FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(儒家の祖)

     「孔子生れる」

                        春秋時代

     公子の生没年については、通説では紀元前551年~479年となる。

     春秋公羊伝や春秋穀梁伝では、紀元前552年~479年。

     孔子は「儒家の祖」とされる。孔子の名は丘、字は仲尼。

     魯の昌平郷の貧しい家に生まれる。

     孔子は神話時代の堯・舜、古代の周王朝の文王(追贈)・武王・叔旦

    (周公旦)を尊崇し、古来の思想を大成した。

     仁を理想の道徳となし、孝悌と忠恕とを以って理想を達成しようとした。

     孔子の父は、孔紇(こつ)と言い、字は叔梁。背が高く武に優れていた

    という。

     母は顔氏の三女で、名は徴在。正式の婚姻(媒酌人のある婚姻)関係

    ではなかったので、孔子は正嫡出子ではなかった。

     「史記・孔子世家」によれば、

     「孔紇、顔氏の女と野合(やごう)して孔子を生む。

     尼丘(丘の名)に祷(いの)りて孔子を得たり。

     魯の襄公二十二年(前551年)にして孔子生まる。

     首上(頭上) 圩頂(うちょう。頭の頂が窪むの意)なり。

     故に因りて名付けて丘と曰う」と。

     公子は幼児の時から、「俎豆(そとう)遊び」と言って、祭器をいじくって

    独りで遊んでいたという。

     それと言うのも孔子の母が、儒と云う祈祷師(招魂礼儀など)の出自

    であり、そういう家庭環境の為せる子供心の業ではないかとも言われる。

      ※ 史記に言う「野合」云々については説が分れる。

         絶対的条件である仲人を介していないので、正式の夫婦に非ず、

        とする説。

         正式に結婚したが、当時の仕来りで要求される礼儀の全てが

        不備であったとする説。

     貧困の内に育ったが、長じてからは魯国の三桓と言われた実力者の

    季孫氏に仕え、初めは穀物の測量に従事、次いでその仕事ぶりが

    認められて牧畜の任に就いた。

     孔子と「道家の祖」とされる老子の関係について、「史記」では孔子の

    弟子となっていた南宮敬叔(魯の三桓の仲孫何忌の二男)が君主の許し

    を得て孔子と共に周都に遊学し、老子について「礼」を学んだと記す。

     後世 聖人君主と崇められる孔子の言行録・事績は、飛躍したり拡大

    解釈されて伝わるようになるが、漢代に至り儒教が国教となった、という

    事実に留意しておく必要がある。

     ☷ 拾遺・弥縫

       「四聖人」

        神話時代の伏羲氏・周の文王・春秋時代の孔子を「三聖人」と

       いうが、孔子は周の建国功労者の周公旦を聖人として崇めるので、

       この四人を「四聖人」となす。

        戦国時代の孟子は、聖人に準ずるという意味で、「阿聖」と言わ

       れる。

    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru 河野長生

    Author:tyouseimaru 河野長生
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>