コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(韓非子・ 十過)

     「小忠を行わせるは、則ち大忠の賊なり」


                        春秋時代

      部下の真心からの誠実な行為を大いに良しとして、無闇矢鱈に赦すと、

     それが時には自らの大いなる誠実を妨げる一因ともなることがある。

      春秋時代の楚の司馬・子反の側近である穀陽は、戦陣にあって

     主人の喉の渇きを見て、水ではなく酒を差し出したが、それは生来 

     酒好きな主を思っての誠実な行為であった。

      ところがその後 子反は共王の緊急の呼び出しにも心疾を理由として

     応じなかった。

      そこで共王は自ら出向いたが、彼の帷幄に入るや酒の匂いを嗅いだ

     のですぐさま本国に向けて帰還してしまった。

      曰く、
      
      「今日の戦い 不穀(貴人の自称)自ら傷つき、恃む所の者は司馬

     なり。

      而るに司馬 また酔うこと此の如し。これ楚国の社稷(国家)を忘れて

     吾が衆(人民)を恤(あわれ)まざるなり。

      不穀 復た戦うこと無からん」と。

      ここに於いて師(軍旅)を還して去り、司馬・子反を斬りて以って

     大戮と為す。

      故に豎穀陽の酒を勧むるは、以って子反に讎(あだ)せんとするに

     非ず。

      其の心 これに忠愛にして、而も適々(たまたま)以ってこれを殺す

     に足る。

      (=その心からの忠愛が反って子反を殺す羽目となり、結果的には

       子反の大きな誠実を妨げたことになった。)

      故に曰く、

      「小忠を行わせるは、則ち大忠の賊なり」と。

                      「韓非子  十過」

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。

    令和元年5月22日、マイブログが、アマゾン kindle版として
    その題名も「中国通史の心に響く名言集」として出版されました。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」は、上・中・下の3巻あり、 余りにも大部な書となってしまった。 そこで内容を圧縮して「ブログ」として、活路を見出した。 それで、かなり減量したものとなった。 今後はさらに読みやすいブログを目指して、工夫を加えるなどして、 補記訂正してゆきたいと思っています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>