜きの挨拶に立腹し、使いを遣り詰問した。

      そこで申叔時は参内して、意見を申し上げた。

      「夏徴舒が霊公を殺したのは如何にも重罪で、それを討伐なさったこと

     は義に適った行為と申せます。

      しかし、

      『牛を牽きて以って人の田を径るに、田主これが牛を奪う』

     という卑語がございます。

      人が牛を牽いて他人の田畑を踏み荒すのは確かに行き過ぎという

     ものです。

      この度 諸侯が君の命令に従がったのは、不義を討つというお言葉

     があったればこそです。

      それなのに、陳を併合してしまわれた。それでは不義を討つどころか、

     自国の領土欲を満足させる行為であった、ということになりませんか。

      以って他の行為と申せます」と。

      荘王はこの言を聞き入れ、陳の太子・午を晋から迎えて陳を復興させた。

      これが陳の成公である。

      さらに荘王は帰国後、楚に亡命していた陳の二人の大夫、公孫寧と儀行父

     を彼らの本国に復帰させた。

     
      ☷ 拾遺・弥縫

        「千乗の国を軽しとなし、一言を重んずる」

        大国を捨てても約束を重んずる、の意。

        後世、孔子は史官の記録を読んで、楚の陳を復する段に至り、感嘆

       して言った。

        「賢なるかな楚の荘王、千乗の国を軽しとなし、

       一言を重んずる」と。

        この一言とは、討伐に際して陳の民に布告した、

        「動くなかれ、将に少西氏(夏徴舒)を伐たんとす」

       との言葉を指す。


         「孟子 盡心下」

          「名を好む人は、能く千乗の国を譲る」

          名誉心の強い人は、その名誉を得るためには、時として千乗の

         大国をも、人に譲って惜しまないことがある。

          それはしかし、真の無欲からのものではない。

        にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
    にほんブログ村


        
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    BLOG RANKING
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>