FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(晏子春秋)

     「北郭子、節に死す」


                        春秋時代

     春秋時代の紀元前6世紀後半、 晏嬰(あんえい)という斉の宰相の

    宰邑(封地)に北郭騷という士が住んでいた。

     ※ 晏嬰:字は平仲。

       斉の三代の君主(26代景公等)に仕えた春秋時代の名宰相。

     彼は兎取りの網を作ったり、筵を織ったり、麻の靴を縫ったりして生計を

    立てて母を養っていた。

     だがその生活はひどく苦しいものであった。

     そこである日のこと、どうにもならず宰邑主たる晏嬰の邸宅に行き

    生活費の援助を請うた。

     その応対に出た家僕は、晏嬰に次のように口添えをした。

     「北郭騷は斉の賢者です。彼の気質や持節は天子に臣たることを

    肯んじ得ず、敢えて諸侯にも仕えません。

     不義の利はかりそめにも取らず、危難もそれが正当であれば敢えて

    避けず全く恐れません。

     その彼が今日 母親への援助を求めて来たのは、御主君様の道義心

    に敬服しての事でしょう。

     どうかご希望を叶えてやってください」と。

     晏嬰は人を遣り、食料と金銭を持参させた。

     しかし北郭騷は、食料だけを受け取った。

     それからしばらくして、晏嬰が斉君に疑われて出奔することになり、

    その際に北郭騷を訪ねてお別れをしようとした。

     北郭騷は沐浴して身を清めてから、晏嬰に尋ねた。

     「どちらへ行かれますか」と。

     晏嬰は、

     「君に疑いをかけられたので、今 出奔するところです」と。

     北郭騷は、

     「夫子、之を勉めよ(どうぞお大事に)」と言った。

     晏嬰は車に乗ると、ため息をついて言った。

     「嬰の亡(逃)ぐるもそれ宣(むべ)ならずや。

     亦た愈々(いよいよ) 士を知らざること甚だし」と。

     (=嬰が出奔するのも、思えば当然のことだ。まるで士を見る目が

      無かったのだから。)

     晏嬰が去ってから、北郭騷は友人を招き己の心情を話した。

     「私は晏嬰の道義心に敬服し、母を養うために援助を頼んだ。

     諺に言う、

      『親の面倒を見てもらったら、その人の災難は我が身で受けよ』と。

     今、晏子は非常な苦難に陥っているので、私が身命に代えてお助け

    しなければならない」、と言って正装した。

     そして友人に剣と箱を持たせて国君の宮殿に行き、取次の者に言った。

     「晏子は天下の賢者です。彼がこの国を去れば、斉の国は他国に侵略

    されるでしょう。

     国が他国に侵略されるのを見るくらいならば、先に死んだ方がましです。

     どうか私の頭を以って、晏子の身の潔白の証としてください」と言って

    から、次に供をしてくれた友人には、

     「我が頭を箱に入れ、取次に渡して欲しい」と言い残してから自裁した。

     斉君は、この事を知り驚愕した。

     直ちに駅伝を飛ばして晏嬰を捜し、自らも国境の所で追いついて、

    帰国を説得した。

     流石に晏嬰もやむを得ず帰国することに同意した。

                           「晏子春秋 雑上二十七」


     にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
    にほんブログ村

     

     

     

     
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    BLOG RANKING
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>