コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(零落の楚)

     「楚の昭王の都落ち」

                     春秋時代

     新興国の「呉」に攻め込まれて、紀元前506年 楚都・郢が陥落する

    前日の11月己卯(16日) 楚の昭王は妹の季羋畀我(きびひが)を

    連れて都から逃げ出し雎水(しょすい)を渡った。

     鍼尹固(しんいんこ)が王と同じ船に乗り、出発前に王は追って来る呉の

    軍に向けて、象の尻尾に火種を縛り付けて放った。

     一行は対岸に着いて、雲夢沢(うんぼうたく)の中に入った。

     昭王が夜眠っていると土賊が攻め寄せて来て、戈で王に撃ちかかった

    が、王孫由于が自らの背中で之を受け止めて、肩に傷を負ったものの

    なんとか彼らを追い払った。

     その後さらに江北に渡り、鄖に逃れた。

     鍾建が季羋畀我を背負って随行し、王孫由于も蘇生して何とか後に

    従った。

     この逃避行には先代の平王に殺された曼成然(闘子旗)の子である

    鄖公(うんこう)の闘辛とその弟の闘懐も同行していた。

     その途中、闘懐は、

     「平王が吾らの父を殺したのだから、吾らもその子を殺しても構わない

    筈だ」として、昭王に殺意を持っていた。

     だが兄の闘辛は、

     「国君が臣下を殺しても、誰も国君を仇だとは思わぬ。

    国君の命(命令)は天命なのだ。若し天命に因って死んだら、誰を仇と

    出来ようぞ。

     強を避け弱を虐(いじ)めるは勇に非ず。

     人の困窮に乗じるは仁に非ず。

     家を滅ぼし祀りを絶やすは孝に非ず。

     行動して評判を落とすは知に非ず。

     どうしてもこれを遣る気なら、吾は汝を殺すしかない」、と戒めた。

     かくして闘辛(鄖公)兄弟は昭王に従って「随」に逃れた。

     呉軍は猶も追撃し、昭王を匿い庇う随の君に引き渡しを勧告した。

     この時 楚王の一行は、随の宮殿の北側に居り、呉の将は南側に居た。

     昭王の兄・子旗は昭王にそっくりだったので、昭王の側に行き代わって

    王の扮装をして随の人に言う、

     「吾を呉に引き渡されよ。王はきっと助かるはずだ」と。

     随の人はその可否を占ったところ、不吉と出たので改めて呉に断り

    を入れた。

     「随は辺境の小国で楚に近接しており、楚に依存して代々 盟約を

    重ねてきたものです。危難が迫ったからとて、楚を見捨てるようなこと

    では、今後貴国にも奉仕出来なくなります。

     そちらの悩みは昭王だけではないはず。

     もし撤退して楚の境内を安撫して下されば、如何なる指示にも従い

    ます」と。

     呉は納得して撤退したが、随のこの強い出方の背景には、公子・子旗

    の臣下であった鑢金(りょきん)の事前工作があったからである。


                     「春秋左氏伝 定公四年」



    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: 河野長生 さんへ!!

    > 中国4千年と言いますが難解で、よくわかりませんが、いつの時代も政治は腐敗と略奪、欺瞞の歴史ですね。汗)
    > 今の中国とはどこかが似ているものと思いますが腐敗の一掃に懸命な政策をと採ってるようですね。。
    >
    > 世界に君臨する超大国の中国の世界平和を願てやみません。
    >
    > 的外れのことをすみません。汗)


    拙いマイブログへのいつもながらのご訪問 有難うございます。

    最近の中国の一帯一路とやらの国策が、西洋諸国にまでいささかの影響を与えつつあるようですね。

    また海洋進出を虎視眈々と狙っているようでもあります。

    日本列島や台湾などの地形が、中国の海洋進出に歯止めをかけていましたが、最近わが国固有の

    領域でもある尖閣諸島を始め南方諸島にまでケチを付け始めています。油断はできませんね。

    それはさて置きまして、体調の方は如何ですか。

    私は糖尿病やらアレルギー性アスペルギルス症、痛風と持病は抱えておりますが、病に負けまいと

    可能な限り、真向法体操やらストレッチ、筋トレ、ウォーキングと体を鍛えております。

    爽やかな五月も終わりましたね。では失礼します。


    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の住処とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。

    令和元年5月25日、マイブログがアマゾン kindle版として
    その題名も「心に響く中国歴史名」として出版されました。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」は、上・中・下の3巻あり、 余りにも大部な書となってしまった。 そこで内容を圧縮して「ブログ」として、活路を見出した。 それで、かなり減量したものとなった。 今後はさらに読みやすいブログを目指して、工夫を加えるなどして、 補記訂正してゆきたいと思っています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>