FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(春秋の妖婦・夏姫)

     「春秋の妖婦夏姫 その3」

                        春秋(東周)時代

      「夏姫、巫臣と共に晋に亡命」

      その後 楚の荘王は夏姫を連尹(弓矢の管理官)の襄老に娶わせた。

      ところがその襄老は紀元前597年、楚晋の戦いである邲(ひつ)の

     戦いにおいて戦死してしまった。

      そして、その遺骸は晋に奪い去られてしまった。

      夏姫は夫の死後、襄老の子・黒要と通じ、さらには巫臣とも通じた

     のである。

      それから幾年かが過ぎた。

      巫臣は人を介して密かに夏姫に伝えた。

      「生国の鄭に帰りなさい。その内に 正式の手続きを踏んで妻として

     迎えるべく鄭に行くつもりだ」と。

      その一方では、鄭伯(鄭の君)に働きかけて、

      「襄老の遺体が届けられるから、間違いなく引き取りに来るべし」

     と、楚に申し入れさせた。

      夏姫がこの報せを荘王に告げると、荘王は巫臣を召してその意見を

     求めた。

      巫臣は何食わぬ顔で応えるに、

      「それ信(まこと)ならん。襄老を討ち取った荀首は成公の寵臣であり、

     且つ中行伯(荀林父)の末弟でもあります。

      その彼は最近、中軍の副将となっております。その上 彼は鄭の皇戌

     とも昵懇なのです。

      ところがこの荀首の最愛の息子の知罃(ちおう)は、我が国の捕虜

     となっている訳です。

      そのような訳で、晋は捕虜の交換を考えておるのではないでしょうか。

      鄭にしてみれば、先の邲の戦いで晋に恐れをなし、誼を通じようと

     進んで仲介の労を引き受けたのに相違ございません」と。

      そこで荘王は、夏姫を鄭に帰らすことにした。

      諸々の手筈が整ってから、巫臣は夏姫に対して、後に時宜を見て

     妻として迎える算段のあることを報せた。

      夏姫は故郷の鄭へ旅立つに際して見送り人達に、

      「尸(し)を得ずんば我 反(かえ)らじ」、と。

      我が夫の屍骸を受け取るまでは、楚に帰ることはありません。

      かくして鄭に帰った夏姫は、兄の鄭伯に迎え入れられた。

      準備万端を整えた巫臣は、密かに鄭伯に夏姫を妻として迎え入れたい

     と申し入れ、許されることとなった。

      それから幾年か経ち、楚では荘王が没し(前591年)、共王(熊審)

     が二十四代君主として即位した。

      そして荘王の喪が明けると、共王は斉と盟約を交わして魯を討とうと

     したが、戦いを始める前に、出師の打ち合わせで巫臣を斉への使者と

     して派遣することにした。

      かくして巫臣一行が鄭に到着すると、同行していた副使らに鄭から

     楚への贈り物を持たせて帰国させ、自らは手筈通り夏姫を伴い斉へ

     亡命しようとした。

      ところが思惑が外れて、亡命しようと画策した斉が晋に敗れるという

     急報(紀元589年の鞍の戦い)に接し、急遽 晋の大夫・郤至を頼る

     ことにして、取り敢えずは単身で晋に亡命した。

                     「春秋左氏伝 成公二年」

    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru 河野長生

    Author:tyouseimaru 河野長生
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>