コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(論語)

     (よ)や其の父母に三年の愛 有るか


                        春秋時代

     弟子である宰我(宰我は通称で、宰予とも。名は予)に対する孔子の

    恩愛の笞ともいえる言葉。

     宰我問う、

     「三年の喪は期 已に久し。

     君子三年 礼を為さざれば、礼必ず壊(やぶ)れん。

     三年 楽を為さざれば、楽必ず崩れん。

     旧穀 既に没(つ)きて新穀既に升(みの)る。

     燧(すい。火打石)を鑽(き)りて火を改む。期にして已むべし」と。

     (=子が父母の喪に三年服するという古の礼は、長すぎるのでは

      ありませんか。

        君子が三年も其の喪に服すれば、礼そのものが必ず破れて

       しまうでしょうし、楽も同じく奏さなければ調子を崩してしまうで

       しょう。

        旧穀と新穀が採り替わるのも、火打石を切って火を取り改めるのも

       一年で切り替わります。

        ですから、三年の喪を一年で止めてもよくはありませんか。

      子曰く、

      「彼の稲を食らい、彼の錦を衣(き)る。女(汝)に於いて安きか。」

      暗に非難して、

      (=あの旨い稲を食らい、あの美しい錦を着て、果たして汝の心に

       何の憂いも畏れもないのか。)

     曰く、

     「安し。」

     (=憂いなし。) 

     「女 安くば則ち之を為せ。

     夫れ君子の喪に居る、旨きを食らえども甘(うま)からず、楽を聴けども

    楽しからず、居処 安からず。故に為さざるなり。

     今 女 安くば則ち之を為せ。」

     (=孔子は宰我に何の不安も悔いもなければ、そうせよ、と。)

     宰我 出ず。

     (=かくして宰我は退出した。)

      だが、孔子は宰我が真に理解できずに、之をそのまま遂行することを

     恐れて、

     「予の不仁なるや、子(こ)生まれて三年、然る後 父母の懐を免かる。

     夫れ三年の喪は天下の通葬なり。

      予の其の父母に三年の愛有るか。」  

     (=宰我は不仁で、親を愛する心のなんと薄いことか。

       子供というのものは、生まれて三年は親の懐に抱かれて育つもの

      である。

       だから親の喪は、三年にして僅かに親への恩義に報いるものと

      言える。

       三年の喪というのは、上は天子から下は庶人に至るまで、子としての

      喪の慣例である。

       予よ、お前には父母に対する三年の愛はないのか。


       ※ 三年の喪は、足掛け三年であり、二十九ヵ月と二十七か月の
     
         説がある。

     

    テーマ : 四書五経
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(論語)

     「君子は欺くべきも罔いるべからず」


                         春秋時代

     君子は道理のあることで欺くことは出来ても、道理に合わないことで

    無理にこじつけて晦ますことは出来ない。

       ※ 「欺」は道理に合う騙し方をいい、「罔」は道理に合わない無理な

         こじつけで晦ますことをいう。

     孔子の弟子の宰我が師に仮託の話として、仁を行った場合の危難

    を尋ねた。

     この宰我、仁者とは普段から仁愛を実践することを心掛けているのだ、

    というという認識があった。

     「仁者は之に告げて、井に人ありと曰うと雖も、其れ之に従わんか」と。

     (=仁者に対して、“ 井戸に人が落ちています ”と告げたとしても、

      何の思慮もせずに果たして落ちた人を助けようとして、自らも井戸の中

      に入ろうとするものでしょうか。)

     子曰く、

     「何為(なんすれ)ぞ其れ然(しか)らん。

      君子は逝(ゆ)かしむべきも、陥(おとしい)るべからず。

      欺(あざむ)くべきも罔(し)うべからず」

      ※ 仁者は仁愛を行う者であり、一身の利害を顧みることはないが、

       その置かれた状況や事態を判断もせずに、無謀なことをする者

       ではない。

      (=どうして、そのような軽はずみなことをしようか。自らも井戸の中

       に入れば、救出できないことは自明の理である。

        従って仁者を井戸の側まで行かせることは出来ても、井戸の中に

       陥れることは出来ない。

        だから道理のある事で欺くことが出来ても、道理に合わない事で

       以って無理にこじつけて晦ますような事は出来ない。)   

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(列子)

     「生と死は、一往一反なり」

                     春秋時代

     孔門を下ネタにして自説を展開する列子の寓話で、生死などは固定

    した観念ではないという、人生に対する超絶した達観である。

     孔子師弟が衛の国に出かけたが、その際 通りかかった際 百歳に

    なろうかという老人が、季節は春だというのに毛皮の衣服を着ていて、

    既に刈り取られた畑で落ち穂を拾い、畦道に沿って放歌高吟している

    のを目撃した。

     孔子が、

     “ その老人はともに語るべきものなり、試しに言って話し合ってみなさい”

     と言ったところ、弟子の子貢が名乗り出て、畦道で老人を待ち受けた。

     子貢は嘆息して老人に尋ねた、

     「あなたは後悔というものがないのですか。落ち穂を拾いながら、

     そんな歌を歌ったりして」と。

     だが老人が取り合おうとしないので、さらに尋ねると、

     「私に何の後悔があろうというのかね」と返した。

     子貢は、

     「あなたは若い時に人並みの努力をせず、気もなく年老いて面倒を

    見てくれる妻子もないままに、今は死ぬ時期を迎えようとしているのに、

    この時になって、何を楽しみにして落穂拾いをしながら歌ったりしている

    のですか」と。

     老人は、

     「私の楽しみとするところは、誰にもあることだが、人々は反ってこれを

    憂いの種としている。

     私は若い時 人並みの努力もせず、いい年になっても人に負けまいと

    する気も起こさなかったからこそ、今日のように長生きをしているといえる。

     また年老いても後ろ髪を曳かれる妻子がないからこそ、無事に死を

    迎えようとしているのだ。

     だからこそ、このように楽しくしていられるのだ」と。

     子貢は言った、

     「寿は人の情にして、死は人の憎むところ。

     あなたが死を以って楽しみと為す理由は何ぞや」と。

     老人曰く、

     「生と死は一往一反なり。ここで死とされても、他所で生となることも

    あろう。

     だから生と死は同じだというのだ。

     また あくせくと生きようとするのは間違いかもしれないし、今日死ぬ

    ことのほうが明日死ぬより優ることもあろう」と。

     子貢はこの話を聞いて、その真意が掴めなかった。

     そこで師の孔子に告げた。

     孔子は、

     「あの老人は、矢張り私の思った通りの出来た人であったが、一応

    出来てはいるが、まだ十分ではない」と。

                       「列子 天瑞篇」

     

    続きを読む

    テーマ : 中国古典・名言
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(論語)

     「今 女(なんじ)は画(かぎ)れり」 


                     春秋時代

     今のお前は力はありながらも、ややもすると初めから己の力を限定して

    かかっており、力が足りない者とは言えない。

     「求や退く、故に之を進む」と、論語・先進篇にある通り、冉求は引っ込み

    思案の性質で、孔子からしばしば、ためらわずに事を行うよう仕向けられた。

     学業を終えて、魯の大夫・季孫氏に仕えてその家宰(執事)となる。

     ところが、季孫氏が自分の領地の租税を厳しく取り立て、私腹を肥やす

    のに冉求が協力した。そのため孔子を怒らせた。

     季孫氏は魯の王室と同族であるとはいえ、五代前に臣籍に下った

    陪臣の身分であった。

     ところが今や、三桓の筆頭として、飛ぶ鳥落とす権勢家であった。

     「季氏 周公より富めり。而して求や之が為に収斂して之に附益す。」

     孔子、冉求の罪を責めて、

     「吾が徒に非ず。小子(しょうし) 鼓を鳴らして之を攻めて可なり」と。

     (=求はもはや吾が弟子ではない。汝弟子たちは太鼓を鳴らして、

      彼の罪を言いふらして攻めるがよかろう)と。

     冉求 曰く、

     「子の道を説(よろこ)ばざるにあらず、力 足らざるなり」と。

     (=先生の教えを尊ばない訳ではありません。愚かなりに教えに

      従おうとは思いますが、如何せん力が足りないのです。)

     子 曰く、

     「力 足らざる者は中道にして廃す。今 女(なんじ)は画(かぎ)れり」

     (=力の不足する者は、道の途中で力尽きて挫折するものだが、

      今のお前は力はありながらも、ややもすると、初めから己の力を

      限定してかかっており、力が足りない者とは言われない。)

      ※ 力は十分あるのだから、積極的に進んで道を求めることが肝要

        だと諭し且つ励ましたのである。

                    「論語 先進篇・雍也篇」


    テーマ : 四書五経
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    コンテントヘッダー

    中国通史で辿る名言・故事探訪(論語)

     犂牛の子

                        春秋時代

     悪人から生まれた立派な子をいう。

     その出自はどうであれ、賢明であれば必ず世に認められるという、譬え。

     犂牛(りぎゅう)とは、農耕用のまだら牛のことで、黄と黒の混じった毛色

    の牛。

     元来は農耕に使われ、祭祀の犠牲には使われなかった。

     周王朝の正統色は、陰陽五行説では騂(あか。=赤)とされていたので、

    犠牲は赤であることが必須の条件であった。

     
      子、仲弓を謂って曰く、

      犂牛の子、騂(あか)くして且つ角あらば、用いること勿からんと

     欲すると雖も、山川 其れ諸(こ)れを舎(す)てんや。


     (=まだら牛は元来は、祭りの犠牲には使われないのであるが、譬え

      そのまだら牛が産んだ仔であっても、その毛色が赤一色で且つ立派な

      角があるとしたならば、人が祭りには使いたくないと思っていても、

      山川の神は捨て置かないものである。)

      孔子は門弟の仲弓が、自分の親の悪行に絶えず悩み苦しんでいたので、

     優れた子なら、親に関係なく用いられるものである、と言って励ました。


            「論語 雍也篇」



     

    テーマ : 四書五経
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    プロフィール
    プロフィール

     河野長生   tyouseimaru

    Author: 河野長生 tyouseimaru
    出身地は四国八十八か所参りの発心の阿波、大阪を終の住処とする。
    歴史好きで、城郭・神社仏閣・歴史遺跡巡りが趣味となる。

    令和元年5月25日、マイブログがアマゾン kindle版として
    その題名も「心に響く中国歴史名」として出版されました。

    自薦
    自著「中国通史で辿る名言・故事探訪」は、上・中・下の3巻あり、 余りにも大部な書となってしまった。 そこで内容を圧縮して「ブログ」として、活路を見出した。 それで、かなり減量したものとなった。 今後はさらに読みやすいブログを目指して、工夫を加えるなどして、 補記訂正してゆきたいと思っています。       
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    カテゴリ
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    おきてがみ
    おきてがみ
    twitter
    このブログの訪問者
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    <
      /body>