FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(春秋五大会戦 そのⅢ)

         邲の戦い そのⅠ

                        春秋(東周)時代

      紀元前597年、鄭を巡り楚・荘王(23代)と晋・景公(26代)が

     邲(ひつ)の地で雌雄を決した。

      1 「会戦の背景と国内事情」

        鄭国は北に晋、南に楚という大国に挟まれ、常に両面外交を

       強いられていた。

        晋が軍事行動を起こせば晋に付き従い、それに対して楚が報復

       すれば楚に付くという反復常無き外交を余儀なくされていた。

        紀元前600年冬、楚が鄭を討った時、晋は郤缺が鄭を救援した

       ので鄭伯もよく戦い楚軍を破った。

        ところが翌年夏、鄭は陳と共に、楚と辰陵において会盟した。

        これに怒った晋は、宋・衛・曹の軍を従えて鄭を討ち、そして和睦

       してから帰還した。

        冬、鄭が晋と和睦したのを怒った楚は、鄭を討った。

        だが晋は士会が鄭を救援して、楚軍を潁河の北に追い払った。

        その後は、諸侯の連合軍が鄭の守備に就いた。

      2 「小国の悲哀」

        楚・荘王十七年(前597年)春、荘王は大いに怒り、態勢を整え

       て兵を動員して、鄭を囲むこと三か月半に及んだ。

        鄭の襄公は、晋に盛んに救援を要請したが、間に合わなかった。

        鄭の大夫・子良は言う、

        「晋も楚も徳を修めずに、大国であることを鼻にかけて武力ばかり

       振り回す。

        だからこちらも、その都度やって来た方に従っておけばよいのだ。

        晋と楚とが、当方の窮余の際に当てにならぬというのであれば、

       こちらも信義を守るにしても、守れないではないか」と。

        そこで、楚に従うことになった。

        楚の荘王も、和睦を赦すことにした。

       「肉袒牽羊」

       鄭伯、肉袒して羊を牽き、以って逆(むか)う。

       (=鄭の君、肌脱ぎして、羊を牽いて楚王を出迎える。)

       そして云う、

       「自らの罪を潔く認め、如何なる処分にも異存はなく、若し祖廟の

      徳に免じて、鄭の祭祀を断つことなく臣下の一員にお加えくださるなら

      誠に幸甚に存じます。

       だがそれも、胸の内を漏らしただけのことで、決してお願いしようなど

      とおおそれた考えはありません」と、陳述した。

       荘王はその言動に胸を打たれ、臣下の一部に反対はあったが、

      自ら指揮を執って全軍をまとめて、三十里下がり宿営し、鄭に対して

      礼を尽くした上で和議を受け入れた。

       鄭は大夫・子良が楚の人質となった。

     3 「晋軍の水師」

       その年の夏六月、晋は鄭を救うため大軍を発動した。

       荀林父を中軍の将、先縠がその佐。士会が上軍の将、郤克が

      その佐。趙朔が下軍の将、欒書(らんしょ)がその佐。

       その他に、趙括と趙嬰斉(えいせい)が中軍大夫、鞏朔(きょうさく)

      と韓穿(かんせん)が上軍大夫、荀首と趙同が下軍大夫、韓厥が

      司馬に、それぞれ任じられた。

       そして全軍は黄河沿岸に到達したが時は既に遅く、鄭は楚と講和

      したとの情報に接し、軍の総帥である荀林父は軍を退き返そうとした。
      
       だが中軍の副将・先縠と司馬・韓厥らの主戦派に押し切られて、

      遂に晋の全軍は黄河を南に渡り、邲の地に布陣した。

       一方では、楚の荘王は北進して、エンの地に布陣した。

      楚では、沈尹(しんいん)が中軍の将、子重が左軍の将、子反が

     右軍の将であった。

      ところが荘王は、晋軍が黄河を渡り終わったという情報を知り、軍を

     引き揚げようとした。

      寵臣の伍参(ごしん)は会戦を望んだが、令尹の孫叔敖は戦いを望ま

     ず、車の向きを南に変えて軍旗を返した。

      伍参はなおも王を説いたので、王は気にして令尹に指示して軍の向きを

     再び北に向けさせ、管の地に留まり晋軍を待った。

      やがて晋軍が敖(ごう)と鄗(こう)の間に進駐するや、荘王は晋軍に

     和議を申し入れ、晋軍では和戦両様があって容易に決しなかった。

      「塁を摩する」

      敵の砦や陣に迫ることをいう。

      また、地位や技量がほぼ同じ程度に達することをいう。

      両軍の使者による何度かの詰めあいで、ようやく晋でも同意する

     ようになり、結盟の日取りも決まった。

      ところが、楚の許伯が御し摂叔が車右を務める落伯の兵車が、晋軍

     に戦いを挑もうとした。

      許伯は言う、
     
      「挑戦する時、御者は兵車の旗を靡かせ、塁を摩す、と聞く」と。

      落伯は言う、

      「挑戦する時、車右は鋭矢を射こみ御に代わって手綱を執る。

      御は車を降りて馬を整え、帯革を締め直して引き揚げる、と吾は

     聞く」と。

      摂叔は言う、

      「挑戦する時、車右は敵陣に飛び込み、殺した敵の耳を切り取り、

     捕虜を一人牽き連れて引き揚げる、と吾は聞く」と。

      果たしてこの三人、それぞれの事を遣ってのけ、引き返そうとすると、

     晋の追跡にあった。

      左右から迫りくる敵に、楽伯は左の方の馬を射、右の方は人を射て

     喰い止めた。だが今はもう矢は一本しか残っていなかった。

      そこへ大鹿が躍り出たので、楽伯はその背中を正確に射抜いた。

      そこへ晋の鮑癸の兵車が背後に迫って来た。

      楽伯は摂叔に命じて、鮑癸に大鹿を献じさせた。

      鮑癸曰く、

      「車左(楽伯)の弓のお手前は見事、車右(摂叔)の文辞もお見事。

     皆 君子なり」と。

      かくして、三人ともども脱出することが出来た。

                        「春秋左氏伝 宣公十二年」

    4 「晋軍の内部破綻」

       晋軍の副将でありながら、韓琦(魏犨の第3子)と趙旃(ちょうせん。

     趙穿の子)という二人の不心得者がいた。

      彼らは晋では己の望む高い地位(卿大夫)が得られなかったことを

     恨み、憂さ晴らしに晋軍を敗北に導こうと画策した。

      二人は講和の使者を買って出て、楚の陣営に着くと、逆に開戦を通告

     したのである。

      そしてその夜、趙旃は楚の陣営に近づき、部下の兵を突入させた。

      ここにおいて開戦の火蓋が切って落とされた。

     

         にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
    にほんブログ村
      



       
        
       

        

        
        
          

      
    スポンサーサイト

    テーマ : 戦記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    BLOG RANKING
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>