FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(晋の連合軍対斉)

     「平陰の戦い」          

                      春秋時代

     晋(29代平公)・魯・鄭など11ヵ国連合軍対斉(24代霊公)の戦い。

     魯の襄公十八年(前555)秋、斉の霊公は魯の北境を侵した。

     1 「中行偃の夢見」

     晋の卿大夫・中行献子(荀偃)はおりしも斉を伐つ夢を見た。

     かつて欒書と結託し、前573年に程滑を使嗾して君たる厲公(27代)

    を弑殺し、君の後釜には晋の血筋をひく孫秀を周都から迎え入れて

    即位させたことがあったが、この夢中でその厲公に我が首を切り落とされ

    て、我が首を拾って走っている内に梗陽の巫皐(ふこう)に出会うという夢

    であった。

     夢 覚めた後、その巫皐に話をすると、巫皐も同じ夢を見たという。

     そして巫皐は言った、

     「今年 貴方は必ず死ぬでしょう。だが、若し東方で事が起きたならば、

    思う通りになさることが出来るでしょう」と。

     晋の平公三年(前555年)冬十月、晋は魯・宋・衛・鄭・曹・莒などの

    弱小国の十一ヵ国からなる連合軍を率いて東征し、斉の霊公と覇権を

    懸けて戦った。

     斉の霊公は、晋君に取って代わり天下の盟主にならんと並々ならぬ野望

    を燃やし、蚤に富国強兵に努め虎視眈々と狙っていたのである。

     しかし如何せん、斉一カ国では力に限りがあり、東征した晋の連合軍は

    圧倒的兵力で斉軍を攻め立てた。

    2 「平陰に禦(ふせ)ぎ、防門に塹(ほり)して、之を広里に守る」

     斉の霊公は晋の連合軍の侵攻を濟(済)水南岸の平陰で禦(防御)ぎ、

    防門では幅一里の塹壕を作り、広里で守ろうとした。

       ※ 前漢時代には、一里は405メートルであったのだが、

          この時代は ? 。

     この時 しかし宦官の側近・夙沙衛が斉公に進言した、

     「戦う力が無いのなら、ただ広里の守りだけを固めるとよいでしょう」と。

     だが斉公は聞かず、対する敵連合軍は防門に猛攻を仕掛けて、斉

    では多くの兵士が戦死した。

     晋の范宣子(士匃)が、普段 親しくしていた斉の析(き)文子に同盟国の

    魯と莒が間もなく斉に猛攻を加えるだろうと忠告し、早急の善処を採られ

    たしと促した。

     そこで析文子が斉公にその事を知らせると、斉公は心配をし始めた。

     晏嬰(あんえい)は言う、

     「もとより勇気の無いお方だ。そこへもってきて、そんな話を聞かされた。

    長いことは無いだろう」と。

     晋軍の方では、山や谷を埋め尽くして大軍を偽装していた。そんな有様

    を斉公は巫山に登って眺望したものだから、一人先に逃げ帰ってしまい、

    三日の闇夜には斉の全軍は撤収した。

     四日の始め 晋軍は平陰に入り猶も斉軍に迫った。

     斉軍では夙沙衛が殿を務め、細路に車を並べ立てて晋軍の進撃の 

    防護柵代わりにした。

     斉の殖綽・郭最の二人は、

     「子(宦官の夙沙衛)が国軍の殿を務めたとあっては、斉の恥になる。

     先に行かれよ」と言ったので、

     夙沙衛は腹を立てて、狭い径で馬を殺して径を塞いでしまった。

     その後 斉の郭最らが殿を代わったので、殖綽は晋の州綽に弓で両肩

    を射られ、郭最も晋の中軍の捕虜となり、二人とも戦車に括りつけられて、

    太鼓の下に座らされた。

     十二月二十五日、晋軍は斉の都・臨淄(りんし)に攻め込み、あちこちの

    城壁の一部を破壊するまでに至った。

     斉公は既に馬を車に取り付けて郵棠(ゆうどう)に逃げようとしたところ、

    太子光と郭栄が必死に諌めて、ようやく斉公も思い止まった。

    3 楚の参戦

     その後も晋軍の大夫たちは、斉の各地を荒らしまわり、十一日には

    東は濰(い)、南は沂(き)に至る。

     事態がここまで進むと、晋の同盟国軍であった鄭では、国の留守を

    守っていた大夫・子孔が、晋の大夫らの横暴を畏れて晋に背き楚に誼を

    通じようと画策した。

     楚の令尹・子庚(公子午)は心ならずも楚王の意を汲んで汾(ふん)に

    於いて勢揃いをした。

     一方では鄭の留守を守っていた子孔は、同じく守りに就いていた子展

    らが彼の考えを見破り城郭の構えを十分にして守ったので、容易に楚の

    軍に加わる機会が無かった。

     また斉での捷報が晋の平公の元に届いた時、同盟国軍の鄭国に楚軍

    が侵攻し始めたという急報があり、連合軍は戦場から撤退した。

     その後 楚軍は鄭を伐ち、軍を進めてその城下に至り、信宿にして引き

    揚げた。

     だがその帰途、豪雨に遭遇し、滍水(しすい)を渡る時 多くの兵士や

    輜重兵が凍死した。

                       「春秋左氏伝 襄公十八年」

      「信宿」とは、古代の軍事用語であり、軍の宿営で「二晩の宿営」

       のことをいう。単に「信」ともいう。

        二晩より以上の宿営は、「(やどる)」という。

        因みに、一晩の宿営は、「舎」という。


     にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
    にほんブログ村
     
      

     
    スポンサーサイト

    テーマ : 戦記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    BLOG RANKING
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>