FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(晋・郤克の私怨)

     「郤克、斉に使いする」

                        春秋j時代

      紀元前592年春、晋侯(28代景公)は離反した国々

     (宋・鄭・陳・蔡)を咎めるべく、断道で諸侯会盟を持つために

     郤克を使者として斉に派遣し,斉侯に会盟参加を呼びかけようとした。

      ところが斉の頃公は、朝堂に婦人(母堂の蕭同叔子)を呼んで几帳

     (仕切りの帳)で隠し、引見する際に脚の悪い郤克を見世物にしようと

     した。

      それとは知らない郤克が朝堂の階段を昇る様子に、几帳の内の婦人

     が笑いたてたので、それと察した郤克は激怒し、すぐさまその場を立ち

     去り、自ら誓った。

      “ この辱めに報ゆるを得ずんば、再び河(黄河)を渡らず ”、と。

      即ち今度 来る時を待っておれ、と復讐の念を燃やしたのである。

        ※ 後年 鞍の戦いで、中軍の将となった郤克は、斉と死闘を

         繰り広げることとなる。

      そして自らは一足先に帰ることにし、副使の欒京盧(らんけいろ)に、

      「斉が承知するまでは帰って来るな」と言って斉に留めた。

      そして帰国後、郤克は晋侯に斉の討伐を請うたが赦されなかった。

      ところで斉侯は自分の代理として高固・晏弱・蔡朝・南郭偃を諸侯会盟

     に派遣したが、斂盂(れんう)まで来たとき高固だけは、郤克の復讐を

     恐れて逃げ帰ってしまった。

      即ち、あの人が一度怒れば、事の理非曲直を忘れて事態の収拾が

     つかなくなるだろう、と判断したのである。

      その後 六月の六日、晋・魯・衛・曹・邾(ちゅう)は断道に会して、

     二心ある者を討つ盟約を交わした。

      だが晋は斉の参加を拒絶し、待機していた斉の使者の三名を、晏弱

     は野王に、蔡朝は原に、南郭は温にそれぞれ足止めさせた。

      使いを終えた晋の苗賁皇(びょうふんこう)が野王に立ち寄り晏弱に

     出会ったが、帰国してから晋侯に進言し、晏弱らの見張りを緩めさせた

     ので、彼らは急ぎ逃げ帰った。

      秋七月 晋軍は会盟の地から引き揚げた。

      八月 晋では范武子(士会)が隠居し、子の范文子(士燮)が跡を継ぐ

     ことになった。

      武子は文子に告げて曰く、

      「士燮よ、

      『喜怒に其の所を得たるは少なく、所を得ざる者多し』と吾は聞く。

      詩(詩経 小雅・巧言)にも、

      【君子もし怒れば、事の乱れは速やかに止みなん。

      君子もし祉(よろこ)べば、事の乱れは速やかに止みなん】とあり、

       ※ 祉:字義は神の止まる所、即ち神から授かる喜びの意。

      君子たる者の正しい喜怒は、世の乱れを止めることが出来るが、

     君子たらざる者の下手な怒り方では乱れも止まず、止まなければ

     怒りは一層 酷くなるというものだ。

      さて郤克は、しきりに斉を懲らしてやろうと怒っているのだが、上手く

     いかぬと晋の国内で八つ当たりし、内政の乱れが増しやせぬかと

     心配なのだ。

      この際 儂は隠居するが、お前は郤子(克)に思う存分やらせて、その

     怒りが消えてしまうように持って行くがよい。

      つまり、汝はあの方々に謹んで従っておればよいのだ」と。

      その後 いよいよ郤克(郤献子ともいう)が執政となった。

                      「春秋左氏伝 宣公十七年」


           にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
    にほんブログ村

      
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    BLOG RANKING
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>