FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(晋対秦)

     「遷延の役」

                        春秋時代

     「序章」

     紀元前562年 晋(28代悼公)と秦(14代景公)は鄭を巡って、

    黄河の東岸にある櫟(れき)で戦闘を交えた。

     秦の庶長鮑と庶長武が軍を率いて晋に侵攻し、鄭を救援した。

     先ず庶長鮑が晋の領内に侵入した。

     晋の士魴がこれを迎撃したが、秦軍の勢力を見誤り防備を怠った。

     十二月壬午(19日)、武は輔氏(地名)から黄河を渡り、魴に歩調を

    合わせて晋軍を攻めた。

     七日の後の己丑(26日)、両軍は櫟で会戦したが、晋軍は大敗した。

     この戦いを「檪の戦い」という。

                        「春秋左氏伝 襄公十一年」

     「遷延の役」   紀元前559年

     魯・襄公十四年(前559年)夏四月、晋は櫟の敗戦に報復するため、

    魯・斉・宋・衛・鄭・曹・莒・邾(ちゅう)・杞(き)などの諸国と向で会盟し、

    それぞれの国の大夫が率いる連合軍とともに秦を攻めた。

     晋侯は国境で待機し、三軍の将・佐の六人の率いる軍を進発させた。

     連合軍は涇水(けいすい)に達したが、そからは諸侯の軍は渡ろうと

    しなかった。

     晋の叔向が魯の叔孫穆子に会うと、穆子には渡る意志があると察して、

    叔向は退いて船を用意した。

     すると魯と莒の軍は、真っ先に河を渡った。

     鄭の子蟜(しきょう。公孫蠆)が衛の北宮懿子に会って、

     「晋と盟を結びながら動揺するのは、最も憎まれる元である。

     社稷の存立に係りますぞ」と謂うと、

     北宮懿子は故あることとして、動こうとしない諸侯国軍の大夫連中に

    渡河を勧めた。

     かくして晋の連合軍は涇水を渡って宿営したが、秦は上流から毒を

    流したので、連合軍では死者が多く出た。

     鄭の司馬・子蟜が軍を率いて進撃すると、諸侯の軍も後に続き

    棫林(よくりん)に達したが、秦との和議は纏まらなかった。

     晋の中軍の将・荀偃(中行献子)は指令を出して、

     「明朝、鶏が鳴いたら車に馬を繋ぎ、井戸を埋め竈を壊せ。

     そして余の馬の首をよく見ておれ」と。

     すると下軍の将・欒黶(らんえん)は、

     「晋国には未だ曽て、このような勝手な指令はない。

     余の馬の首は東を向きたがっておるぞ」と言って、

     帰国の準備を命じ、下軍はこれに従った。

     左史が下軍の佐の魏絳に、

     「中行伯(荀偃)の動きを見届けては」と言うと、

     「夫子(ふうし。荀偃のこと)は、将の指示を仰げと命じられた。

     欒伯(欒黶)は吾の将ゆえ、之に従う。将に従うのが夫子への正しい

    態度だ」と。

     後 荀偃は、

     「吾の指令は間違っていた。後悔しても間に合わぬ。

    秦に捕虜を残すだけだ」と言って、全軍に撤退を指令した。

     世評では、この出兵を「遷延の役」という。

     則ち、ぐずぐずした愚鈍な戦いと言う意である。

     だが欒黶の弟・欒鍼(らんけん)は、

     「この出兵は檪の戦いへの報復だったのに、戦果が無ければ晋の恥

    である。

     吾は兄の兵車の車右として、恥ずかしくてたまらぬ」と言い、

    士匃(しかい)の子・士鞅(しおう)と与に秦軍に突入した。

     そして欒鍼は戦死したが、士鞅は生還した。

     欒黶は士匃を非難して、

     「余の弟は突撃を望んでいなかったのに,汝の息子が弟を誘った

    のだ。余の弟は死んだのに、汝の息子は生還した。

     これでは余の弟は、汝の子に殺されたようなものだ。

     息子を晋から追放せぬと、余が殺してしまうぞ」と脅したので、

     士鞅は秦に逃げた。

                      「春秋左氏伝 襄公十四年」



     



     
           
    スポンサーサイト

    テーマ : 戦記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru 河野長生

    Author:tyouseimaru 河野長生
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>