FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(晋の趙氏族滅の危機)

      「死するは易く、孤を立つるは難きのみ」

                        春秋時代

      死ぬことはた易いが、孤児を守り抜きその身を立てることは至難の業

     だとの意。

      晋の正卿であったが今は亡き趙盾(ちょうとん)の友人である

     程嬰(えい)が、趙盾の孫を政敵の手から守るために食客・公孫杵臼

     (しょきゅう)とその善後策を相談した時に語った言葉である。

      いつしか晋では、二十六代景公(姫拠)の時代になっていた。

        ※ 在位期間:前599年~前581年

      大夫で司寇の屠岸賈は諸将を率いて、今は亡き趙盾の君主弑殺事件

     の事を問題にして、趙盾の子の趙朔やその一族を攻めて、全盛を誇って

     いたその一族を全滅させてしまった。

      この時 趙朔の妻は身重であったが、公孫杵臼や程嬰に援けられ、上手

     く難を逃れて男児を産んだ。この子が後の趙武である。

      ところがその内 屠岸賈の知る所となり、厳しい捜索が開始された。

      公孫杵臼が程嬰に尋ねた、

      「孤児を守り立てることと死ぬのとでは、どちらが難しい事であろう

     か」と。

      程嬰は、

      「むろん死するは易く、孤を立つるは難きのみ」と。

      公孫杵臼は語りかけて、

      「では私は易しい方を受け持つから、貴方は困難な役割を果たして

     もらいたい」と。

      かくして密約のなった二人は山中に隠れ、やがて程嬰は打ち合わせ

     の手順通り、公孫杵臼の居場所を官憲に密告した。

      公孫杵臼は捜索の官憲を欺くために、わざと他人の子を隠していた。

      やがて追及の手が伸び、公孫杵臼はその子と与に殺されてしまったが、

     程嬰は趙武を上手く隠し通すことが出来た。

      そしてそれから十五年後のことになるが、韓氏の後援により趙武は

     復権の日を迎えることが出来る。

      程嬰は趙武が成人したある日のこと、

      「あの世の公孫杵臼に報告をしないといけません。」

      と言って自ら命を断ってしまった。

                         「史記 趙世家」

      
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru 河野長生

    Author:tyouseimaru 河野長生
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>