FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(士大夫の時代へ)

     「晋の勢力交代」 

                        春秋時代

     晋の平公(29代)の御世(紀元前557年~532年)、その2年前

    までは欒(らん)氏一族が勢力を誇っていたが、大夫の范宣子(士匃)が

    首謀となり欒氏一族を誅滅しようとした。

     欒氏の宗家の欒盈(らんえい)は敗れて楚に奔り、さらに斉に亡命

    して巻き返しを画策した。

     魯・襄公二十二年(前550年)、晋では平公八年の時 斉の荘公

    (25代)の陰の支援により、欒盈は晋の国都・曲沃に潜入し、胥午や

    魏献子(魏舒)を味方に引き入れて反撃に出ようとした。

     だが士匃(しかい)親子は冷静な判断で以って、その持てる権力を

    最大限に発揮して反乱を鎮圧した。

     欒盈は誅殺したが、欒魴(ぼう)は宋に逃亡した。

     この陰謀があってから、晋の旧貴族である胥氏、原(先)氏、孤氏、

    続(しょく)氏、慶氏、伯氏などが滅び去った。

     その結果 生き残ったのは、中行氏(荀氏)・知(智)氏・范氏(士氏)・

    韓氏・魏氏それに趙氏らの六人の卿大夫であり、所謂 「六卿」であった。

     その中でも最大の権力を握っていたのは、欒氏を亡ぼした范宣子(士匃)

    と次代を担った宣子の子である范献子(士鞅)である。

     彼等の担った時代は、旧王侯貴族に取って代わり新しい勢力となった

    ので、「士大夫の時代」という。 



         
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru 河野長生

    Author:tyouseimaru 河野長生
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>