FC2ブログ
    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(中国最初の成文法・刑鼎)

     「鄭の子産、刑鼎を鋳る」

                        春秋時代

     鄭の宰相である子産は、魯・昭公六年(前536年)三月、鄭の15代

    簡公の御世に中国最初の成文法である「刑書」を鼎に鋳込んだが、

    之を称して「刑鼎」という。

     ところが、鄭の隣国である晋の賢人大夫と言われる叔向(しゅくきょう)

    が、子産の元に次のような書を送ってきた。

     書に曰く、

     「私は以前、子(あなた)に大いに期待を寄せていましたが、今は失望

    しました。

     古昔、先王は事の軽重をその都度計って罰を決め、殊更に刑法を

    制定されなかったのは、法を盾にしての争いを未然に防ごうとしたから

    なのです。

     それでも完全には禁止できなかったので、徳義・礼信によって防ぎ、

    政によって導き、禄位を定め、刑罰の寛厳を使い分け、民に忠誠と善行

    を勧めたのです。

     ところが刑罰の成文法が出来たことを知れば、民には御上を敬う心は

    無くなり、誰もが条文を盾にするようになり治めきれなくなりましょう。

     古の昔、夏に政令を犯す者が現れて「禹刑」が、商に政令を犯す者が

    現れて「湯刑」が、周に政令を犯す者が現れて「九刑」が作られましたが、

    この三刑はいずれも末世のことです。

     今 子は刑を定めてそれを鋳込まれて鼎を作られたという。

     それで民の安定を考えても、到底無理な事だと存じます。

     「詩」に曰う、

         文王の徳に則れば、

         日々四方は靖し。


     さすれば、法などは無用なのです。

     「国亡びんとすれば、法を定むること多し」と吾は聞く。

     これに対して子産は返書して云う、

     「子の言葉に従おうにも、吾は不束者(ふつつかもの)。

     子孫のことまで考え及びません。

     吾は当世の手当てあるのみ。御忠告は忘れません」と。

                    「春秋左氏伝 昭公六年」



      

     

     
    スポンサーサイト

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    昨年中は大変お世話になりました。
    本年もよろしくお願いいたします。☆
    本道は穏やかな気候でよい正月です。
    プロフィール
    プロフィール

    tyouseimaru 河野長生

    Author:tyouseimaru 河野長生
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の棲家とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。
    歴史小説や時代小説を好み、往年の著名な時代小説の類は概ね完読と、自負している。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」の 上・中・下の3巻を、 近い内に「電子書籍」での出版を予定しています。 今年一年間は、さらに工夫を加えるなどして、補記訂正などの校正を第一義としています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>