FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(国君の追放)

    「衛の献公、斉に亡命す」

                      春秋時代

     衛の献公十八年(紀元前559年)、国君たる献公(25代)が卿大夫の

    孫林父(文子)に追放されて、斉に亡命するという悖逆の大事件が生じた。

     献公と孫林父の対立が極限に達しようとした時より少し前に、献公は

    二人の大臣、則ち孫林父と甯殖(惠子)と会食を約束していた。

     そして約束の日に、二人の大臣は朝服を着て参内したが、日が暮れても

    君からのお召しは無かった。

     聞くところによれば、君はまだ御苑で鳥の射に興じているという。

     二人はそのまま御苑に行ったが、献公からは侘びの一言も無かった。

     さすがにその場は怒りを抑えた孫林父であったが、自分の宰邑である

    戚(せき)に戻ってから怒りが爆発した。

     その後 少し冷静さを取り戻した孫林父は、君主との関係を重んじて、

    その後 自分の子である孫蒯(そんかい)を使いに立てて伺候させた。

     ところが献公は、代理で伺候した孫蒯に酒を与えたまま、何を思ったか、

    「詩経の小雅」から巧言を歌えと大師(楽官の長)に命じたが、大師は

    孫林父(文子)を刺激するのを恐れて辞退した。

        ※ 「巧言」とは、力も勇気も無くして乱を企てる者を誹謗する

          内容の歌である。

     ところがその時、献公に対して密かに遺恨を抱いていた楽人の師曹が

    願い出た。

     師曹は以前に、献公の身分卑しき愛妾に手琴を教えるように命じられ、

    その指導中に愛妾を少し鞭打ったことがあった。

     愛妾からその事を聞かされた献公は、激怒して師曹を鞭打たせること

    三百であった。

     師曹はこの歌を聞かせれば、やがて伝え聞いた孫林父が怒り、献公に

    報復してくれれば自分の恨みが癒されると思っての事であった。

     歌を聞いて、果たしてその意味の分かった孫蒯の顔色が変わった。

     彼は戚に飛ぶようにして帰ったが、父に直ちにその旨を報告した。

     改めて腹を据えた孫林父は、先ず国都から妻子を引き取り、ついでに

    衛の良識として尊崇される遽(きょ)伯玉に会って、之から己の為す

    べき行動について、同意を得ておこうとした。

     だが遽伯玉は、

     「国を治めるのは君主であり、理由はどうであれ臣下がどうして、それを

    犯せましょうか」と言い、

     後に 乱を避けるべく国都を出て他所の国を目指して去った。

     献公はその後 さすがにやり過ぎだと思うようになり、三人の公子を

    使者に立てて和解しようと画策したが、時は既に遅く三人の公子は

    殺されてしまった。

     また献公は孫林父の兵に攻め立てられ、献公は遂に斉へ出奔した。

     献公は、それから十二年後(紀元前546年)に帰国して復位することに

    なるが、衛ではその後 孫林父・甯殖に推されて穆公(23代)の孫の

    公孫剽(ひょう)が即位した。

     これが26代・殤公で、孫林父と甯殖が輔佐した。

      ※ 公孫剽は、史記では「姫秋」と記す。

                     「春秋左氏伝 襄公十四年」


     にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
    にほんブログ村



     
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    BLOG RANKING
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>