コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(呉対楚の戦い)

     「鴆茲の戦い」

                        春秋時代

     紀元前570年、呉と楚の戦いがあった。

     呉の君子は19代寿夢、楚の君子は24代共王である。

     呉が楚の甲冑軍団を鴆茲(ちんし)で撃破する。

      「楚の子重(しちょう) 奔命に罷(つか)る。


      奔命に罷るとは、君命により戦場を駆けずり回り疲れ果てるさま。


     紀元前570年の春、楚の子重は呉を伐ったが、その軍勢はえり抜きの

    精鋭であった。

     先ず鴆茲(ちんし)を抜き衡山に至り、ここで鄧廖(とうりょう)を主将と

    して組甲(くみよろい)の・三百と被練の・三千で押し寄せた。

       ※  組甲:布紐で綿密に綴った頑丈な鎧。

          被練:布で粗雑に綴じた鎧。 

     ところが呉軍は伏兵を仕掛けており、楚軍を迎え撃ち鄧廖を撃殺した。

     楚軍でうまく逃げ帰ったのは、組甲の八十と被練の三百だけであった。

     子重は先に帰っていて、既に勝ち祝いまでしてから三日が過ぎていたが、

    呉軍は猶も攻め込み、駕の地を奪った。

     この駕は楚にとって、とりわけ豊かな邑であり、また討死した鄧廖も

    楚の名士であった。

     当時の君子は、次のように評した。

     「子重がこの戦いで獲たものは、亡くなったものに及ばぬ」と。

     楚の国人は、其の事を種にして子重を非難したので、子重は次第に

    心痛から脳を患い死んでしまった。

                        「春秋左氏伝 襄公三年」


     

    テーマ : 戦記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。

    令和元年5月22日、マイブログが、アマゾン kindle版として
    その題名も「中国通史の心に響く名言集」として出版されました。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」は、上・中・下の3巻あり、 余りにも大部な書となってしまった。 そこで内容を圧縮して「ブログ」として、活路を見出した。 それで、かなり減量したものとなった。 今後はさらに読みやすいブログを目指して、工夫を加えるなどして、 補記訂正してゆきたいと思っています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>