FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(晋・平公の賢臣伝)

     「賢人・叔向と師曠」

                        春秋時代

     晋の29代平公(在位 前557~532)は太子の時に、晋の第一の

    英才と言われた叔向(しゅくきょう。羊舌肸《きつ》とも)が傅(お守り役)

    に付けられ、また壮年になってからは、盲目ながら賢人と称せられた

    師曠(しこう)を我が師と仰いだ。

     この師曠は、音楽の才に留まらず、物事の判断力、予測能力に優れ、

    且つ行政や治世の才もあり、平公の政治顧問としても珍重された。

     先代の悼公から平公の初期の時代に、最も権勢を誇ったのは

    欒氏(らんし)一族であった。

     その欒氏も紀元前550年に范宣子に滅ぼされ、代わって范氏一族の

    天下となる。

     この范氏は、その封地から士氏、随氏ともいう。


     「士を好べば、即ち賢士至る」

     君主が真に士を求めるならば、士は必ず集まるもの。

     晋の平公が西河に遊んだ時、嘆じて言った、

     「ああ、いずくんぞ賢士を得て与にこの楽を共にする者ぞ」と。

     すると船人の固桑進が対えて言った、

     「君の言 過(あやま)てり。

      それ剣は越に産し、珠は江漢(長江と漢水)に産し、玉は崑崙に

     産す。

      この三宝は皆 足無くして至る。

      今 君いやしくも士を好めば、則ち賢士至らん」と。

                  前漢の劉向 「新序」

     「田差、平公の驕奢を諌める」

     ある時 晋の平公が、疾駆させる豪華な馬車を作った。

     そして車には彩りの華やかな竜の旗を立て、之に犀や象の角を下げ、

    羽根飾りを付けた。

     そして車が完成すると、

     “ 金 千鎰(せんいつ)の車 ”、と書写してそれを宮殿の下に置き、

    群臣の観覧に供した。

     群臣の我も我もと見物する中、ただ一人 田差(でんし)はそこを

    三度も通りかかったのに一度も振り向かなかった。

     その様子を見ていた平公は、顔色を変えて激怒し田差を詰問した。

     「汝は車の側を三回通りかかったのに、一度も振り向かなかった。

     それには何か訳でもあるのか」と。

     すると田差は対えて、

     「私はこう聞いております。

     天子を相手としては天下の事を語り、諸侯を相手としては国家の事を

    語り、大夫を相手としては官職の事を語り、士を相手としては職務の事を

    語り、農夫を相手としては食糧の事を語り、婦女子を相手としては織物の

    事を語る、と。

     翻って桀王(夏の王)は驕奢の為に滅亡し、紂王(殷の王)は淫佚の

    為に没落したわけですので、私はあの車を振り向いて見たくはなかった

    のです」、と。

     平公はこれを聞くと、

     「よく分かった」と言い、側近の者に命じて直ちに車を片付けさせた。

                        前漢 劉向 『説苑 晋・反質』


     
      
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru 河野長生

    Author:tyouseimaru 河野長生
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>