FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(蒙求より)

     「庶女振風」

                         春秋時代

     平民の女が、天に向かって無実の罪を訴え続けるという意。

     春秋時代の末期で 斉の景公(26代。在位期間は前547年~490年)

    の時代、一人の平民の寡婦がいた。

     ところが、この寡婦の嫁ぎ先の小姑に謀られて、「義母殺し」の汚名を

    着せられた。

     だが貧しい寡婦には我が身の無実を証明することが出来ず、悲嘆にくれ

    天に向かって己の無実を訴え続けるという故事があった。

     遥か後の事になるが、この故事を前漢の淮南王・劉安が撰入して

    「淮南子・覧冥訓」に記した。

     そして後漢の時代になり、許慎がこの故事を注して言った。

     平民の女とは、斉の国の寡婦である。

     子供は無かったが、再婚しないでよく姑に仕えていた。

     この姑には、他に男子はなく娘が一人いた。

     ところがその娘は、将来 母の遺産を多くとろうと思って、母に勧めて

    寡婦を再婚させようとしたが、寡婦は最後まで承知しなかった。

     事ここに至るや、娘は遂に実母を殺した挙句に、寡婦が殺したのだと

    官署に訴え出た。

     寡婦は、自分でわが身の無実の証しを立てることは出来なかった。

     だが無実だという信念に揺ぎは聊かも無く、天に向かっては己の無実を

    毎日 訴え続けたのである。

                       「蒙求 庶女振風」



     

     

     

     

     

     

     

     
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru 河野長生

    Author:tyouseimaru 河野長生
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>